2017年2月20日月曜日

タップダンスの妙技|バカリ・ワイルダー|TEDxFoggyBottom

バカリ・ワイルダーがテロニアス・モンクの 『エピストロフィー』にのせて、タップダンスの妙技を披露します。ワイルダーはワシントンDCメトロポリタン地区出身で、若い時期に演劇とダンスに情熱を見いだし、 いまやブロードウェイ出演も果たしています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2017年2月19日日曜日

C.K.ウィリアムズ: 老いと若きを表現する詩

詩人のC.K.ウィリアムズがTED 2001で作品を朗読します。子ども時代の怒り、学生時代の恋愛、おかしな隣人、若者の文学的死についての彩りが、私たちに生きることの独特な挑戦を思い起こさせます。 (翻訳 Tamami Inoue、レビュー Masaki Yanagishita)

アメリカ政府の分権の仕組み―ベリンダ・ストゥッツマン

アメリカ合衆国憲法の第2条では、政府における3つの部門(立法、行政、司法)が認められると共に、1つの部門が強く過ぎないよう牽制し、均衡させるための仕組みが定められています。ベリンダ・ストゥッツマンが各部門の内容と憲法で認められた権限について解説します。 講師:ベリンダ・ステュッツマン、アニメーション: ジョニー・チュー *このビデオの教材: http://ed.ted.com/lessons/how-is-power-divided-in-the-united-states-government-belinda-stutzman (翻訳 Takamitsu Hirono、レビュー Misaki Sato)

ディナ・シモンズ: 有色人種の学生は如何にしてインポスターシンドローム(自己過小評価症候群)に直面するか

厳しい環境にあるブロンクスで生まれ育った黒人女性ディナ・シモンズは学術的なあらゆる名声を確立しています。黒人にとっての学業での成功とは、時として自らの本質を捻じ曲げて収められているものだという事実を彼女は知っています。現在彼女自身が教育者となり、すべての学生達がありのままの自分達に誇りが持てる教室を、如何にして創造するかを議論し、こう語っています。「すべての子供達には、どんな肌の色であろうと安心しながら学ぶ教育を受ける権利があるのです。」 ※ インポスターシンドローム:自己肯定感が低く、周囲の高評価をそのままに受け容れられないこと。「自己過小評価症候群」、「自己卑下症候群」、「賞賛不信症候群」などと呼べそうです。 (翻訳 Shoko Takaki、レビュー Ai Tokimatsu)

エリック・リュー: 投票しないという選択肢はない

いかに投票が大事で、大人としての義務と責任であるか、よく語られます。エリック・リューはそれに賛成する一方で、今こそ投票所に喜びを取り戻す必要があると考えています。元政治スピーチライターのリューは、彼のチームが2016年の米国選挙を取り巻く文化をどう醸成させつつあるか紹介し、そして、投票権のある人がなぜ投票すべきか強力な分析で締めくくります。 (翻訳 Makiko Fujimoto、レビュー Yuko Yoshida)

2017年2月18日土曜日

より少ないモノで豊かな生活を| The Minimalists | TEDxWhitefish

2百万人の読者をもち、The Minimalistsとしても知られているジョシュア・フィールズ・ミルバーンとライアン・ニコデマスは、『あるミニマリストの物語』などのベストセラーの著者でもあります。 この2人が、ミニマリズム、コミュニティーの価値、そして何が人を豊かにするかについて語ります。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Chiaki Suzuki、レビュー Riaki Hirota)

より少ないモノで豊かな生活を| The Minimalists | TEDxWhitefish

2百万人の読者をもち、The Minimalistsとしても知られているジョシュア・フィールズ・ミルバーンとライアン・ニコデマスは、『あるミニマリストの物語』などのベストセラーの著者でもあります。 この2人が、ミニマリズム、コミュニティーの価値、そして何が人を豊かにするかについて語ります。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Chiaki Ishihara、レビュー Riaki Hirota)

ジャドソン・ブルワー: 悪い習慣を断ち切るシンプルな方法

つい引きずっている悪い習慣を新たな視点から捉え直すことで、その悪習を断ち切れるとしたらどうでしょう。 精神科医ジャドソン・ブルワーは、喫煙から過食に至るまで、よくないと自覚していても、どうしてもやめられない習慣、つまり依存症と「マインドフルネス」との関係を研究しています。習慣形成のメカニズムをまず詳しく学び、その知識をもとに、簡単に実行できるのに実は深い意味のある、悪習への対策を見つけましょう。今度こそ、つい一服、ほんの一口、車の運転中に一瞬だけメール…という誘惑に勝てるかもしれません。

自分の足で立ち上がる|コリーン・ハットン|TEDxGlasgow

コリーンは闘病の物語から、真の財産とは何かと問いながら、他者を助け、経験を共有し、自分が抱く不安を語ることで、どのように社会共有の財産を創るかを教えてくれます。 コリーン・ハットンは、ごく普通の咳をこじらせ、敗血症との死闘の末、両手両下肢の切断を余儀なくされました。それ以来、コリーンは逆境をバネに、自分だけでなく、「人生を変えてしまうような外傷」を受けた他の人たちのためにも、チャリティ活動「Finding Your Feet」を行ってきました。自分にできる限りのことをしましょう。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2017年2月17日金曜日

ポール・ノフラー: デザイナー・ベビーの倫理的ジレンマ

遺伝子編集されたヒトを作り出す。それはもう空想の世界の話ではなく、実現するであろう未来のシナリオです。15年内に科学者たちは遺伝子編集技術CRISPRを用いて、ヒトの胚に身体的特徴を調整したり自己免疫疾患のリスクを消す等といった「アップグレード」を施すことが出来ると、生物学者ポール・ノフラーは推測しています。 この示唆に富むトークで、ノフラーは来たるデザイナー・ベビー革命と、それが引き起こす身近で予測不可能な事態を想定するよう私たちに語ります。 (翻訳 Eriko Tsukamoto、レビュー Shoko Takaki)

2017年2月16日木曜日

フープダンス|Ayumi|TEDxTokyoyz

フラフープダンスインストラクターで「フープ東京」代表のAyumiが、フラフープとダンスを融合した華麗なパフォーマンスを披露します。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

Facebookのグループを活性化する方法

このチュートリアルは Facebookのオープン翻訳プロジェクトの言語グループを活発にするためのヒントを含んでいます 追加情報 / リンク ・Amaraの自動歓迎メッセージの設定方法 http://translations.ted.org/wiki/Welcome_Message ・翻訳について / TEDオープン翻訳プロジェクトのTwitterをフォローするには https://twitter.com/tedotp ・OTPのFacebookグループのリスト http://translations.ted.org/wiki/Language_Groups このビデオはTEDオープン翻訳プロジェクトに参加するボランティア向けに作成されたものです。TEDオープン翻訳プロジェクトは、字幕やインタラクティブ・スクリプト(ビデオと連動した講演録)、それにどんな内容でも翻訳してしまう世界中のボランティア翻訳者たちの力によって、英語圏に限らず世界中へとTEDトーク・TED-Edレッスン・TEDxトークを広めています。 詳しくはこちらをご覧ください。 http://www.ted.com/participate/translate

DNAのねじれた話 ― ジュディス・ホーク

ヒト、キノコ、ゾウに共通するものは何でしょうか?とても長くシンプルな二重らせん分子が、私たち人間と他の生物との共通点と相違点を生み出します。しかし、このシンプルな分子はどのようにして数多くの多様な生物の姿や機能を決定づけるのでしょうか? 講師:ジュディス・ホーク、アニメーション:キャメロン・スレーデン *このビデオの教材 : http://ed.ted.com/lessons/the-twisting-tale-of-dna-judith-hauck

ローラ・ヴァンダーカム: 自由時間を上手に使いこなす方法

1週間は168時間です。重要度の高い物事にあてる時間を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?タイムマネジメントの専門家ローラ・ヴァンダーカムは、忙しい人たちの時間の使い方を研究するなか、多くの人々が週あたりの仕事量を過大に見積もり、一方で自分のために使える時間を過小に見積もっていることを発見しました。彼女は、大事なことにあてる時間をより多く見つけるための実践的な方法をいくつか教えてくれます。これで私たちは「自分の持ち時間の範囲で望む生活を築く」ことができるようになるのです。 (翻訳 Naoko Fujii)

マイケル・ボデカー: 仮想ラボが科学の授業を変える!

バーチャルリアリティはもはや遠い未来のお話しでも、テレビゲームやエンターテイメントにしか応用できないものでもありません。マイケル・ボデカーはバーチャルリアリティ技術を教育に取り入れ質の高い授業を身近にしていきたいと考えています。この斬新な講義では、現在の学校における科学教育の方法に革命を起こすかもしれないアイデアを披露します。 このビデオの教材:http://www.ted.com/talks/michael_bodekaer_this_virtual_lab_will_revolutionize_science_class (翻訳 Keiko Marutani、レビュー Masaki Yanagishita)