2015年2月1日日曜日

粒子と波: 量子力学の謎 - チャド・オーゼル

物理学の最も素晴らしい事実のひとつは、この世に存在するものは全て、光から電子から原子に至るまで同時に粒子と波のように振る舞うと分かったことです。 物理学者たちはこの難解な結論にどのようにして至ったのでしょうか? チャド・オーゼルが、 科学者たちが個々の発見を基に、いかに量子力学の「謎の神髄」を導き出したかをお話しします。 (レッスン: チャド・オーゼル、アニメーション: ジョアナ・バルトロミュー、翻訳 Misaki Sato、校正 Tomoyuki Suzuki)
レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/particles-and-waves-the-central-mystery-of-quantum-mechanics-chad-orzel

フロンティアはどこにあるか | リード・ガウワー | TEDxVancouver

セーガン・シリーズの作者リード・ガウワーが作品を作った動機を語り、何百万という人を触発した映像をご覧に入れます。
(翻訳 Yasushi Aoki、校正 Natsuhiko Mizutani)

彼らがいなくなってしまう前に | ジミー・ネルソン | TEDxAmsterdam

イギリスの紀行写真家のジミー・ネルソンは1987年に自分を探すためチベットを旅しました。それ以来彼は失われつつある世界の先住民文化をカメラで記録し続けています。 44カ国を巡り撮影した35の独特な部族の写真は、写真集 Before They Pass Away (彼らがいなくなってしまう前に) にまとめられました。TEDxAmsterdamでジミーがその旅を通して培ってきた人々との繋がりや学んだ教訓について話してくれます。
(翻訳 Yasushi Aoki、校正 Claire Ghyselen)

ロバート・スワン: 最後の手つかずの大陸を守れ

2041年は地球にとって大きな意味を持つ年です。地球最後の手つかずの大陸である南極を開発から50年間保護する条約の期限が切れるのです。初めて両極を徒歩で踏破した探検家ロバート・スワンはこの条約を延長するミッションに取り組んでおり、我々自身の生存のために南極を守るよう、情熱と力強さをもって私たちに訴えます。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Yasushi Aoki、校正 Claire Ghyselen)

ジェフ・マルガン: ポスト金融危機–より良い世界への投資

世界経済が再起動されるなか、ジェフ・マルガンは疑問を抱く:緊急支援金を瀕死の古い産業につぎ込むよりも、新興の社会的責任をもつ会社に投資しないのかーこの世界をより良くするために。
(TEDGlobal 2009、翻訳 Tomoko Tsubaki、校正 Masaki Yanagishita)

ポール・ベネット: デザインは細部に宿る

示唆に富む、傑出した楽しくなるような製品をいくつか示しながら、イギリスのブランディングとデザインの巨匠であるポール・ベネットが、デザインは必ずしも壮大な取り組みである必要はなく、小さいが普遍的で見落とされている問題を解決することが出来ることを説明します。
(TEDGlobal 2005、翻訳 Shigeto Oeda、校正 Naoko Fujii)

2015年1月30日金曜日

アーシャ・デ・ボス: なぜ鯨の糞が大切なのか

「鯨は驚くほど重要な仕事をしています」と海洋生物学者のアーシャ・デ・ボスは話します。「この巨大な生物は生態系エンジニアで、まず糞によって海を健康で安定した状態にするのです。」鯨が海の、ひいては地球の安定と健康の維持に役立っているという見過ごされがちな役割について、TEDフェローであるデ・ボスから学びましょう。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Masako Kigami、校正 Claire Ghyselen)

ファビアン・クストー: 水中で31日間を過ごして学んだこと

1963年にジャック・クストーは紅海の底に位置する水中の研究室で30日間を過ごしたことで、世界記録を樹立しました。今年の夏は、彼の孫にあたるファビアン・クストーがその記録を更新しました。若きクストーは、フロリダ州の海岸から1万4千キロ離れている水中の研究室「アクエリアス」で31日間を過ごしました。魅力的な講義で、驚くべき冒険を振り返ります。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Jerry Yap、校正 Mari Arimitsu)

TED-Ed レッスンの舞台裏: 共感覚とトランプのカード

共感覚という複雑でとらえがたい神経学的な特性を、どうやってトランプを使って、的確に説明できるでしょうか?TED-Ed のアニメーターたちが、ストーリーボードやアニマティックなどを用いた企画段階から、実際にアニメーションを実現するところまで、独自のアニメーション作りの過程を教えてくれます。アニメーションの舞台裏で用いられる秘密の材料(プレイドーやグリーンスクリーンなど)も登場しますよ。
(翻訳 Moe Shoji、校正 Tomoyuki Suzuki)
*このビデオの教材:http://ed.ted.com/lessons/making-a-ted-ed-lesson-synesthesia-and-playing-cards

「true」という言葉の真の物語 - ジーナ・クック

言葉には古ければ古いほど、より長い(ゆえにより魅力的な)物語があります。古英語のルーツから考えると、「true」という言葉は「betroth」や「truce」だけではなく、「tree」とも同じ語源を持っています。実は、「true」という言葉が同じ内容を定義づけているので、「tree」(木)は確固たる意志の強さや信頼の比喩となっています。ジーナ・クックが「tree」と「true」の詩的な関係性を説きます。
(レッスン: ジーナ・クック アニメーション: ブラッド・パーネル、翻訳 Suzumi Nakamura、校正 Tomoyuki Suzuki)
*レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/the-true-story-of-true-gina-cooke

2015年1月28日水曜日

マンダノ: ゴミ収集カート、改造大作戦?

ブラジルでは、「カタドール」と呼ばれる人たちがリサイクル用品やがらくたを集めて回ります。彼らは誰もが得をする必要不可欠な仕事をしている一方で、道端を練り歩いていても誰にも気を留めてもらえません。TEDフェローであるグラフィティアーティストのマンダノ氏の世界へようこそ。彼は、素晴らしいプレゼンテーションを通して、「ゴミ収集カート、改造大作戦?」というプロジェクトを紹介します。これは、素晴らしい貢献をしてくれている勇者のカートをユーモア満載の美しいものに変えてしまおう!というプロジェクトで、世界中を席巻しつつあります。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Miyu Higashi、校正 Yuko Yoshida)

ビラル ・ボマー二: 植物燃料がジェット機を動かす

藻+塩水=燃料?TEDxNASA@SiliconValley で、ビラル・ ボマー二が、耕作地と水を無駄にせずにバイオ燃料を生み出す自立型生態系について語ります。
(TEDxNASA@SiliconValley 2011、翻訳 Daisuke Minagawa、校正 Reiko O Bovee)