2013年8月12日月曜日

ジャック・アンドレイカ: 有望な膵臓がん検査 ― なんとティーンエージャーが開発


85%以上もの膵臓がんが2%未満の生存率しかない手遅れの状態で発見されます。なぜこんなことになるのか? ジャック・アンドレイカが、膵臓がんの早期発見を可能にする有望な方法を開発した過程を語ります。超安価、効果的、かつ侵襲性の低い方法を、なんと16歳の誕生日を迎える前に作り出しました。(TED2013、字幕 Akinori Oyama、字幕校正 Akiko Hicks)

0 件のコメント:

コメントを投稿