2013年6月27日木曜日

ボグマ・カビセン・ティタンジ : HIV治験への倫理的問いかけ


これはよくある話です 。サハラ砂漠以南に住むアフリカ人女性が、 HIV治験終了後、 病院へのバス賃さえ払えず、ましてや 自分の命を繋ぐ抗レトロウイルス薬を買うこともできず投与されずに 放っておかれています。ボグマ・カビセン・ティタンジは 重要な疑問を問いかけます。どうすればHIVに苦しむ人々の弱みに付け込むような事をせずに、HIV治癒の研究が出来るものか と。 (TEDxGoodenoughCollege 2012、字幕 Chris Wang、字幕校正 Kuniko Onozuka)

0 件のコメント:

コメントを投稿