2018年7月23日月曜日

多様性と仲間に招くこと — 友情と愛情のレッスン | マリアム・エレサー | TEDxAmanaAcademy

マリアムは個人的な話を通じて、優しさを見せれば、多様性とインクルージョン(仲間に招き入れること)が本当に意味するものを理解できると言います。彼女は「どんな格好をしているかによって人の見方が変わるなんて、あってはいけません。むしろ、私たちは行動と人柄によって判断されるべきです」と話します。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

ダブステップの科学|ジェームス・ハンバーストーン|TEDxOxford

TEDxOxford in 2016のテーマは「X を見つける」でした。ジェームス・ハンバーストーン氏は自身のトーク「ダブステップの科学」で、今の世代や将来の世代が「Xを見つける」には、どの国においても教育を改革し、抽象的思考ができる労働者の集団を形成していく必要があると提案しています。作曲家、科学技術者、音楽学者、音楽教育者であるハンバーストーン氏は、音楽は全てのアートの中で最も抽象的であると述べ、また、技術的に深みがあり、文化的に適切な音楽教育は、教育の焦点を、結果が影響力を持つ標準テストから、人を惹きつけ想像を掻き立てる生徒中心の学習へと移し、教育改革を先導することができだろうと主張します。同氏が人間が持つ音の知覚の素晴らしさを説明し、TEDの観衆が参加する12音を使ったダブステップソングを作ります。 ジェームス・ハンバーストーン氏は作曲家、科学技術者、教師として、音楽教育が21世紀の課題を乗り越え全ての教育をリードすることができると信じています。結局のところ、音楽より体験的、創造的で子供中心の科目はないと同氏は言います。「クラシックの」作曲家として教育を受けたジェームス氏は1997年にオーストラリアのシドニーに移住し、音楽ソフトや教育(子供から大人まで)の分野で働き、音楽学者としても仕事をしてきました。現在はシドニー音楽院で音楽教育の講師を務める傍ら、作曲家としても精力的に活動を続けています。最近の音楽的な作品に、オーストラリア国立海洋博物館にある廃艦になった駆逐艦と潜水艦の上に、常設されている電子アコースティックなインスタレーションがあります。2016年には、ヒップホップのアルバムに合作で取り組んでおり、連作歌曲を1曲作っています。また、シドニー大学初の(無料)大規模公開オンライン講座「The Place of Music in 21st Century Education」をwww.coursera.orgにて公開したばかりです。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Midori T、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年7月21日土曜日

クラウス・シュタドルマン: 世界最小の3Dプリンター

世界で一番小さな3Dプリンターがあったら、何ができるでしょうか?クラウス・シュタドルマンが、彼の小さくて廉価なプリンターをデモします。そのプリンターを使えば、いつかオーダーメイドの補聴器を作ったり、ヒトの髪の毛よりも小さな彫刻を作ったりすることができるかも知れません。

2018年7月19日木曜日

ヘレン・ジレット: 『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』

チェリストかつシンガーのヘレン・ジレットは、クラシックの素養をニューオーリンズに端を発するジャズや自由な即興技術と組み合わせて、様々な要素の混ざり合ったオリジナルの音楽を奏でます。力強くもメロディ豊かなパフォーマンスで、彼女は自作の曲『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』を演奏します。

2018年7月18日水曜日

カルロス・バウティスタ: 地雷の残酷な論理と地雷の回避を支援するアプリ

50年間にわたるコロンビアの内戦により地方に地雷がばら撒かれ、偶然通りかかった罪のない人々が体の一部を失ったり命を落としたりしています。地域住民をそんな被害から守るため、TEDレジデントのカルロス・バウティスタは、地雷を追跡し、通行人が危険な場所に近づかないようにするアプリの開発に取り組んでいます。命を救う可能性を持ったこのツールが、紛争が終結しても地雷に苦しめられている国や地域にどうやって平和をもたらすかを学びましょう。

好奇心と映画 ― 「鷹匠」少女の物語|オットー・ベル|TEDxWakeForestU

ほとんどの人が知らない世界の文化やその生活についてのドキュメンタリー映画がどの様に作られるのか、考えたことはありますか?オットー・ベルは何故カザフの文化に魅せられ、カザフの人々の生活についてドキュメンタリーを撮ろうとしたのかを説明します。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

信州の薬草とチベット医学|小川康| TEDxSaku

小川康は、1970年富山県出身、東北大学薬学部卒。 卒論のテーマは「キラルな複素環化合物の合成研究」。 卒業後、北海道留寿都農業高校で理科の講師、佐渡島羽茂自然学園で小中学生の指導員、黒姫和漢薬研究所で薬草茶の研究開発、長野県で新規就農し薬草(当帰)栽培に取り組みつつ農閑期はドラッグストアで働く。 1999年、インドに渡ってチベット語を学び、2001年、メンツィカン(チベット医学・暦法大学)に合格。 2009年、チベット医の資格を取得し帰国。「チベット医学・薬草研修センター」を設立。 2013年4月より早稲田大学・文学学術院・国際教育学修士課程に進学。 研究テーマは「薬育の実践研究」。 2014年より信州の上田・小諸・佐久地域の山々を舞台とした「森のくすり塾」を開塾。 従来の薬剤師でもなく医師でもなく、古来、日本において活躍した採薬師を名乗り、薬草文化の復興に取り組んでいる。 著書 『僕は日本でたったひとりのチベット医になった』(径書房)2011年 ブログ チベット医学・薬草研修センター http://tibetherb.blogspot.com このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年7月17日火曜日

ニナ・ドルヴィク・ブロックマン、エレン・シュトッケン・ダール: 処女性にまつわる嘘

処女膜は、女性の身体の中でも最も誤解されている部位です。ニナ・ドルヴィク・ブロックマンとエレン・シュトッケン・ダールが、より良い性教育を通じて若者たちを力づける活動について語り、女性の処女性と処女膜に関して、一般的に信じられている(しかも有害な)根拠のない通説が誤りであることを解説します。 (翻訳 Moe Shoji、レビュー Mari Arimitsu)

2018年7月16日月曜日

アマゾネスは実在したのか — エイドリアン・メイヤー

ギリシア神話の荒々しく恐ろしい女戦士アマゾネスは、長い間想像上の存在と思われていました。しかし興味深いことに、古代のエジプトや、ペルシア、中東、中央アジア、インド、中国の古い物語にも、アマゾネスのような女戦士が登場します。そしてアマゾネスについては神話だけでなく、古代の歴史書にも記述があります。アマゾネスとして知られる女戦士は何者だったのでしょう? エイドリアン・メイヤーが探ります。 講師: エイドリアン・メイヤー アニメーション: シルヴィア・プリエトフ このビデオの教材: https://ed.ted.com/lessons/did-the-amazons-really-exist-adrienne-mayor (翻訳 Yasushi Aoki、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年7月15日日曜日

中国獅子舞と文化の継承 | 神戸華僑總會 舞獅隊 | TEDxKobe

神戸で最も古い歴史をもつ中国獅子舞のチーム、神戸華僑總會 舞獅隊。5代目隊長の盧健良(ろけんりょう)を中心に、年齢や性別が異なる多様なメンバーが、太鼓やシンバル、ドラを打ち鳴らし、ダイナミックな舞を披露する。華僑として、かつては祝いごとに欠かせなかった伝統文化を継承しながら、神戸の地に根付いた新しい世代のアイデンティティーを模索している。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (文字起こし Koichiro Yoda、レビュー Hiroko Kawano)

チャールズ・ヘイゼルウッド + ブリティッシュ・パラオーケストラ: ブリティッシュ・パラオーケストラのデビュー

世界には障がいがあっても並外れた才能をもつ演奏家が何百万人もおり、チャールズ・ヘイゼルウッドは彼らに演奏の場を作ろうと心に決めています。ブリティッシュ・パラオーケストラのデビュー演奏をご覧ください。

イケ・ウデ: 肖像写真で見る、前衛的なアフリカの美

その華やかなキャリアと作品群を通じて、イケ・ウデは西洋のメディアに溢れているアフリカ人達のネガティヴなイメージを拒絶する創造的な方法を発見しました。ウデが、これまでの作品を振り返りながら、多くの文化に由来する衣装や小道具、ポーズを一堂に組み合わせ、アフリカの多様で複雑な美しさを表現した肖像写真を紹介します。

2018年7月11日水曜日

TIME PAINTING “Spiralling Inspiration” | 仙石 彬人 feat. にしもとひろこ | TEDxKobe

「時間に絵を描く」をテーマに、ライブパフォーマンス"TIME PAINTING"を行う仙石彬人。3台のOHPを用いて投影される抽象的なヴィジュアルは、カラーインクやオイル、水などの液体を使ってまるで演奏するかのように即興で作られています。このトークでは、にしもとひろこがイメージをなぞるように紡いだ音を詠み歌う、声のサウンドアートとの共作を披露します。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

クリストファー・アテガカ: 養子になった私の人生

「才能は誰もが持っていても、発揮する機会があるとは限らない」と、TED Fellowのクリストファー・アテガカは言います。このチャーミングで人に希望を与える話の中で、彼は幼い頃に児童養護施設にいた話や、養子になったことで新しい文化を知る機会を得て、教育を受けることができ、才能を発揮することができた経験を紹介しています。彼は「世界の偏見や人種差別は無くせないかもしれません。しかし、ポジティブで誰をも受け入れ、繋がりある世界を創る子供を育てることは確実にできます。その世界は共感と愛と、そして思いやりで溢れています」と話します。

2018年7月9日月曜日

直径100mの小さなまちづくり | 木本 孝広 | TEDxKobe

空家やシャッターの閉まった商店が目立つ地域の一角に、突如入居待ちが後を絶たない賃貸物件が現れた。この建物をはじめとして、直径100mのアクティブな"まち"を作ったのは木本孝広。かつて「絶対に人が集まらない」とまで言われたこの地域に、賑わいを取り戻し、自律的な活性化を実現した。彼の考えは、「住む」という日常に新たな刺激を与えてくれる。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。