2013年8月24日土曜日

エリック・デイシュマン: チームで運営するヘルス・ケア


エリック・デイシュマンは大学生の頃、医師たちから余命2・3年であるという宣告を受けました。今や大昔の話です。新しい診断と後に受けた腎臓移植によって、デイシュマンは自身の経験と専門性を武器に最先端の医療技術スペシャリストに転身しました。治療チームの中心に患者を位置付けるヘルス・ケアを再構築するという大胆なアイディアを紹介します。(TED@Intel 2013、字幕 Mari Arimitsu、字幕校正 Natsuhiko Mizutani)

0 件のコメント:

コメントを投稿