2015年4月24日金曜日

ジェレミー・ハイマンズ: 新しいパワーとはどんなものか?

私たちは大衆の力を活用する クラウドソーシング型ビジネスモデルを日々目にしています―UBER、Kickstarter、AirBnB(エアビーアンドビー)など。 インターネットを介して社会問題に挑戦する活動家、ジェレミー・ハイマンズがこの新しいパワーの形がいつ政治の分野に影響し始めるのか?を問います。あなたが思っているより早いかもしれません。政治や権力の将来についての大胆なこの議論―あなたは、どう思いますか?
(翻訳 Naomi Mandel、校正 Eriko Tsukamoto)

手塚貴晴: 他に例を見ない最高の幼稚園

東京にあるこの幼稚園では、5才の子供たちが交通渋滞を引き起こしたり、サンタクロースのための窓があったり・・・。建築家の手塚貴晴氏が設計した、世界で最も素晴らしい幼稚園です。この魅力的なトークで、彼が皆さんを案内するのは、子供が子供らしくなれる設計です。
(翻訳 Tomoyuki Suzuki、校正 Yuko Yoshida)

イスマエル・ナザリオ: 少年の僕が拘置所で学んだこと

イスマエル・ナザリオは10代の頃、ニューヨークのライカーズ島拘置所に送られ、独房に監禁されて300日過ごしました。全て有罪を宣告されるより前のことでした。彼は現在刑務所改革の主唱者として、アメリカの拘置所や刑務所の文化を変えるために活動しています。それらの施設では、少年達がしばしば想像以上の暴力にさらされているからです。ナザリオはぞっとするような体験談を語り、拘置所にいる少年達を傷つけるのではなく助けるための方法を提案します。 (翻訳 Naoko Fujii、校正 Claire Ghyselen)

マイケル・ハンスマイヤー: 想像できない形を造る

細胞分裂にヒントを得てマイケル・ハンスマイヤーが作ったアルゴリズムで、何百万もの面を持った、物凄く面白い形がデザインされました。手作業で描くことは誰にも出来ませんが、実際に構築することは可能です。この方法で私達の考える建築の形に革新が起こせるかもしれません。
(翻訳 Masami Mutsukado and Kacie Landrum、校正 Riaki Ponist)

ピーター・ディアマンディス: 尽きることのない人類の未来

TED2012 のステージで、ピーター・ディアマンディスは楽観できる理由をうったえます。私たちが発明し、技術革新をおこし、私たちにのしかかる山積みの課題を解決する方法を見つけ出すといいます。「一連の課題がないとはいっていません。もちろん課題はありますが、最終的には片づけてしまう」と伝えています。
(翻訳 Akinori Oyama、校正 Masaki Yanagishita)

新世代の建築 | 手塚 貴晴 | TEDxKyoto

手塚建築事務所の代表でもあり教授でもある手塚 貴晴は、非常に個性的で無限の可能性を秘めたエレメントを融合した建造物を思い描き、そして創りあげてきた。 手塚建築研究所を創設して以来、手塚と彼のチームは単なる壁や窓を、生活のための空間から住み心地の良さを伴った芸術へと昇華させた、また社会を、人を変えるような建造物を建築している。
(翻訳 Takahiro Shimpo、校正 Claire Ghyselen)

アミーナ・グリブ・ファキム: 目立たぬ植物に秘められた驚くべき神秘性

この興味をかきたてるトークで、生物学者のアミーナ・グリブ・ファキムが隔絶した島々やアフリカの希少種を紹介します。異形葉を持つ安息香、喘息の新薬候補である「平らな島のレモンバーム」、食料の未来にとって鍵になり得る象徴的なバオバブの木、そしてモンキーアップルなどをご覧ください。
(翻訳 Masako Kigami、校正 Tomoyuki Suzuki)

フランシス・デ・ロス・レイエス: 公衆衛生とは基本的人権

注意!この講演は世界のトイレ事情について、皆さんが知りたいこと以上の話が含まれているかもしれません。公衆衛生の活動家(そしてTEDフェロー)のフランシス・デ・ロス・レイエスが訴えるのは、誰もが安全な場所を享受する権利があるということです。
(翻訳 Mari Arimitsu、校正 Misaki Sato)

アナンド・ギリダラダス: 2つのアメリカの物語と、衝突の現場になったコンビニ

同時多発テロの10日後にテキサスのコンビニで起きた衝撃的な襲撃事件は、被害者と加害者である2人の男の人生を狂わせました。『The True American』の著者アナンド・ギリダラダスが、この驚くべき話を通してその後の展開を語ります。これはアメリカで生きる上でたどり得る、2つの道に関する寓話です。そして2つの道が和解して1つになることを強く求めています。
(翻訳 Masako Kigami、校正 Kazunori Akashi)

タトゥーの歴史 ― アディソン・アンダーソン

もしあなたの身体にタトゥーがあるなら、あなたは少なくとも8千年はさかのぼることのできる豊かな文化史の一部です。この身体改造の歴史はどこから始まり、その役割は時と共にどのように変化してきたのでしょうか?アディソン・アンダーソンが、インクで身体に印をつける風習の歴史をさかのぼります。
(レッスン:アディソン・アンダーソン、アニメーション:The Think Blot、翻訳 Moe Shoji、校正 Mari Arimitsu)
*レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/the-history-of-tattoos-addison-anderson

アンジェロ・フェルマーレン: 宇宙に行かずに宇宙に行く方法

「我々は宇宙空間に住み始めます」とNASAの乗組員の司令官であるアンジェロ・フェルマーレンは言います。「50年かかるかもしれないし、500年かもしれないが、いつかその時は来る」と。TED のシニア・フェローが、宇宙の彼方で人類が生活していくことに備えた彼の仕事を紹介する魅力的なトークです。 さらには彼が世界中の人々に投げかけている、地球外で人類が住む家を設計する、興味深いアートプロジェクトを紹介します。
(翻訳 Takamitsu Hirono、校正 Tomoyuki Suzuki)

アリソン・キリング: より良い死を迎えるために、建築ができること

この短くも刺激的な講演で、建築家のアリソン・キリングが焦点を当てるのは、墓地や病院、家といった私たちが死を迎える建物です。死の迎え方が変わりつつある今、死にゆく場所としての建物のあり方も変わるべきではないのか―アリソンは、私たちの街や生活の隠れた面に着目し、思いもつかないような素敵な見方を提示します。
(翻訳 Yuko Yoshida、校正 Naoko Fujii)