2014年12月30日火曜日

アナスタシア・テイラー=リンド: 闘う男たちと悲しむ女たち-ウクライナ革命にて

 「男たちは闘い、女たちは彼らを悼む」、これは写真家のアナスタシア・テイラー=リンドの言葉です。ウクライナのマイダンで起きたデモで撮影した、飾り気のない印象的な写真を通して、TEDフェローである彼女が、革命の中で捉えた人々の親密な表情を紹介します。これは恐ろしくも美しい話なのです。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Kazunori Akashi、校正 Mari Arimitsu)

2014年12月29日月曜日

ジム・トゥーミー: サメのシャーマンから学ぶ事

漫画家のジム・トゥーミーは、コマ漫画「シャーマンのラグーン」の作者です。サメのシャーマンを主人公に、海中の世界をおもしろおかしく描きます。お気に入りのキャラクターをステージ上で描きながら、トゥーミーは海への愛と、彼が漫画を通して伝えたい事について語ります。
(Mission Blue Voyage 2010、翻訳 Akari Takenishi、校正 Masaki Yanagishita)

ダンスとサイエンスが出会うとき | カリーヌ・ラスル | TEDxLSE

カリーヌのトークはダンスサイエンスについてです。この新しい研究分野が、なぜ今注目されているのでしょうか。彼女のトークではソマティクスに焦点を置き、どのように体と心が相互に働きかけるのかを説明します。
(翻訳 Shohei Hagiwara、校正 Reiko O Bovee)

2014年12月28日日曜日

あなたが恋に落ちたかどうかを知る方法 — エピジェネティクス、ストレス、そしてジェンダーアイデンティティ | カリッサ・サンボンマツ | TEDxABQ

自身の性転換の経験からエピジェネティクスへの取り組みに至った経緯を示し、科学者カリッサ・サンボンマツは私たちをDNAのディスコパーティーと恋愛の科学的解明に向かう旅へといざないます。カリッサは自身がトランスジェンダーであることをトークの中で公表し、長いRNA(DNAのいとこ)がエピジェネティクスを科学的に解明する鍵となって、いつの日か自閉症や依存症、アルツハイマー病の治療に役立つことができるのではないかと論じます。 このビデオはTEDカンファレンスとは独立して運営されるTEDxイベントにおいて収録されたものです。
(翻訳 Tamami Inoue、校正 Claire Ghyselen)

2014年12月23日火曜日

ビル・ゲイツとしてのベートーヴェン | ホセ・ボーエン | TEDxSMU

ホセ・ボーエンは南メソジスト大学メドウズ校長で、スタンフォード大学やジョージタウン大学で教鞭をとってきました。また100篇以上の論文を執筆し、ケンブリッジ大学では" Cambridge Companion to Conducting” の編集にも携わりました。彼はヨーロッパやアフリカ、中東およびアメリカで音楽家として活動し、イギリスの王立芸術協会フェローでもあります。
(翻訳 Naoko Fujii、校正 Claire Ghyselen)

レベッカ・オニー: 私たちの健康を維持する医療システムとは?

レベッカ・オニーは観客に質問を投げかけます:もし病院の待合室が毎日の健康習慣を改善する場所だったらどうでしょう?もし医師が食事や住まい、冬には暖房を処方出来たとしたら? TEDMEDのステージで彼女はそうした活動をカレッジ・スポーツチームのようにプロ意識と熱意を持つ学生ボランティア達によって行う組織「ヘルス・リーズ」を紹介します。
(TEDMED 2012、翻訳 Eriko Tsukamoto、校正 Masaki Yanagishita)

シェロモ・ベナルチ: 明日のために、明日は貯めよう

「来週はお金を貯めよう」と想像するのは簡単ですが、「今すぐ」するとなるとどうでしょうか?往々にして我々は、お金を使いたがるものです。経済学者シェロモ・ベナルチは、これが退職までに貯蓄することを妨げる最大の要因の一つであると述べます。そしてこう尋ねます。「我々はどのようにすれば、この問題行動を解決行動に変えていけるでしょうか?」
(TEDSalon NY2011、翻訳 Naoko Fujii、校正 Claire Ghyselen)

エボラについて私たちが知っていること(と知らないこと)ーアレックス・ジェンドラー

毒性の高いエボラウイルスは1976年に最初に確認されてから、何度か大きな流行を繰り返しており、2014年には最悪の流行が起きています。どのようにしてウイルスが広がり、人体にどんな影響を与えるのでしょうか?アレックス・ジェンドラーがエボラとは何か、なぜ研究することがそんなに難しいのかを解説します。
(レッスン:アレックス・ジェンドラー、アニメーション:アンドリュー・フォースター、翻訳 Mari Arimitsu、校正 Masaki Yanagishita)
*このビデオの教材:http://ed.ted.com/lessons/what-we-know-and-don-t-know-about-ebola-alex-gendler

優れたプレゼンに隠された秘密のしかけ | ナンシー・デュアルテ | TEDxEast

優れたプレゼンはみな共通の構造を持っています。ナンシー・デュアルテはこの力強い講演で、新しいアイデアを実現し世界を変えるためにそれがどう使えるか理解することを勧めています。そして現代における2つの優れたプレゼンである、マーティン・ルーサー・キングの『私には夢がある』と、スティーブ・ジョブズのiPhone披露時のプレゼンを分析し、人々を動かす圧倒的なプレゼンをするための教訓を引き出します。
(翻訳 Yasushi Aoki、校正 Ai Tokimatsu)

2014年12月22日月曜日

減量の数学 | ルーベン・ミアマン | TEDxQUT

ルーベン・ミアマンはABCテレビの教育支援番組のレポータであり、プレイ・スクール史上初の「専属科学者」です。若年層視聴者にはABCの波乗り科学者として著書や科学実験テレビ番組を通じて知られています。ユーモラスな講義を通して私たちの疑問にルーベンは答えます: 体重を落とすと... それはどこに行くのでしょうか? ダイエットは気候に影響を与えるのでしょうか?
(翻訳 Mio Yamaguchi、校正 Masaki Yanagishita)

音楽を通じて、絶滅が危惧される言語を救出する | スザンナ・ザライスキ| TEDxSantaCruz

スザンナ・ザライスキは8つの言語を話せます。彼女はいかに音楽+言語(例えば歌)が私たちの脳や心、そして魂を活性化するか説明します。歌を使うことで、私たちは外国語を学ぶことができ、そして死にゆく言語を救うことができるのです。
(翻訳 Naoko Fujii、校正 Claire Ghyselen)

ウィル・マーシャル: リアルタイムで地球の変化を撮影する極小衛星群

衛星画像は、ほぼすべての街角の詳細な画像をネットで容易に利用可能にし、私たちの地球についての知識に革命をもたらしました。 そしてPlanet Labsのウィル·マーシャルは、小型化すれば、更に優れた画像を、より速く手に入れられると言います。10x10x30センチメートル程の小さな衛星なら一群で打ち上げられるので、地球全体の高解像度な衛星画像を毎日更新できるのです
(TED2014、翻訳 Eriko Tsukamoto、校正 Tomoyuki Suzuki)

ハイゼンベルクの不確定性原理とは何か?- チャド・オーゼル

ハイゼンベルクの不確定性原理によると、物質の正確な位置と正確な速度を同時に知ることはできません。その理由は物質は全て粒子と波のように同時に振る舞うからです。チャド・オーゼルがこの複雑な量子力学のコンセプトについて案内します。
(レッスン: チャド・オーゼル、アニメーション: ヘンリック・マルムグレン、翻訳 Misaki Sato、校正 Tomoyuki Suzuki)
このレッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/what-is-the-heisenberg-uncertainty-principle-chad-orzel

第一印象は信頼できるか?-ピーター・メンデ=シェドレツキ

誰しも、嫌悪感を拭えない相手がいるのはどうしようもありません。では、このような決定的で長続きする第一印象を決めるとき、脳はどのように働いているのでしょうか?ピーター・メンデ=シェドレツキが第一印象に関する社会心理について、さらにこれが本当は人が善良な存在であることを示している理由について語ります。
(講師: ピーター・メンデ=シェドレツキ アニメーション: TOGETHER、翻訳 Shohei Tanaka 、校正 Naoko Fujii)
*このビデオの教材: http://ed.ted.com/lessons/should-you-trust-your-first-impression-peter-mende-siedleck

懸け橋としての言語|ブレンダ・ミルナー|TEDxMcGill

ブレンダ・ミルナー博士はマギル大学の神経学・神経外科学の教授かつ研究者で、神経科学分野におけるパイオニアです。彼女は記憶の認知神経科学の研究を先導しています。そこではMRIやPETといった高性能の機器を使って、言語に関与する脳の部位をアセスメントしています。彼女はまた対象の空間的位置の記憶に果たす海馬右側領域の役割について研究しています。彼女はその専門性と業績によって多くの権威ある賞や助成金を獲得し、また20以上の大学から名誉学位を贈られています。
(翻訳 Naoko Fujii、校正 Claire Ghyselen)

ミリアム・シディベ: 手洗いの持つシンプルな力

ミリアム・シディベは子どもの疾患と闘う戦士です。彼女の武器は何でしょうか?それは石けんです。費用対効果の高い感染予防として、肺炎や下痢、コレラや、より深刻な病気も石けんによる手洗いには勝てません。シディベは公衆衛生の専門家で、官民が連携して、手洗いと地域に根ざした継続可能な企業精神を促すよう唱えています。
(TED@Unilever 2014、翻訳 Ai Tokimatsu、校正 Shoko Takaki)

権力を理解する方法 ー エリック・リュー

毎日、私たちは他人が作り上げる権力構造の中で生きています。しかし、権力について話すことは往々にして心地よいものではありません。なぜでしょうか?エリック・リューは6種の権力の源について解説し、権力をどのように理解するかが、有力な市民になる鍵であると説明します。
(レッスン:エリック・リュー アニメーション:KAPWAスタジオワークス、翻訳 Suzumi Nakamura、校正 Takeshi Maeda)
*レッスンの全編はこちら:http://ed.ted.com/lessons/how-to-understand-power-eric-liu

2014年12月20日土曜日

ヴィンセント・ムーン&ナナ・ヴァスコンセロス: 世界に潜む音楽の儀式

フランスの映像作家ヴィンセント・ムーンはリュックとノートパソコンとカメラだけを持って世界中を旅します。彼は、エレベーター内のアーケイド・ファイア、アパートのキッチンのボン・イヴェール、そしてワンテイクで撮ったチェチェンのスーフィーの儀式や、ペルーのアヤワスカの儀式の映像を撮影してきました。ここで彼が説明するのは、人々が映像と音楽によって、自分たちの文化を新たな視点から捉えるようになる様子です。それに続いて、ジャズ界の巨匠ナナ・ヴァスコンセロスがパフォーマンスを披露します。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Kazunori Akashi、校正 Naoko Fujii)

ロミュラス・ウィトカー「水中に潜む本当の危機」

インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。
(TEDIndia 2009、翻訳 Takahiro Shimpo、校正 Masaki Yanagishita)

音楽の力 | 宇見・ギャレット | TEDxOrangeCoast

話にピアノ演奏を交えたこの講演で、宇見・ギャレットがその素晴らしい才能の片鱗を見事に披露しています。
(翻訳 Yasushi Aoki、校正 Mari Arimitsu)

輝かしい未来のための高速な解決策 ― 起業をラピッド・プロトタイピングする | トム・チー | TEDxKyoto

資金集め、組織作り、解決策作り、交渉。夢や必要に迫られている誰かがこの過程を乗り越えるには、通常何週間、何ヵ月、ときには何年もかかると考える人もいるでしょう。トム・チーは、真のイノベーションをもっとも必要とする人たちにとって、ラピッド・プロトタイピングが鍵となるということを豊富な実例で証明します。
(翻訳 Ooyama Akinori、校正 Takahiro Shimpo)

ハミッシュ ジョリー: サメ除けウェットスーツ (あなたの想像とは違います)

オーストラリアの海洋スイマーであるハミッシュ ジョリーは、好奇心旺盛なサメが彼を餌と勘違いしないようなウェットスーツを望んでいました。(統計的には稀ですが、生死に関わる問題です。)科学者のチームとの協同により、彼と友人は新しいアプローチに至ります-サメ捕獲カゴでもなく、鎖帷子のスーツでもなく、サメの視覚を理解した流線型のスーツです。
(TEDxPerth 2013、翻訳 Takamitsu Hirono、校正 Yuka Miyoshi)

フバタス・クナーベ: 検閲国家の隠された秘密(旧東ドイツ)

シュタージとして知られている、東ドイツの国家安全保障機関の深い闇の世界へとご案内します。1989年にベルリンの壁が崩壊するまで、シュタージは独特かつ強力な方法で市民を偵察し、検閲システムと精神的な圧力をかけることによって、国を数十年間巧妙に管理しました。フバタス・クナベは彼を偵察したシュタージについて研究しています。彼は検閲国家の崩壊に関する驚きの事実を詳細に語り、人々がいとも簡単に隣人の敵と成り得たことを紹介します。
(TEDSalon Berlin 2014、翻訳 Tomoyuki Suzuki、校正 Masako Kigami)

2014年12月19日金曜日

デブラ・ジャービス: ええ、私は癌を克服しましたが、この体験で私という人間を決めつけないで

デブラ・ジャービスは病院のチャプレン(聖職者)として30年近く働いたところで、癌と診断されました。そして彼女は患者として非常に多くのことを学んだのです。機知に富んだ大胆なトークの中で彼女は、「癌を克服した人」というアイデンティティがいかに生気のないものに感じられるかを述べています。彼女は私たち皆に、自分自身の最も過酷な体験について語り、自らを成長させようと呼びかけています。 
(TEDMED 2014、翻訳 Naoko Fujii、校正 Shoko Takaki)

トーマス・ヘルム: 世界で一番退屈なテレビ番組がやみつきになる理由

スローフードというのは聞いたことあるけど、スローテレビですって? この愉快な講演では、ノルウェーのテレビプロデューサーであるトーマス・ヘルムが、とても長くて退屈な出来事を、時には生で放送するようになって、しかもその番組に夢中になる視聴者がたくさん現れたいきさつを話してくれます。これまでに放送されたのは7時間の列車の旅、18時間の魚釣り、ノルウェー沿岸をたどるフェリーでの5日半の航海など。結果として生まれたのは美しくも魅惑的な番組です。本当ですって!
(TEDxArendal 2014、翻訳 Yasushi Aoki、校正 Masako Kigami.)

シャカ・センゴア: 自分の罪に人生を支配させないために

1991年、シャカ・センゴアは人を撃ち殺してしまいました。彼曰く、彼は「セミオートを持った、短気な麻薬密売人」でした。第二級殺人で服役し、そこで彼の物語は終わってもおかしくはありませんでした。しかし、そうはなりませんでした。そこは長い年月をかけた、贖罪の旅の始まりで、そこには控えめで落ち着いた誰にでも当てはまる教訓がありました。
(TED2014、翻訳 Makoto Ikeo、校正 Micky Hida)

アジザ・シャウニ: フェズ川復興とメディナの再生について

モロッコの世界遺産であり中世の趣を残すフェズのメディナ(旧市街)を、フェズ川は迷路のように流れています。かつて、街の“魂”であったこの川も、1950年から現在まで少しずつ埋め立てられ下水、公害で損なわれています。TEDフェローのアジザ・シャウニがフェズ川の過去の栄光を取り戻すため、20年にわたる彼女のフェズ川と町の再生の過程をプレゼンします。
(TED2014、翻訳 Satoko Tasaka、校正 Daiji Kuwano)

2014年12月17日水曜日

メリッサ・フレミング: ただ生き残るだけでなく 難民が豊かに生きる手助けを

今日世界では、5千万人の人々が強制的に故郷から避難を余儀なくされています。これは第二次世界大戦以降見られなかった規模です。今現在、3百万人以上のシリア難民が、近隣諸国に避難所を探し求めています。レバノンでは、難民の半分が子どもで、そのうち学校に通っているのはわずか20%です。国連難民高等弁務官事務所のメリッサ・フレミングが、難民キャンプは自分たちの故郷を再建するために必要なスキルを身につけることができる癒やしの場所であるべきだと呼びかけます。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Shimajiri Michiaki、校正 Shoko Takaki)

ジル・シャーガー: どうか皆さんお願いします  “awesome”に本来のawe(畏敬)の意味を取り戻しましょう

次のうち、どちらがawesome(すごい)でしょうか。あなたが食べるランチでしょうか、ギザの大ピラミッドでしょうか。コメディアンであるジル・シャーガーは“awesome”という言葉を本来の意味である「畏敬の念をかきたてる」ものだけに使おうと、ユーモアたっぷりに呼びかけます。
(TED@NYC 2014、翻訳 Shoko Takaki、校正 Kaori Nozaki)

2014年12月16日火曜日

マージド・ナワズ: 原理主義に立ち向かうグローバル文化

民主化を求める活動がなかなか成功しない一方で、なぜ国家を超えた原理主義の組織が成功を収めるのでしょうか? かつてイスラム原理主義者であったマージド・ナワズ氏はナショナリズムや排外主義に立ち向かい、民主主義を広めるための新たな草の根の運動とグローバルな社会運動が必要だと主張します。TEDグローバル2011の力強いスピーチです。
(TEDGlobal 2011、翻訳 Yuki Sato、校正 Masaki Yanagishita)

僅かな可能性: 生命が居住可能な惑星の探索 - アリエル・アンバー

数十億の銀河、数十億の星のなかで、地球のような生命居住可能な世界をどうすれば見つけられるのでしょう?私達が知っているような生命体が存在するのに必要な要素は何でしょう?アリエル・アンバーは他の惑星で生命を見つけるための必要条件をリストに挙げて解説してくれます。
(講師:アリエル・アンバー アニメーション: TED-Ed、翻訳 Hiroko Fujikawa、校正 Tomoyuki Suzuki)
*レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/a-needle-in-countless-haystacks-finding-habitable-planets-ariel-anbar

カレ・アンダーソン: チャンスを生み出す人になろう

私たちの誰もが、自らの能力を生かして、人生で有意義なことをしたいと願っています。でも、どうやったら始められるのでしょうか?(そして、もしあなたがシャイならどうしますか?)作家のカレ・アンダーソンが長年患ってきた自身の内向性について告白し、周りの人たちの才能や情熱を生かす手伝いをすることで、どのように自分の世界を広げたのか語ります。
(TED@IBM 2014、翻訳 Mari Arimitsu、校正 Emi Kamiya)

リサ・マルゴネリ: 石油に関する政治的側面

メキシコ湾での石油流出の余波として掘削の停止や企業幹部の追放があったが、これをリサ・マルゴネリは良い方向への動きだと言う。しかし一方で、本質的な問題も生じているとしている。ここでは、消費者に本当のコストを負わせることで、アメリカの石油依存を断ち切る大胆な計画を紹介する。
(TEDxOilSpill 2010、翻訳 Kazuyuki Shimatani、校正 Masaki Yanagishita)

2014年12月14日日曜日

文学の深い意味を探り出すには ― エイミー E. ハーター

文学作品の深い意味はいつでもわかりやすいとは限らないので、素晴らしい英語のエッセイを書くのが難しいこともあります。ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』に登場するミスター・ダーシーのエリザベス・ベネットに対する本当の気持ちをあなたは知らないかもしれませんね。あるいは、初めて読んだときにはトニ・モリスンの『ビラヴド』に描かれる複雑な倫理観を理解しかねるかもしれません。 エイミー E. ハーターが、より批判的かつ思慮深く文学作品を読み、またそれについて書くためのヒントをいくつか教えてくれます。
(講師:エイミー E. ハーター、アニメーション:The Leading Sheep Studios、翻訳 Moe Shoji、校正 Tomoyuki Suzuki)
*レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/mining-literature-for-deeper-meanings-amy-e-harter

ラマナン・ラクシュミーナラヤン: 迫り来る抗生物質の危機

抗生物質は人々の命を救っています。しかし、命に関わらない季節性インフルエンザの様な病気や、鶏肉産業で肉の値段を下げる為、鶏の飼育などに濫用され、その結果バクテリアは次第に耐性を持ち始め、誰にでも効かなくなっています。ラマナン・ラクシュミーナラヤンは抗生物質のあり方、限りある資源の使い方を考え直すべきだと、私達、患者や医師に呼びかけています。私達一人一人が直接影響を受けるこの世界的な医療傾向は、粛然たる現実です。
(TEDMED 2014、翻訳 Reiko O Bovee、校正 Masaki Yanagishita)

アレハンドロ・アラヴェナ: 私の建築哲学―コミュニティが参加するプロセスを

10年前、チリで100家族が住める住居の建設を依頼された際、アレハンドロ・アラヴェナ氏は珍しいことに着目しました。貧民街やスラム街に息づく知恵です。小さな住居空間がひしめく大きなビルを建てるよりも、柔軟性に富んだ「ハーフ・ホーム」を提案し、各家庭が住まいを拡張していけるようにしました。問題は複雑でしたが、当事者たちが協力するという、実にシンプルなソリューションを考え出すことに成功。アラヴェナ氏は、黒板とチョークを使い、彼のデザインの美しい写真を見せながら、3つのプロジェクトを紹介しています。その紹介を通して、新しい角度から物事を考え直すことで、大きなメリットをともなった見事なデザインが可能になることが明らかになっていきます。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Rie Hiramatsu、校正 Yuko Yoshida)

4分で見る英語の名詞複数語尾-sの歴史 ― ジョン・マクウォーター

英語では名詞を複数形にするには、大抵Sをつけるだけです。でも最初からこうだったわけではありません(もちろん、今でも例外があります)。英語がドイツ語から分かれたばかりの古き良き時代を、ジョン・マクウォーターが振り返ります。その頃 booksやnamesやeggsは、beek、namen、eggruだったのです!
(レッスン:ジョン・マクウォーター、アニメーション:Lippy、翻訳 Kazunori Akashi、校正 Tomoyuki Suzuki)
*レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/a-brief-history-of-plural-word-s-john-mcwhorter


2014年12月13日土曜日

ビル・グロス: 太陽を追跡する太陽光エネルギー装置

Idealab の創立者であるビル・グロスは、高校時代に始めた太陽エネルギーの図面と道具一式を販売する会社など、発明家としての人生について語ります。革新的な太陽電池システムと未解決の問題について学ぼう。
(TED2003、翻訳 yusi SHANG、校正 Masaki Yanagishita)

アジト・ナラヤナン: 言語を問わない単語ゲーム

言語障害を抱える子供たちに関する仕事をしているとき、アジト・ナラヤナン氏は、単語を絵で表し、「マップ」上で関連付ける方法を思いつきました。このアイディアは現在、話すことが難しい人々を補助するアプリの原動力となっています。その裏にある大きなアイディア、言語概念のFreeSpeech(自由言語)には、希望にあふれた可能性が潜んでいます。
(TED2013、翻訳 Kaori Abe、校正 Misaki Sato、Makoto Ikeo)

1年間毎日1人、友達を作り続けて学んだこと | マリア・スキレッピ | TEDxVeniceBeach

アーティスト兼デザイナーのマリア・スキレッピは、1年間毎日1人友達を作り、その経験をカタログにまとめました。彼女の見出した「人と人との繋がりの重要性」に関して、大変ためになる刺激的な話をお送りします。
(翻訳 Chika Bauer、校正 Naoko Fujii)

数学は発見されたのか 発明されたのか-ジェフ・デコフスキー

人間が存在しなかったら、数学は存在しないのでしょうか。私達は宇宙を理解するために数学的概念を作り出したのでしょうか。はたまた数学は宇宙それ自体の自然界の母国語なのでしょうか。ジェフ・デコフスキーは古来より熱く議論されてきた有名な議論をたどっています。 レッスン:ジェフ・デコフスキー アニメーション:The Tremendousness Collective *レッスンの全編はこちら:http://ed.ted.com/lessons/is-math-discovered-or-invented-jeff-dekofsky
(翻訳 Suzumi Nakamura、校正 Masaki Yanagishita)

ミルトン・グレイザー: デザインでアイディアをー新する

TEDアーカイブス:伝説のグラフィックデザイナー ミルトン・グレイザーが、ピエロ・デッラ・フランチェスカにインスパイアされた自身の新作絵画に深く切り込む。さらに、アイディアをブレイクダウンして一新し、ポスターに説得力を与える方法について考えを巡らせる。
(TED1998、翻訳 Hiroko Kumagai、校正 Masaki Yanagishita)

2014年12月12日金曜日

いくつの人生を生きられるのか | サラ・ケイ | TEDxEast

スポークンワードの詩人サラ・ケイは、一度の人生でお姫様バレリーナ宇宙飛行士になれないことを知って驚きました。この講演で彼女は、別の人生を生きる方法を示す力強い2篇の詩を聞かせてくれます。
(TEDxEast、翻訳 Yasushi Aoki、校正 Mari Arimitsu)

おかしなアイデア|オリビア・ヘアウッド|TED×Stanford

文化人類学の学位をスタンフォードで取り卒業した後、オリビア・ヘアウッドはスタンダップコメディアンとして賞を獲得し、カリフォルニアで大きな反響を得ています。
(翻訳 Shoko Takaki、校正 Reiko O Bovee)

デイビッド・グラディ: ひどい会議から世界を(あるいは自分だけでも)救う方法

ひどくて、非効率で、人で溢れかえる会議が世界のビジネスに疫病を広げています―そして働く人々を悲劇的な状況に追い込んでいます。デイビッド・グラディは、これを食い止める方法をいくつか知っています。
(TED@State Street Boston 2013、翻訳 Naoko Fujii、校正 Claire Ghyselen)

リアナ・ウェン: 医師が開示しようとしないこと

あなたの担当医が、製薬企業の雇われスポークスマンかどうか知りたいと思いませんか?それとも あなたが施してもらいたい治療法と矛盾する信念を医師が持っているでしょうか?現在、少なくともアメリカでは、医師は単にそれを言う必要がありません。内科医リアナ・ウェンは、同僚の医師にそれをオープンにしようと言いました。すると・・・大混乱が起こったのです。
(TEDMED 2014、翻訳 Shoko Takaki、校正 Masaki Yanagishita)

プライドの持つ力 | ジョージ・タケイ | TEDxKyoto

TEDから承認を受けて独自に開催されているローカル版であるTEDxのひとつ、TEDxKyotoで行われたこのトークでは米国史の最も暗い時期にジョージ・タケイが受けたインスピレーションと強さを語ります。第二次世界大戦中、120万人もの日系アメリカ人が強制収容されたのです。 強制収容所に張られた有刺鉄線の向こう側で過ごした幼少時代を思い出し、タケイは生涯をかけて、苦い混乱をから情熱的な尊敬とプライドを日系アメリカ人同胞に抱いていった道のりを語ります。そしてアメリカが私たちを包み祝福するようになるのです。 銀幕を飾った俳優であり、舞台での演技からでは計り知れないようなありのままの姿を見せてくれます。ジョージ・タケイが22歳でカメラの前で演技を始めるまでに、想像もつかないような、また真に理解されないような過酷な経験を経てきたのです。有刺鉄線に囲まれた強制収容所で幼少期を過ごした後、 幾多の苦節を経て50年にも及ぶ役者人生を築きます。そのことが更なる夢を呼び起こし、政治活動や社会評論、著述業やインターネットにも影響を及ぼしていきます。 そのひとつひとつがインスピレーションに満ちており、ジョージを果敢に未知なる世界に挑ませているのです。
(翻訳 Ai Tokimatsu、校正 Takahiro Shimpo)

アカシュ・オデドラ: 渦巻く紙と風と光の中のダンス

失読症の振付師アカシュ・オデドラは、自分にとって最善の表現方法は体の動きを使うことだといつも感じていました。その経験を抒情的に表現してできたのがこの作品「ざわめき」です。本の頁が舞う嵐の中心で回る彼の姿をご覧ください。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Yasushi Aoki、校正 Eriko T)

2014年12月10日水曜日

私の食べ物は何を食べてきたの?|ローラン・アダモヴィッチ|TEDxBeaconStreet

食品業界の最高なところから最低で醜い部分まで見てきたというローラン・アダモヴィッチは、我々の食品システムがこの20年間でどう劇的に変化してきたのかについて、痛烈な報告をしてくれます。この肥満の蔓延は、我々の食品が食べてきたものと直接関係があるのでしょうか? 
(翻訳 Mariko Thompson、校正 Eriko Tsukamoto)

オープン・サイエンス | ミカエル・ニールセン | TEDxWaterloo

量子コンピューティングのパイオニアであるミカエル・ニールセンが、オープン科学について紹介します。オンラインツールを活用したオープン科学は、科学的な研究を推進する方法を大きく変えるはずですが、実現には課題もあります。このトークでは、いくつかの上手くいった例を紹介し、また多くの試みが失敗する理由を明らかにします。
(翻訳 Natsuhiko Mizutani、校正 Reiko O Bovee)

オレン・ヤコボヴィッチ: 隠しカメラが捉える世界で最も危険な場所における不正

oren_yakobovich_hidden_cameras_that_film_injustice_in_the_world_s_most_dangerous_places
百聞は一見にしかずとオレン・ヤコボヴィッチは言います。暴力や政治腐敗や虐待の危険な現場を隠しカメラで撮影する人々を彼が手助けしているのはそのためです。彼が設立した組織Videreは、世界が目にすべき人権侵害の状況を暴露し、検証し、公開しています。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Yasushi Aoki、校正 Daiji Kuwano)

2014年12月8日月曜日

セルゲイ・ルパシン: 空飛ぶカメラ、ただしリード付き

空中撮影用の無線機や無人機(UAV)は、事実少し気味が悪く、規制や安全面に大きな問題があります。でも、空中撮影は反対運動の規模や、石油流出の様子、デルタ地帯に隠れた野生動物など世界の真実を伝えるパワフルな方法になります。セルゲイ・ルパシンが「Fotokite」の実演を通して、世界を高い場所から安全に制御された形で見ることができる、簡単で新しい方法を紹介します。
(TEDSalon Berlin 2014、翻訳 Takamitsu Hirono、校正 Daisuke Minagawa)

キトラ・カハナ: 自由に空を舞う閉じ込め症候群の父

2011年、ロニー・カハナは重い脳卒中を発症しました。その結果、閉じ込め症候群を患い、目を除いて完全な麻痺状態になりました。普通なら精神がおかしくなりそうな状況で、カハナは「外部の雑音が消えていく中で安らぎを見出し、新たな人生と体に恋をした」と言います。厳粛で感情に訴える講演の中で、娘のキトラが、ロニーが絶望的に見える状況下で人々を導いたスピリチュアルな経験をどのように記録したか話します。
(TEDMED 2014、翻訳 Sachiko Chida、校正 Mari Arimitsu)

アレサンドラ・オロフィーノ: 自分達の街の問題は自分達で直しましょう

みんな政治離れがすすんでいると感じています。それが自分の街であってもです。しかし都市活動家のアレサンドラ・オロフィーノは、テクノロジーと昔ながらの人間のつながりを使えばそれを変えられると考えています。地元のリオデジャネイロの例を示し、「欲しいのは学校かそれとも駐車場か? リサイクル・プロジェクトかそれとも建設用地か? 自家用車かそれともバスか? 孤独かそれとも連帯か? それを決めるのは自分達である」と語ります。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Masako Kigami、校正 Yasushi Aoki)

2014年12月7日日曜日

楽器演奏は脳にどのような効果をもたらすか -アニタ・コリンズ

音楽を聴くと、あなたの脳の複数の領域が活性化します。 けれど あなたが実際に楽器を演奏する時には、 脳はあたかも「全身運動」のような活動を始めるのです。 そこでは何が起こっているのでしょう? アニタ・コリンズは、音楽家が楽器を演奏する時に脳内で上がる「花火」について説明し、 この活動の積み重ねが長期的に脳に与えるポジティブな 効果について検証します。 
(講師:アニタ・コリンズ、映像:シャロン・コールマン・グラハム、翻訳 Taemi Koizumi、校正 Naoko Fujii)
*このビデオの教材: http://ed.ted.com/lessons/how-playing-an-instrument-benefits-your-brain-anita-collins

超越 | リンジー・スターリング | TEDxBerkeley

リンジー・スターリングはバイオリンを始めて19年になり、クラシックからロックまでこなします。しびれるような演奏を通して彼女が示すのは、受け入れられるために自分を合わせる必要はなく、ありのままの自分を愛し受け入れることで最高の価値は生み出せるということです。 (翻訳 Yasushi Aoki、校正 Reiko O Bovee)

ジョー・ランドリーナ: 一瞬で止血するジェル

縫い針なんか忘れましょう。傷をふさぐのにはもっと良い方法があります。この講演ではTEDフェローのジョー・ランドリーナが自身の発明を披露しています。圧迫せずに外傷性の出血を瞬時に止められる医療用ジェルです。 ※このビデオには医療映像が含まれています。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Yasushi Aoki、校正 Masaki Yanagishita)

モハメド・アリ: 若年層の失業問題とテロリズムの関係

世界の大都市において、若者のチャンスや富の夢は叶わないわけではない-しかしそれはテロ集団やその他の暴力的組織からの勧誘であることが多い。人権運動家のモハメド・アリは、彼の祖国モガディシュの若者たちの物語を例に、都市部で大志を抱く若者への起業支援の大切さを訴えかける。
(TEDCity2.0 2013、翻訳 mariko maekawa、校正 Tomomi Daigo、Satoshi Hirai)

キンバリー・モトリー: いかに法の支配を守るか

人間は皆、その国の法律によって守られるべきです―たとえ、その法律が忘れられ無視されていようとも。アフガニスタンなどで活動するアメリカ人訴訟弁護士キンバリー・モトリーは、国際的な弁護士活動の中から3つの事例を紹介し、その国の法律でどれだけ正義と公正さ―法律をその立法目的である「保護」のために使うこと―をもたらせるか語ります。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Yuko Yoshida、校正 Masako Kigami)

セバスチャン・ユンガー: なぜ退役軍人は戦争が恋しくなるのか

戦争が恋しいという一般市民はいませんが、そのような兵士は珍しくありません。ジャーナリストのセバスチャン・ユンガーが話すのは、アフガニスタンのコレンガルバレーでの体験。前哨地点のレストレポで目にした、アメリカ兵の壮絶な戦闘です。戦争によってもたらされる“もう1つの心の状態”、なぜ兵士たちは戦争で強烈なつながりを経験するのでしょうか。そして、それこそが兵士たちが恋しいと感じる "もう1つの戦争の姿" なのでしょうか?
(TEDSalon NY2014、翻訳 Chikara Shimizu、校正 Halle Ko)

グローバル・パワー・シフト | ノーム・チョムスキー | TEDxWarwick

高名な哲学者のノーム・チョムスキーが、世界で起きている本当のパワー・シフトが何かを語ります。
(翻訳 Yasushi Aoki、校正 Eriko T)

2014年12月5日金曜日

クリック・ユア・フォーチュン 2 「これから必要な人材」ーサンドラ・アーモット

クリック・ユア・フォーチュンは、対話的なゲームブック形式のシリーズで、学生の疑問に知識豊富な世界の専門家が、答えるという趣向です。次の紹介ビデオで概要を説明しています。http://ed.ted.com/lessons/click-your-fortune-episode-1
このシリーズでは、以下に挙げるプロ達が世界中の学生から寄せられた沢山の質問に答えてくれます。答えを聞きたい疑問はありますか? インタビューを見たい憧れの人はいますか? 詳しく知りたい職種はありますか? 以下のフォーラムで今後のクリック・ユア・フォーチュンのためのアイデアについて提案と投票をしてください。https://community.ed.ted.com/teded/topics/suggest_questions_careers_and_people_for_the_next_click_your_fortune_episode
アディタル・エラ: Sustainability Designer
サンドラ・アーモット: 神経科学者; 作家
ジョン・ワーナー: Leadership Team, Citizen Schools; MIT研究員
アレサンドロ・セントロネ: Vice President of Sales & Distribution, Steelcase Inc.
(字幕 Chiemi Chigawa、校正 Reiko Bovee)

どうして太陽光発電だけにできないんでしょう?-アレクサンドロス・ジョージ・シャラランビーデス

太陽光発電は石炭等を燃料とする従来の発電設備より費用が安く、持続可能です。 ではなぜ太陽光発電に切り換えないのでしょうか。その理由は雲にあります。 雲が太陽光発電の制御を難しいものにしています。 アレクサンドロス・ジョージ・ハラランビデスがソーラータワーとソーラーパネルを使った太陽光発電の仕組みと、雲があっても安定して動作するシステムに どのように研究者が取り組んでいるかを紹介します。 (講師:アレクサンドロス・ジョージ・シャラランビーデス アニメーション:Ace & Son Moving Picture Co., LLC.、翻訳 Shigeto Oeda、校正 Tomoyuki Suzuki)
*このビデオの教材: http://ed.ted.com/lessons/why-aren-t-we-only-using-solar-power-alexandros-george-charalambides

自閉症と心の理論|エリ・ハードウィック|TEDxYouth@IsaacDickson

エリが自閉症と心の理論について話します。
(翻訳 Naoko Fujii、校正 Claire Ghyselen)

スーザン・エトリンガー: ビッグデータにどう向き合うべきか?


あるデータのおかげで、心地よい気持ちになれますか?より成功していると感じることができますか?だとしたら、あなたのそのデータの解釈は間違っている可能性が高いでしょう。この驚くほど心を揺さぶられるトークで、スーザン・エトリンガーは、より多くのデータを手にすればするほどに私たちの批判的に考える能力もまた深められなければならない理由を説明してくれます。なぜなら、単に物を数えるところを超えて、それらを本当に理解するところまで到達するのは、とても難しいのです。
(TED@IBM 2014、翻訳 Moe Shoji、校正 Naoko Fujii)

シュレディンガーの猫: 量子力学の思考実験 - チャド・オーゼル

オーストリアの物理学者 エルヴィン・シュレディンガーは有名な問いを投げかけました: ネコと一緒に一定時間内に50%の確率でネコを殺してしまう装置を箱に入れて封印したとしたら、ネコはどんな状態になるだろうか? チャド・オーゼルがこの思考実験を探ります。
(レッスン チャド・オーゼル、アニメーション アゴタ・ヴェグシュ、翻訳 Misaki Sato、校正 Tomoyuki Suzuki)
レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/schrodinger-s-cat-a-thought-experiment-in-quantum-mechanics-chad-orzel

2014年12月3日水曜日

彗星は地上に生命をもたらしたのか? - ジャスティン・ダウド

彗星は歴史的には戦争や飢饉の前兆と考えられていましたが、最近の科学によると、この天の驚異は、実際地球の生命を作るのに必要なアミノ酸を含んでいるのです。ジャスティン・ダウドがこの素晴らしい発見の意味を説明します。
(レッスン:ジャスティン・ダウド、アニメーション:ジャスティン・ダウド、翻訳 Masako Kigami、校正 Tomoyuki Suzuki)
*レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/could-comets-be-the-source-of-life-on-earth-justin-dowd

ノーマン・スパック: トランスジェンダーの10代達が「願う自分」になる手助けをする私の方法

思春期は誰にとっても戸惑いの時ですが、トランスジェンダーの10代の若者にとっては、夜ごと心地よく思えない身体に成長していく悪夢の時にもなり得るのです。心に沁みるこの講演では、内分泌科医のノーマン・スパックが、どうやってホルモン補充療法で未成年者を治療するアメリカの数少ない医者の一人となったのか、自身の経験を教えてくれます。思春期の影響を食い止めることで、スパックはトランスジェンダーの10代の若者に必要な時間を与えているのです。
(TEDxBeaconStreet  2013、翻訳 Masami Hisai、校正 Naoko Fujii)

「美」という伝染病 | リニー・エンゲルン | TEDxUConn

リニ―・エンゲルンは女性の美に対する強迫観念を「美の病」と喧伝します。彼女はこの状況を阻止するための方法をいくつか提案します。
(翻訳 Naoko Fujii、校正 Claire Ghyselen)

2014年12月1日月曜日

ナンシー・カンウィッシャー: 脳神経が描く私達の思考

脳画像のパイオニア、ナンシー・カンウィッシャーは、fMRIで主に自分の脳の各領域で起こる活動の画像を撮り、彼女の同僚と共に研究した結果 — 私たちの脳は、非常に特殊に分化した領域と、汎用の機能を持つ組織とで成っている — という発見を、このトークで私達と共有します。驚く事に、それでも脳には未知の課題が多く残されているのです。
(TED2014、翻訳 Reiko O Bovee、校正 Eriko Tsukamoto)

ダンスパフォーマンス | リティカ・アーリャ | TEDxTheWoodlands

リティカ・アーリャがダンスを披露し、動作や振付の背後にある意味を解説します。
(翻訳 Yasushi Aoki、校正 Reiko O Bovee)

どうしてゾウはものを決して忘れないのか ― アレックス・ジェンドラー

「ゾウは決してものを忘れない」とよく言われます。しかし、ゾウについてより深く学ぶにつれて、素晴らしい記憶力はゾウのすぐれた知性のほんのひとつの側面にすぎないらしいことがわかってきました。ゾウは地球上で最も創造的で社会的なやさしい動物のひとつなのです。アレックス・ジェンドラーが、ゾウの忘れることのない素晴らしい頭脳へと私たちを案内してくれます。
(レッスン:アレックス・ジェンドラー、アニメーション:アヴィ・オフェル、翻訳 Moe Shoji、校正 Yasushi Aoki)
*レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/why-elephants-never-forget-alex-gendler

どのように細菌が広がるか(そしてなぜ私達を病気にするか)?-ヤンナイ・ハイキン、二コール・マイデオ

細菌は我々が接触するほとんどの表面に存在し、それが我々の体がさらされる驚くほど共通した状況です。それが、なぜ幾つかの細菌は害がなく、他の細菌は致命的になるのでしょう?ヤンナイ・ハイキンと二コール・マイデオは、細菌の違った伝染方法を説明しながらこの疑問に答えてくれます。
(講師 : ヤンナイ・ハイキン、二コール・マイデオ、アニメーション : Ace & Son Moving Picture Co., LLC.、翻訳 hiroko fujikawa、校正 Masaki Yanagishita)
*このレッスンの教材:http://ed.ted.com/lessons/how-do-germs-spread-and-why-do-they-make-us-sick-yannay-khaikin-and-nicole-mideo

2014年11月29日土曜日

歴史 vs. クリストファー・コロンブス - アレックス・ジェンドラー

アメリカ合衆国やラテンアメリカの多くの人々は、クリストファー・コロンブスの航海を記念日に祝福して育ちます。しかし彼は2つの世界をひとつにした勇敢な探検家だったのでしょうか。それとも植民地主義と奴隷制度をもたらした残虐な探検家だったのでしょうか。そしてそもそも彼がアメリカ大陸を発見したのでしょうか。アレックス・ジェドラ―は歴史に位置づけられたコロンブスとクリストファー・コロンブス人物自身を審議にかけています。
(レッスン:アレックス・ジェンドラ―、アニメーション:ブレット・アンダ-ヒル、翻訳 Suzumi Nakamura、校正 Tomoyuki Suzuki)
*レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/history-vs-christopher-columbus-alex-gendler

クリント・スミス: 沈黙のもたらす危険

「人が "何を言ってるか" に気を取られ過ぎて、 ”何を言ってないか” に注意を払わなくなっている。」クリント・スミスは教鞭を持つスラム出身の詩人。見て見ぬ振りと不公平を弾劾し、声をあげる勇気を称賛する。簡潔に力強く、心を震わせて簡潔に思いを語る。
(TED@NYC 2014、翻訳 Claire Ghyselen、校正 Yuichiro Nakao)

ナンシー・カンウィッシャー: 脳神経が描く私達の思考

脳画像のパイオニア、ナンシー・カンウィッシャーは、fMRIで主に自分の脳の各領域で起こる活動の画像を撮り、彼女の同僚と共に研究した結果 — 私たちの脳は、非常に特殊に分化した領域と、汎用の機能を持つ組織とで成っている — という発見を、このトークで私達と共有します。驚く事に、それでも脳には未知の課題が多く残されているのです。
(TED2014、翻訳 Reiko O Bovee、校正 Eriko Tsukamoto)

データを見せて:自分自身の専門家になる | タリシア・ウィリアムズ | TEDxClaremontColleges

タリシア・ウィリアムズ博士のお話では、個人の健康状態が詳しくわかる自分自身のデータの集め方をご紹介します。
(翻訳 Hidehito Sumitomo、校正 Masaki Yanagishita)

アインシュタインの素晴らしい間違い:量子もつれ - チャド・オーゼル

アインシュタインと物理学と言えばまずはE=mc^2という式を思い浮かべるでしょう。しかし、物理学における彼の最も素晴らしい功績の一つは彼が1935年に他の学者と共著で記した-結局間違っていることが判明しましたが-風変わりな自然哲学的な論文にあります。チャド・オーゼルはアインシュタインの「EPR」論文と、量子もつれという奇妙な現象に対する洞察について、詳しく解説します。
(レッスン:チャド・オーゼル、アニメーション:Gunborg/Banyai、翻訳 Tomoyuki Suzuki、校正 Misaki Sato)
*レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/einstein-s-brilliant-mistake-entangled-states-chad-orzel


ミック・マウンツ: 巨大倉庫では何が起きているの?

何百万もの商品がインターネットで購入されている今日、誰が(もしくは何が)商品の仕分けや梱包を行っているのでしょう?このトークでは、ミック・マウンツがロボットが動き回っている倉庫の興味深く、驚きの現実を紹介します。
(TEDxBoston 2011、翻訳 Takamitsu Hirono、校正 Tomoyuki Suzuki)

マーティン・リース: 今や人類にとっての最終世紀なのか?

天文学者として また人類の将来を憂えるメンバーの一人としてマーティン卿は宇宙的な観点から地球の現状と将来について考えています。科学と技術進化によって悪い結果が起こらぬよう急いで行動をとるべきであると訴えます。
(TED2014、翻訳 Shohei Tanaka、校正 Tomoyuki Suzuki)

2014年11月26日水曜日

フランス・ランティング: 動物の王国に声を与える写真

自然写真家のフランス・ランティングは、生き生きとした写真で私たちを動物の世界の奥深くへと誘います。短いながらも視覚的に豊かなこのトークでは、この地球に生きる他の生き物たちとのつながりを再び見出し、お互いを隔てる比喩的な「外皮」を脱ぎ捨てよう、と私たちに語りかけます。
(TED2014、翻訳 Moe Shoji、校正 Kazunori Akashi)

リズ・ディラー: 建築と遊ぶ

この心を奪われそうなEGトークで、リズ・ディラーが彼女の事務所DS+Rの並外れた作品について話します。それらの中には霧で出来たBlurビルディングや、光る木の壁で包まれた改修中のアリス・タリー・ホールが含まれています。
(EG 2007、翻訳 Masahiro Kyushima、校正 Masaki Yanagishita)

ベルトラン・ピカール: 太陽電池式冒険

新しい10年の始めに、ベルトラン・ピカールが課題を提示します:不可能と思えることに動機を見出すこと。彼は、多くの人が「不可能だ」と言う、彼自身の計画について話します――それは太陽電池式の飛行機で、ノンストップの世界一周飛行をすることです。
(TEDGlobal 2009、翻訳 Masahiro Kyushima、校正 Masaki Yanagishita)

トゥレット症候群と生きる | マーク ・エリオット | TEDxYouth@Hewitt

「何がチックを起こすのか?」というプレゼンテーションで、マーク・エリオットは他人に溶け込めない、また他人について不愉快に思った経験について語り、寛容についての根本的な教訓を論じます。
(翻訳 Naoko Fujii、校正 Masaki Yanagishita)

2014年11月25日火曜日

ローレル・ブレイトマン: 強迫神経症で元気がないイヌやネコ―私達人間が動物の狂気から学ぶこと

よく目にする面白い動物ビデオの背景には、妙に人間に通じる問題が存在します。ローレル・ブレイトマンが研究するのは、強迫性障害のクマから自滅行動をするラット、ありそうもない友をもつサルまで、精神疾患のサインを示す非ヒト動物です。うつ、悲しみやその他人間同様の問題に向き合う動物を観察することから人間が学べることは何かをブレイトマンが問いかけます。
(TEDSalon NY2014、翻訳 Yuka Rieser、校正 Mari Arimitsu)

マーク・エイブラハムズ: 笑わせ、そして考えさせる科学賞

イグノーベル賞の創設者であるマーク・エイブラハムズは、世界で最も風変わりな研究の数々を紹介します。この示唆に富み―時に抱腹絶倒を巻き起こすトークで、彼は、真におかしな科学の話を紹介します。そして、バカげたことこそ、科学への関心を高めるのに欠かせないのだと言います。
(TEDMED 2014、翻訳 Yuko Yoshida、校正 Tomoyuki Suzuki)

ジェレミー・カスディン: 地球に似た惑星を発見できるかもしれない―花形スターシェード

天文学者によると、この銀河系内にある全ての恒星には必ず一つ惑星が存在し、その内5分の1の惑星に生命が存在するといいます。しかし、まだ我々はそれを直接見ることができません。ジェレミー・カスディンらのチームは、突拍子もないデザインと技術でこれに挑もうとしています。花びら型の「スターシェード」を使うことによって、5万km離れた所から、望遠鏡で惑星の写真を撮ることができるのです。彼曰く、これは「科学研究として実現できる最もすごいこと」なのです。
(TED2014、翻訳 Hidehito Sumitomo、校正 Yuko Yoshida)

リード・モンタギュー: 5000人の脳からわかること

脳研究では、もうマウスや虫だけが実験材料ではない。機能的MRI(fMRI)を使うことで、「生きている」人間の、脳の活動を調べられるようになった。 この技術はどのように人同士が交流するときの複雑なシステムを解明してくれるのか。リード・モンタギューがその概要を紹介する。
(TEDGlobal 2012、翻訳 Hidehito Sumitomo、校正 Makoto Ikeo)

遺伝子はどこから来たのか? - カール・ジマー

地球上に生命が現れた40億年前、初期の微生物は必要最低限の遺伝子で生き残っていきました。 人類やその他の生命体の時代になると、多様な遺伝子が広がりました。 この新しい遺伝子はどこから来たのでしょうか? カール・ジマーが突然変異と遺伝子の増殖について考察します。 (レッスン: カール・ジマー、アニメーション: TOGETHER、翻訳 Misaki Sato、校正 Masaki Yanagishita)
レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/where-do-genes-come-from-carl-zimmer

2014年11月24日月曜日

イヌが糖尿病について教えてくれたこと|- ダンカン C. ファーガソン

糖尿病の歴史は古代ギリシャにまで遡ります。しかし、その治療法が確立したのは比較的最近の事で、人の最良の友のおかげでした。イヌは 生理学的特徴をヒトと共有していたため、 インスリンの発見を通じて数えきれないほどの人命を救ってきました。ダンカン C. ファーガソンは、イヌの偉大な貢献と私達が得ることのできた医学的恩恵の話を披露します。
(レッスン: ダンカン C. ファーガソン、アニメーション: Augenblick Studios、翻訳 Misaki Sato、校正 Masaki Yanagishita)
このレッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/what-did-dogs-teach-humans-about-diabetes-duncan-c-ferguson

ポール・ブルーム: 先入観は良いことになり得るか?

私たちは偏見や先入観は無知の産物だと考えます。しかし心理学者であるポール・ブルームが示そうとしているように、先入観はしばしば自然で理性的で、道徳的ですらあります。重要なのは、私たちの偏見がどのように機能しているかを知り、間違った方向に働いたときは制御できるようにすることだと、ブルームは述べます。
(TEDSalon NY2014、翻訳 Keiichi Kudo、校正 Yuko Yoshida)

究極の作家のなり方 | フレイヤ・ライト・ブラウ | TEDxQUT

フレイヤはブリスベン出身の22歳の作家で、驚異的な冒険家ベア・グリルスの作家版になりたいと思っています。時には非常に特殊な環境下にありながらも1年間毎日執筆し続けるという挑戦から彼女の得た教訓をお聞きください。
(翻訳 Chika Bauer、校正 Yasushi Aoki)

成功者に共通する8つの特徴 ー リチャード・セント=ジョン

10年に及ぶ研究と500人もの人に直接インタビューをした結果から、リチャード・セント=ジョンは世界中の成功者達に共通する8つの特徴を見つけました。
(翻訳 Yoshika Campbell、校正 Yasushi Aoki)

グレン・グリーンウォルド: なぜプライバシーは重要なのか

グレン・グリーンウォルドは、エドワード・スノーデンの機密ファイルを最初に目にし記事にした記者の1人でした。そのファイルから明らかになったのは、アメリカ政府が一般市民を大規模に監視している事実です。グリーンウォルドは強い口調で、たとえ「隠さなければならないことなどない」場合でもプライバシーは気にかける必要がある理由を説いています。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Kazunori Akashi、校正 Yasushi Aoki)

2014年11月23日日曜日

ジョイ・サン: 援助の新しい形

テクノロジーが、世界で極貧にあえぐ人達に直接現金を届けることを可能にしつつあります。私たちもそうすべきでしょうか?熟練の援助従事者であるジョイ・サンが、示唆に富んだ講演で、貧しい人達を助ける2つの方法を紹介します。
(TED@NYC、翻訳 Mari Arimitsu、校正 Tadashi Koyama)

ジャミーラ・リスコット: 英語の三通りの話し方

ジャミーラ・リスコットは、“3つの言語の話し手”です。彼女は、“壊れた英語"という力強いスポークン・ワード・エッセイで、友人・クラスメート及び両親のそれぞれと話す際の三者三様の言語を賛美し、それぞれのニュアンスを意欲的に伝えます。そして複雑な歴史と各言語が持つ現在のアイデンティティを説明することで、何が”正しい”言語なのかについて明らかにします。
(TEDSalon NY2014、翻訳 Takamitsu Hirono、校正 Ami Okuno)

フレッド·スワニカー: アフリカを荒廃させた指導者とアフリカを回復させる世代

18歳になるまでにフレッド·スワニカーはガーナ、ガンビア、ボツワナ、ジンバブエで暮らしてきました。アフリカの色々な国で暮らした子ども時代に学んだことは、社会制度がしっかりした社会では優れた指導者でもさほど大きな違いを生み出せませんが、社会制度の整わない国では指導者が国を築きもできれば壊すこともできるということです。スワニカーは異なる世代のアフリカの指導者に目を向け、未来の指導者をいかに育てるかという構想を熱っぽく語ります。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Masako Kigami、校正 Yasushi Aoki)

トッド・クイケン: 「感覚を持つ」義手

リハビリテーション医のトッド・クイケンは人の神経系と接続された義手を開発しており、操作性だけでなく感覚性の向上も目指しています。ステージでは患者であるアマンダ・キッツが彼の次世代義手をデモンストレーションしてみせます。
(TEDGlobal 2011、翻訳 Tatsu Ilya、校正 Natsu Fukui、Masaki Yanagishita)

2014年11月22日土曜日

ビタミンの重要性 ― ジニー・トリン・グエン

ビタミンは、私たちの体を動かすのに必要な「建築材料」です。 ビタミンは筋肉や骨を作ったり、エネルギーを取ってきたり、傷を治したり、他にもいろいろと手伝ってくれます。 しかし、ヒトの体がビタミンを自分で作り出せないとしたら、どうやってそれを体内に取り込むのでしょう? ジニー・トリン・グエン氏が、ビタミンとは何か、それらはどうやって体内に取り込まれるのか―そして、ビタミンが必要不可欠な理由について語ります。
(レッスン: ジニー・トリン・グエン アニメーション: The Moving Company Animation Studio、翻訳 Mariko Thompson、校正 Tomoyuki Suzuki)
*レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/what-s-the-value-of-vitamins-ginnie-trinh-nguyen

音楽のくり返しが愛される理由 ― エリザベス・ヘルムート・マーグリス

あなたのお気に入りの曲ではコーラスは何回くり返されますか?そのコーラスを何回聞いたことがありますか?音楽におけるくり返しは西欧のポップソングだけの特徴ではなく、世界的な現象なのです。なぜでしょう?エリザベス・ヘルムート・マーグリスが「接触効果」の基本的な事柄を説明することで、くり返しによって、いかに私たちが受動的な聴き手にとどまらず、音楽に積極的に参加するように促されるのかを詳しく教えてくれます。
(レッスン:エリザベス・ヘルムート・マーグリス アニメーション:アンドリュー・ジンベルマン (外国特派員協会)、翻訳 Moe Shoji、校正 Tomoyuki Suzuki)
*レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/why-we-love-repetition-in-music-elizabeth-hellmuth-margulis

ペストの過去、現在及び未来について - シャロン N. デウィット

14世紀に世界人口の約1/5の命を奪ったペストは現在も存在しますが、世界での犠牲者は、毎年数千人にすぎません。劇的に死亡者数が減少したのはなぜでしょうか?シャロン N. デウィットが黒死病の原因と影響を探り、その情報を得ることで、今後起こるかもしれない大流行に備えられると説きます。
(レッスン: シャロン N. デウィット アニメーション: ステフ・リー、翻訳 Misaki Sato、校正 Tomoyuki Suzuki)
このレッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/the-past-present-and-future-of-the-bubonic-plague-sharon-n-dewitte

世界に影響を与えるアイデア | TEDGlobal 2011 プレゼンテーション

世界各国—ブラジル、カナダ、アメリカ、南アフリカ、レバノン、韓国、オランダ、ドイツ、ケニア、中国、台湾—のTEDxオーガナイザーたちが、TEDxイベントを実現する中でした体験、自身やコミュニティがそこから受けた影響について語ります。
(翻訳 Yasushi Aoki、校正 Mari Arimitsu)

因果関係と相関関係を混同することの危険 | イオニカ・スミーツ | TEDxDelft

イオニカ・スミーツは数学者であり、かつメディア経験豊かな科学ジャーナリストでもあります。持ち前の知識と情熱で、彼女はこの短いトークの中で因果関係と相関関係を混同することの危険をとても面白く解説します。
(翻訳 Naoko Fujii、校正 Masaki Yanagishita)

グァ・ワン: 未来のオーケストラの作り方

グァ・ワンは、コンピュータ音楽を制作していますが、それは電子信号音を使っての作曲だけではありません。 スタンフォード・ラップトップ・オーケストラと共に、彼は、予想外の材料から(イケアのサラダボールなど)、音楽家が美しくそして表現豊かに演奏できる新しい楽器を作成しています。
(TEDxStanford  2014、翻訳 Kayo Kallas、校正 Masaki Yanagishita)

2014年11月18日火曜日

明日のリーダーを育てる | 小林りん | TEDxKyoto

国際教育者の小林りんはインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢で、明日のリーダーたちのために新しい形の国際教育を提供しています。
(翻訳 Emi Kamiya、校正 Yumiko Murai)

物質が落下するなら、反物質は上昇する? - クロエ・マルブルノ

正と負、借りと貸しと同様に、物質と反物質は同質でありながら、逆の性質をもっています。物質が落下するのならば、反物質は上がっていくのでしょうか? クロエ・マルブルノは2つの物質を - 一つは物質から成り、他方は反物質から成りますが - 飛行機のコックピットにおいてダイビングの実験の準備をします。さあ、何が起こると思いますか? レッスン:クロエ・マルブルノ アニメーション:TED-Ed *レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/if-matter-falls-down-does-antimatter-fall-up-chloe-malbrunot
(翻訳 Tomoyuki Suzuki、校正 Masako Kigami)

エドワード・スノーデン: インターネットを取り戻すために

テレプレゼンス・ロボットを通してTED2014に登壇したエドワード・スノーデンが、インターネットにおける監視と自由について語ります。データのプライバシーの問題は党派的な問題ではなく、我々の生活におけるインターネットの役割やインターネットを守る法について根本的に考え直す必要を迫るものだと彼は言います。「権利が重要なのは、いつそれが必要になるか分からないから」です。インタビュアーはクリス・アンダーソン、特別ゲストにティム・バーナーズ=リーを迎えます。
(TED2014、翻訳 Yasushi Aoki、校正 Kazunori Akashi)

アンドリュー・コノリー: 宇宙へ向けた次の窓は何か?

巨大データはどこにでもあります。空でさえもです。そんな情報を盛りだくさんに、天文学者のアンドリュー・コノリーが空の絶え間なく変わる様相を記録した宇宙に関する巨大データをどのように収集したのかを説明します。宇宙の大量の画像を科学者はどのように捉えるのでしょうか? 巨大望遠鏡がその糸口となります。
(TED2014、翻訳 Masako Kigami、校正 Tomoyuki Suzuki)

気難しい父親の息子として|コリン・グラント|TEDxBrighton

コリン・グラントは、これまでの人生で、父親の世界と自分の世界のはざまで、感情の波間を漂ってきました。ジャマイカ出身の両親のもとでイングランドに生まれたグラントが、彼が育った移民コミュニティの中で共有された物語に目を向け、自分を拒んだ父親を許そうと思えるに至った過程を振り返ります。
(翻訳 Moe Shoji、校正 Misaki Sato)

脳はどのようにして痛みに反応するのか - カレン・デイビス

痛っ!誰もが痛みを経験します―しかし、同じ痛みの刺激を受けても反応が異なる人がいるのはどうしてでしょうか?そもそも痛みとは厳密に言うと何なのでしょうか?カレン・デイビスは痛みに関する脳の働きを紹介し、なぜ「痛みの経験」が人によって異なるのかを解説します。 講師:カレン・デイビス アニメーション:ブレット・アンダーヒル *このビデオの教材:http://ed.ted.com/lessons/how-does-your-brain-respond-to-pain-karen-d-davis
(翻訳 Naoko Fujii、校正 Masaki Yanagishita)

2014年11月15日土曜日

シンチェン・ファン: 海底にすんでいそうな生物たち

芸術家のシンチェン・ファンは、幼い頃、おもちゃを分解したり、台湾の夜店に並ぶ奇想天外な品物を見るのが大好きでした。今回彼は、まばたきをしたり触手を広げて発光する、まるで生きているように見える深海の発光生物の立体作品をお見せします。
(TED2014、翻訳 Yuko Masubuchi Masami、校正 Mutsukado and Kacie Landrum)

トマ・ピケティ: 21世紀の資本論についての新たな考察

仏人経済学者、トマ・ピケティは2014年初頭のセンセーショナルな著作の中で、経済格差を表す単純にして冷酷な公式を示しました。それは「r > g」(すなわち「資本収益率>経済成長」を表します)。彼は膨大なデータセットを使って、経済格差は新しい現象では無いものの更に悪化し続けており、社会の根幹を揺るがす衝撃をもたらす可能性がある、と結論づけています。
(TEDSalon Berlin 2014、翻訳 Eriko Tsukamoto、校正 Natsuhiko Mizutani)

考古学、動物写真、バーベーキュー等々におけるネイサン・ミルボルドについて

ネイサン・ミルボルドは、彼が最近ハマっていることについて話してくれる。動物写真、考古学、バーベキュー、そして、風変わりで天才的な億万長者でいることについてだ。さあ、動物の世界の(ちょっとキタナイ)一端から始まる、とんでもない話しを聞いてみよう。
(TED2007、翻訳 Shingo Yoshimura、校正 Masaki Yanagishita)

スペリングの意義―ジーナ・クック

単語のスペリングから単語と単語の関係について、どんなことが分かるでしょうか?スペリングの中にはめちゃくちゃなに見えるもの、予想通りにいかないものもあります。このレッスンは、スペリングの皮をタマネギの皮のように剥いていくことで、単語の裏にある入り組んだ歴史や、意味構造の理解が深まるのだと解説します。 (先生: ジーナ・クック、アニメ: Quid 5 (www.quid5.com)、翻訳 Takahiro Shimpo、校正 Moe Shoji)
※このビデオの教材がed.ted.comにあります: http://ed.ted.com/lessons/making-sense-of-spelling-gina-cooke

2014年11月14日金曜日

スーザン・コラントゥオーノ: 今までに聞いたことのないキャリア・アドバイス

全ての仕事を上手くこなし、全ての適切なキャリア・アドバイスに従っていても一向に昇進しない。なぜなのでしょうか? スーザン・コラントゥオーノは、とても分かりやすく、あなたが聞いたことのないかもしれないシンプル且つ驚くべきキャリア・アドバイスをしてくれます。このお話は、女性を対象としていますが、男女問わず、新卒および中堅社員の方などを含め、誰にでも役立つお話となっています。
(TEDxBeaconStreet 2013、翻訳 Izumi Olsen、校正 Yuko Yoshida)

性別の決まり方:あなたが考えるよりもっと複雑

小さくて複雑なものでは染色体から、一見簡単そうな性別の決定まで動物界にはいろいろな仕組みがあります。生物学者で教師のアーロン・リーディは性別決定の仕組みについて動物種間での大きな違いについて説明します。 講師: アーロン・リーディ アニメーション: BuzzCo (http://buzzzco.com).
*このビデオの教材: http://ed.ted.com/lessons/sex-determination-more-complicated-than-you-thought
(翻訳 kazuki_inada 、校正 Koichi Nakamura、Masaki Yanagishita)

歴史 vs. ウラジミール・レーニン - アレックス・ジェンドラー

ウラジミール・レーニンはロシア皇帝ニコライⅡ世を追放し、ソビエト連邦を設立してロシア政治の流れを永遠に変えてしまいました。 彼は専制君主を倒したヒーローなのでしょうか、それとも挿げ替えただけの悪党なのでしょうか?アレックス・ジェンドラーが賛否両論のこの人物を裁判にかけ、ほぼ一世紀にわたる討論の両サイドから探求します。 レッスン: アレックス・ジェンドラー, アニメーション: ブレット・アンダーヒル
(翻訳 Misaki Sato、校正 Tomoyuki Suzuki)

2014年11月13日木曜日

ジェフ・イリフ: よく眠る事が大切なもう一つの理由

脳は私達の体が消費するエネルギーの1/4を、消費していますが、その質量は体量の約2%しかありません。このユニークな器官は、どうやって生命維持に必要な栄養素を得 —恐らくもっと重要な事ですが— どうやって老廃物を取り除いているのでしょうか。新しい研究で分かった事は、それは睡眠と関係しているという事です。
(TEDMED 2014、翻訳 Reiko O Bovee、校正 Daisuke Minagawa)

ガンのない世界 | ジャック・アンドレイカ | TEDxRedmond

15才で高校一年生のジャックは、すい臓・卵巣・肺のがんを浸潤が始まる前の早期に発見できる、革新的で非侵襲性の試験紙を発明しました。特別な訓練や大きな装置も全く不要で、5分間と、たった3セントで検査できます。
(翻訳 Akinori Oyama、校正 Masaki Yanagishita)

ジャック・アンドラカ 「がんにかける僕の3セント」 (TEDxSanJoseCAWomen)

ジャックは15才の高校一年生です。彼は3セントしかかからずに5分ですい臓・卵巣・肺のがんを検査できる試験紙を開発しました。 (翻訳 Akinori Oyama、校正 Masaki Yanagishita)

2014年11月9日日曜日

ハンス&オーラ・ロスリング: 世界について無知にならないために

あなたは世界のことをどれほど知っていますか? ハンス・ロスリングが、彼の有名な世界の人口、保健、収入のグラフ(それにすごく長い差し棒)を使って、統計的に言ってみんな知っているつもりでいて全然間違っている可能性が高い問題を例示します。ハンスがクイズで聴衆を楽しませた後は、ハンスの息子のオーラが無知を減らすための4つの方法を示します。
(翻訳 Yasushi Aoki、校正 Mari Arimitsu)

A. J. ジェイコブス: 世界最大の親族会...皆さんもご招待!

あなたはまだ知らないかもしれませんが、A. J. ジェイコブスはたぶんあなたの親類です(かなり遠縁ですが)。系譜学ウェブサイトを使って、彼は意外な結びつきをたどって行き、我々皆を―かなり遠く離れていますが―関係づけるのです。彼の目標は、世界最大の親族会を開くことです。ではそこでお会いしましょう!
(TEDActive 2014、翻訳 Naoko Fujii、校正 Yuko Yoshida)

スティーブン・バート: どうして人々は詩を必要とするのか?

「我々はいつか死にますーそして詩はその事実を受け入れさせてくれるのです。」面白おかしいこのトークで、文芸評論家のステファン・バートは何篇かのお気に入りの詩と共に、私たちを言葉の旅へ誘います。はるばると改行まで、そして人間の想像への熱望を後押しします。
(TEDGlobal 2013、翻訳 Masami Hisai、校正 Claire Ghyselen)

ゲイル・リード: 世界の医師たちを訓練するにはどこがいい?それはキューバ

大きな問題には、大きな解決策が必要です。大きなアイデアや想像力、そして大胆さも。 医師を最も必要とする地域社会で働けるように、世界の医師達を育成するハバナの「費用のかからない大きな解決策」ラテンアメリカ医科大学をジャーナリストであるゲイル・リードが紹介するトークです。
(TEDMED 2014、翻訳 Eriko Tsukamoto、校正 Reiko O Bovee)

抗生物質に対する耐性が生まれるのはなぜか? - ケビン・ウー

あなたには数えきれないほどの微生物が住み着いています。そのバクテリアの大半は無害ですが(それどころか有用です!)、「スーパーバクテリア」は非常に厄介で--抗生物質に耐性を持つようになってきています。なぜそんなことが起きているのでしょうか?ケビン・ウーが、この問題の展開と医学の今後の課題を解説します。 (レッスン: ケビン・ウー アニメーション: ブレット・アンダーヒル、翻訳 Misaki Sato、校正 Masaki Yanagishita) このレッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/how-antibiotics-become-resistant-over-time-kevin-wu

リー・クローニン: 物質に生命を吹き込む

生命が誕生する前に地球上にあったものは、無機質の死んだ「物質」だけでした。生命の誕生する可能性はいかに、はかないものだったのでしょうか?そして、生命の誕生には、未知の化学反応が作用したのでしょうか?化学者であるリー・クローニン氏は、いかなる物質も進化することができるという、生命についての素晴らしい定義を打ち出し、炭素を含まない無機分子の「レゴブロック・キット」を組み立て、増殖させ、競争させつつ、完全に無機的な細胞を作ることで、これらの疑問に答えようとしています。 (TEDGlobal 2011、翻訳 Myongok Park、校正 Makoto Ikeo)

2014年11月6日木曜日

マック・バーネット: 良い本が秘密の扉である理由

幼少期は非現実的です。だとすれば、子どもの本もそうあるべきです。受賞作家マック・バーネットは、奇想天外な講演の中で、実際に物語の中のクジラに話しかける子どもたちの話を交えながら、物語を書くことは本のページから逃げ出し、芸術という扉の向こうの不思議な世界に入り込むことだと語ります。
(TEDxSonomaCounty 2014、翻訳 Yohsika Taso、校正 Claire Ghyselen)

ジム・ホルト: 宇宙はどうして存在するのか?

「無」の替わりに、なぜいつも何かが「ある」のでしょうか?すなわち、宇宙はどうして存在するのか?(そして何故、私たちはその中に居るのか?)哲学者であり作家のジム・ホルトはこの問いかけを追いかけます-3つ、あるいは4つの有力な答えを、あるいは「無」を求めて。
(TED2014、翻訳 Masami Hisai、校正 Masako Kigami)

2014年11月4日火曜日

ディリップ・ラーサ: 海外送金は世界経済の隠れた力

2013年に国際移民が家族や友人に送金した金額は4130億ドルにのぼり、これは世界の開発援助資金の合計(約1350億ドル)の3倍に相当します。この海外送金という資金は受け手の人生に大きな変化をもたらし、多くの国の経済に大きなインパクトを与えます。エコノミストのディリップ・ラーサは、この「思いやりに包まれたお金」の有用性とともに、運用上・規制上の障壁によってなぜ有効に活用されていないか説明します。
(TEDGlobal 2014、翻訳 Tadashi Koyama、校正 Mari Arimitsu)

ダニエル・ウォルパート: 脳の存在理由

神経科学者であるダニエル・ウォルパートは驚くべき仮説で話を始めます。脳は考えたり感じたりするためではなく、動きを制御するために進化した、と。彼の面白くデータに富んだ話は脳がいかに美しく機敏な動きをヒトが作り出すかを教えてくれます。
(TEDGlobal 2011、翻訳 Shogo Kobayashi、校正 Masaki Yanagishita)

新しい音楽の可能性を開く楽器を作る

MITメディアラボのトッド・マコーバーは音楽表現を大音楽家からアマチュアまで、誰にでもできるものとし、オペラからテレビゲームまで、あらゆる形態で可能とすべく研究しています。トッド・マコーバーと作曲家ダン・エルシーが次に何が可能になるかを紹介します。 (TED2008、翻訳 Masaki Mikami、校正 Masaki Yanagishita)

シャーウィン・ニューランド: 電気ショック療法が私を救った

外科医であり著作家であるシャーウィン・ニューランドが 自分も含めて 重篤な 生命を脅かすようなうつ病患者の治療のため開発した電気ショック療法について講演します。病気からの救済そして人生のやり直しについて感動的な心に触れる話。
(TED2003、翻訳 Kazunori Sekimizu、校正 Masaki Yanagishita)

アリソン・ジャクソン: 有名人の実像とは

私たちのお気に入りの有名人たち(ダイアナやエルトン・ジョン)が、私たちが本当にそして密かに見たいと思っていることを実際に行っている写真を撮影することで、アリソン・ジャクソンは私たちの有名人たちと親密になりたいという欲望を探求しています。グラフィック・イメージと共にお送りします。
(TEDGlobal 2005、翻訳 Kisa Miyachi、校正 Masaki Yanagishita)

ケレン・エラザリ: ハッカー、インターネットの免疫系

サイバーセキュリティの専門家ケレン・エラザリは、こう主張します。ハッカーの素晴らしさは、私達が進歩し改善するように、彼らが仕向けている点であると。確かに悪いハッカーもいますが、政府の不正と戦い、私達の権利を擁護するハッカーもたくさんいるのです。彼らは弱点を暴くことで、ネットをより強固で健康的なものにしています。そしてより良い世界を作り出すために、自分達の能力を発揮しているのです。 (TED2014、翻訳 Kazunori Akashi、校正 Misaki Sato)

ジャック・アンドラカ 「がんの無い世界」 (TEDxOrangeCoast)

「複雑な問題でも単純に解決できることがある」とジャック・アンドラカは言います。ジャック・アンドラカは15才の高校生ですが、すい臓・卵巣・肺のがんを迅速に早期発見できる、試験紙のような安価で高感度なセンサーを発明しました。 (翻訳 Akinori Oyama、校正 Masaki Yanagishita)

2014年11月2日日曜日

農作物保険―種をまく価値のあるアイデア

サハラ以南のアフリカ諸国では、小規模農家が国と地域の経済の基盤を支えています。しかし、それは天候が安定しており、作物を収穫することができればの話です。解決策は、広く大陸レベルで、手の届く安い価格で、保険が提供されることです。ケニアに住む、ローズ・ゴスリンガと彼女が率いるチームは、農期の始めに作物がだめになってしまった農家に、作付けに再挑戦するチャンスを与える新しい方法を生み出しました。
(TEDSalon Berlin 2014、翻訳 Moe Shoji、校正 Mari Arimitsu)

性暴力に対して声を上げよう | ミラ・ヴィジャヤン | TEDxHousesofParliament

ミラ・ヴィジャヤンは社会改革やエンパワメントのために、デジタル・メディアを利用して活躍しているジャーナリストで、市民ジャーナリストのプラットフォームを通して活動しています。デリーのレイプ事件の影響に関するレポートにより、2013年に彼女はCNN-IBN市民ジャーナリスト賞を受賞しました。この力強い講演の中でミラは性暴力の問題を解決することは、一人一人が声を上げることから始まるというアイデアを提案します。
(翻訳 Taemi Koizumi、校正 Mari Arimitsu)

シュレディンガーの猫が量子力学について教えてくれること - ジョシュ・サマニ

私たちが日常生活で出会うのは古典物理の世界であり、原子のような小さなスケールの世界を司る量子力学とは全く異なります。量子力学の不思議さを示す素晴らしい例はシュレディンガーの猫という思考実験です。ジョシュ・サマニと共に量子もつれの実験を検証していきましょう。(レッスン:ジョシュ・サマニ、アニメーション:ダン・ピント、翻訳 Misaki Sato、校正 Tomoyuki Suzuki)
このレッスンの全編はこちら:http://ed.ted.com/lessons/what-can-schrodinger-s-cat-teach-us-about-quantum-mechanics-josh-samani

2014年10月28日火曜日

ゾウの家族のかたち ― ケイトリン・オコネル=ロドウェル

生物学者のケイトリン・オコネル=ロドウェルは、ゾウについて20年間研究して、ある大きな結論にたどり着きました。ゾウは私たちと似ているのです。このTEDYouth のトークで、オコネル=ロドウェルは、この素晴らしい社会的な動物を観察した研究成果について詳しく語ります。私たち人間と奇妙なほどそっくりな、親密な親戚関係の中で互いに演じたり、絆をはぐくんだり、けんかをしたりする、いくつかの(かなり見覚えのある)性格について調べたのだと言います。 講師:ケイトリン・オコネル=ロドウェル、翻訳 Moe Shoji、校正 Tomoyuki Suzuki) *レッスンの全編を見る: http://ed.ted.com/lessons/the-family-structure-of-elephants-caitlin-o-connell-rodwell

海馬を切除すると、どうなるか?-サム・キーン

ヘンリー・モレゾン(今ではH.M.として広く知られています)は事故で頭蓋骨を損傷し、失神やてんかん発作を起こすようになりました。彼を治療するために、無鉄砲なウィリアム・スコヴィル医師はH.M.の海馬を切除しました。幸運にも、発作そのものはなくなりました―しかし,長期記憶までなくなってしまったのです!サム・キーンは、この驚くべきH.M.の症例が脳と記憶について教えてくれることを詳しく説明してくれます。 (講師:サム・キーン、アニメーション:アントン・ボガティ、翻訳 Naoko Fujii、校正 Reiko O Bovee) このレッスンの教材:http://ed.ted.com/lessons/what-happens-when-you-remove-the-hippocampus-sam-kean

ハンナ・フライ|この世はそんなに複雑?|TEDxUCL

ロンドン暴動の数理モデルを考察しながら、ハンナ・フライがモデル化について論じます。社会をモデル化することで、どれほど社会を良く理解できるのでしょうか。また、ヘルスケアや警察の問題から政策まで、皆にかかわるシステムのデザインがいかに良くなるのでしょうか。 (翻訳 Takahiro Shimpo、校正 Eriko Tsukamoto)

ウェス・モーア: 退役軍人との戦争の話し方

ウェス・モーアがアメリカ陸軍に入隊したのは、大学の費用のためでした。しかしそこでの体験は彼の中核を成すものとなりました。「The Other Wes Moore」の著者であり、落下傘兵の隊長でもある彼は、心からの本トークで、アフガニスタンから帰った時の衝撃の体験を伝えます。民間人から繰り返し聞かされたある言葉について、どうしてそれで十分でないかを訴えかけます。退役軍人たちに彼らの物語を請い、聞くことは私たちの使命なのです。 (TEDSalon NY2014、翻訳 Keiichi Kudo、校正 Claire Ghyselen)

ニュースの選び方 - デーモン・ブラウン

インターネットやソーシャルメディアの発達によって、ニュースは、かつてないほど数多くの様々なメディアから思いもよらない速さで配信されるようになりました。私たちはどのニュースに耳を傾ければ良いのでしょうか。デーモン・ブラウンは意見や事実(時には事実ではないこともありますが)がどのようにニュースとして出来上がっていくのか、そして賢明な読者はどのようにそれを見分けるのかについて、内側から解き明かします。 (レッスン:デーモン・ブラウン、アニメーション:Augenblick Studios、翻訳 Suzumi Nakamura、校正 Tomoyuki Suzuki) 参照:http://ed.ted.com/lessons/how-to-choose-your-news-damon-brown

ビリー・コリンズ: 犬の気持ち(だと思われるもの)についての2編の詩

犬は私たちを見て、どう思っているのでしょうか?詩人のビリー・コリンズは2匹のまったく異なる犬の気持ちを想像してみたと言います。少し休憩がてら想像の世界に遊ぶのにぴったりの、茶目っ気のある短いトークです。 (TED2014、翻訳 Moe Shoji、校正 Claire Ghyselen)

ミーガン・ラムジー: 自分をブスだと思うことがなぜ悪いのか

月に1万人もの人が「私はブス?」とネット検索するという現実があります。『Dove 自尊心向上プロジェクト』のミーガン・ラムジーはこの大部分が若い女の子たちからのものだと感じています。この聞き捨てならないような話の中で、彼女は体型や容姿への自信のなさが、学業成績の低さからドラッグやアルコールへのリスクまで、どれほどの影響を及ぼすかについて教えてくれます。そして最後に、我々がどうすればこの現実を変えていけるのかについて話しています。 (TED@Unilever 2014、翻訳 Mariko Thompson、校正 Shoko Takaki)

光は宇宙の謎を解き明かす - ピート・エドワード

人類は長年の間、宇宙を眺め「宇宙はいつ始まり、終わるのか? 」という壮大な疑問を問い続けてきました。 宇宙学者は答えを見出すべく熱心に探究してきましたが、一体、手掛かりはどこにあるのでしょうか? その答えは光です。ピート・エドワードは光がもたらす6つメッセージの概略を説明し、これを統合することで天文学者に膨大な量の情報を開示しています。 (講座 ピート・エドワード 、アニメーション:ビーバン・リンチ、翻訳 Tomoyuki Suzuki、校正 Masako Kigami) *このビデオの教材: http://ed.ted.com/lessons/what-light-can-teach-us-about-the-universe-pete-edwards

正直な嘘つきたち:自己欺瞞の心理 | コートニー・ウォーレン | TEDxUNLV

情報やコツ、つながりを提供することで、コートニー・ウォーレン博士はもっと意識的な人生を送ろうとする勇敢な人たちを支援することを目標としています。というのは、本当の自分の姿に正直である時、我々は変化する機会を得ることができるからです。 (翻訳 Naoko Fujii、校正 Emi Kamiya)

シャイ・レシェフ: 超・低コストでとれる大学の学位

オンラインの「ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル」では、高卒の人なら誰でも経営学又はコンピュータサイエンスの学位に向けて授業を受講することができます―標準的な授業料は不要です(ただし試験は有料です)。創立者のシャイ・レシェフ氏は、高等教育が「少数の人の特権からすべての人にとっての権利であり、手頃でアクセスしやすいもの」へと変化することを期待しています。 (TED2014、翻訳 Naoko Fujii、校正 Shoko Takaki)

古代ギリシアの音楽は古典的ロックの源流だった - ティム・ハンセン

あなたは音楽が好きだと思っていますか?でも古代ギリシア人のこだわりにはかないません。ギリシア人の生活のあらゆる側面は音楽によって特徴づけられていました。歴史,詩,劇,スポーツや天文学まで。実際に,ギリシア人哲学者プラトンにとって音楽は非常に重要なもので,彼はそのため,われわれが聴く音楽は直接的に私たちの道徳原理にまで影響を与えると述べたのです。ティム・ハンセンは,我々が今聞いている音楽について、プラトンなら何と言うだろうかと考えています。 (講師:ティム・ハンセン、アニメーション:TOGETHER、翻訳 Naoko Fujii、校正 Tomoyuki Suzuki) http://ed.ted.com/lessons/music-in-ancient-greece-the-original-classic-rock-tim-hansen

ダリア・ファン・ベルケン: なぜピアノを路上や空中に持ち出すのか

ピアニストのダリア・ファン・ベルケンはゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのバロック鍵盤音楽に恋をしています。今、彼女は他者の中に、この情熱の火をつけることを目指しています。このトークの中で、彼女はヘンデルの激しい感情の浮き沈みを奏でてくれますー空中を飛び、街角を走り、もちろんステージ上で、ピアノを操りながら。 (TEDSalon Berlin 2014、翻訳 Shoko Takaki、校正 Claire Ghyselen)

なぜ自分が実在すると思いますか? - ジェームズ・ザッカー

あなたが実在することがなぜ分かりますか?実在とは単なる大きな夢なのでしょうか?頭のおかしい科学者が私達が存在していると信じ込ませようとしているのでしょうか?ジェームズ・ザッカーがこの難解なルネ・デカルトの『省察』への賛辞の中で、これらすべての問いを検証します。 (レッスン:ジェームズ・ザッカー、アニメーション:ストレッチ・フィルム、翻訳 Masako Kigami、校正 Tomoyuki Suzuki) *レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/how-do-you-know-you-exist-james-zucker

ウィル・ポッター: 非暴力の抗議活動を犯罪とする法改正について

2002年、調査報道記者でTEDフェローのウィル・ポッター氏は、シカゴトリビューン紙に書いていた記事“銃撃と殺人事件”についての報道を中断することにしました。  その後、動物実験に反対する抗議デモに参加した彼は「積極的な何かをする安全な方法」だと思っていましたが、それどころか逮捕されてしまったのです。この体験が発端となって、テロの汚名を着せられながらも、彼は平和的な抗議活動を始めたのです。 (TED2014、翻訳 Yuko Masubuchi、レビュー Chikara Shimizu、Chizu Sato)

ユルドゥス・バハショージナ: 皮肉をこめた写真でステレオタイプをひっくり返す

アーティストのユルドゥス・バハショージナは、写真を使って母国ロシアの社会規範を皮肉ります。ロシアの若者文化をちょっとのぞいてみましょう。そして少しの間楽しみながら考えてほしいのは、自分についてあまり深刻に捉え過ぎないということです。
(TED2014、翻訳 Kazunori Akashi、校正 Hada Fong Ha Ieong)

言葉の不思議:“Yankee” ― ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール

くだらないやつのことでしょうか? それとも野球チームの名前? “Yankee” という言葉の起源はあまりはっきりしませんが、アメリカで悪口として用いられてきたことはよく記録に残っています。ジェシカ・オレックとレイチェル・ティールが、革命以前から現在に至るまで、この“yankee” という言葉が使われた様々なレベルでの軽蔑の感情をたどります。 (講師:ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール、アニメーション:ジェシカ・オレック、翻訳 Moe Shoji、校正 Masaki Yanagishita) *レッスンの全編はこちら:http://ed.ted.com/lessons/mysteries-of-vernacular-yankee-jessica-oreck-and-rachael-teel

言葉の不思議:“Jade”― ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール

今ではその美しさと緑色で知られていますが、翡翠(ひすい)はかつて腎臓の治療に効くといった魔力を持っていると考えられていました。ジェシカ・オレックとレイチェル・ティールが、15世紀からスペイン、そして現在に至るまで、この言葉が辿ってきた道のりを(そして“jaded”「疲れ切った」という言葉が語源からして全く関係がない理由を)教えてくれます。
(講師:ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール、アニメーション:ジェシカ・オレック、翻訳 Moe Shoji、校正 Masaki Yanagishita)
*レッスンの全編はこちら:http://ed.ted.com/lessons/mysteries-of-veracular-jade-jessica-oreck-and-rachael-teel

パンデミックはどのようにして起こるのか?

世界は急速にグローバル化が進んでいます。感染した人が飛行機に乗るだけで、ウィルスが世界中に拡がる可能性があります。パンデミックの歴史とそこから得た知識を生かして、将来のパンデミックにどのように備えていけば良いのでしょうか? 医学歴史家で感染症に関する多くの著書を執筆しているジャーナリストのマーク・ホニフスバウムが感染症の歴史とその背景を例に、現代社会におけるパンデミックのリスクと予防策を解説します。 "パンデミックはどのようにして起こるのか?" (制作:マーク・ホニフバウム(http://www.markhonigsbaum.co.uk)、動画制作:パトリック・ブロワー (http://www.patrickblower.com)、翻訳 Yuko Masubuchi、校正 Masaki Yanagishita) View the full lesson: http://ed.ted.com/lessons/how-pandemics-spread

アラン・ジョーンズ: 脳の地図

脳の機能を理解するには、どこから始めることが出来るでしょうか?街を理解し始める時のように、地図を作りましょう。この魅力的な映像あふれる講演をとおして、アラン・ジョーンズは、いかにして脳の各部分で活性化している遺伝子を特定した地図や、脳の異なる部位がどのように連結されているかという地図を、彼のチームがどうやって作っているのか紹介します。 (TEDGlobal 2011、翻訳 Takahiro Shimpo、校正 Masaki Yanagishita)

ミラ・ヴィジャヤン: 性暴力に対して声を上げよう

この講演は耳を塞ぎたくなるような性暴力の体験談から始まります。しかし、市民ジャーナリストのミラ・ヴィジャヤンは、それこそが重要だと主張します。難しくてタブーとされているトピックを話すことが変化のきっかけになるのです。ヴィジャヤンはデジタルメディアを利用して、母国インドでの性暴力にまつわる彼女自身の体験を率直に語っています。そして他の人にも声を上げるよう呼びかけます。 (TEDxHousesOfParliament 2014、翻訳 Taemi Koizumi、校正 Mari Arimitsu)

クレイグ・ヴェンター: DNAと海

クレイグ・ヴェンターの叙事詩的な世界周遊の探検も一休みです。彼は海洋生物多様性の分布を研究する中でこれまでに発見した何百万もの遺伝子について語ります。 (TEDGlobal 2005、翻訳 Masaki Yanagishita、校正 Eriko Tsukamoto)

モシェ・サフディ: アパート建築を改革する

1967年、モシェ・サフディは画一的なアパート建築をつくり変え、各ユニットが前例の無いような開放感を提供する「アビタ67(Habitat 67)」を発表しました。50年近く経ったいま、彼はこのタイプの建物の必要性が今まで以上に高まっていると信じています。この短いトークの中で、サフディは高層建築の代わりに光が稠密な都市に浸透するような様々な建築プロジェクトの概観を紹介します。 (TED2014、翻訳 Eriko Tsukamoto、校正 Kayo Kallas)

ポーラ・ジョンソン: 彼、そして彼女の...ヘルスケア

すべての細胞において、性の違いが存在します。これは男女間は細胞レベルにおいて異なるということを意味しています。しかし、往々にして研究、あるいは医療の現場では、この本質が見過ごされてきました。両性で病気や治療のはたらき方に大きな違いがあることについてもです。パイオニアとしてポーラ・ジョンソン博士は全員をひとまとめとして扱うことは女性の健康を運まかせにすることなのだと述べています。このことについてもう一度考え直す必要があるでしょう。 TEDWomen 2013、翻訳 Seigyoku Shi、校正 Takahiro Shimpo)

秘密を知っている?それは演劇的なアイロニー(皮肉) - クリストファー・ウォーナー

あなたは映画館で新しいホラー映画を見ています。視聴者は主人公の知らないことを知っています。視聴者は登場人物の行動は彼の為にならないことを知っています。この感情はいったい何でしょう-まるで画面に向かって叫びたくなるような。クリストファー・ウォーナーが物語を伝える技法、演劇的なアイロニー(皮肉)について説明します。 (レッスン:クリストファー・ウォーナー、アニメーション:ベン・ピアース、翻訳 Satoko Tasaka、校正 Tomoyuki Suzuki) *レッスンの全編はこちら:http://ed.ted.com/lessons/in-on-a-secret-that-s-dramatic-irony-christopher-warner

マシュー・オライリー: 「私は死ぬのでしょうか?」真実を答える

マシュー・オライリーはニューヨークのロングアイランドで活躍しているベテラン救命救急医療技術者です。ここでは、重傷を負った患者が彼に「私は死ぬのでしょうか?」と質問を投げかけた後、どうなるのかということについて語っています。
TED@NYC 2014、翻訳 Rie Hiramatsu、校正 Takamitsu Hirono)

幹細胞って何?

将来、人それぞれに合わせた薬が出来ますか?可能性はあります。幹細胞-身体のどんな部分にもなれる、まだ分化していない細胞-を使って。この素晴らしい変化可能な細胞の役割と、科学者が医療の可能性をどのように利用しているのか、クレイグ・A・コーンが解説します。
(解説:クレイグ・A・コーン、アニメ: カイーダ・マイ、翻訳 Yuriko Hida、校正 Masaki Yanagishita)
レッスンの全編はこちら:http://ed.ted.com/lessons/what-are-stem-cells-craig-a-kohn

言葉の不思議:“Fizzle”― ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール

くさくて下品な意味に始まりはしたものの、“fizzle”という言葉の歴史は馬鹿にするようなものではありません。ジェシカ・オレックとレイチェル・ティールが、おなかにたまったガスから、失敗や望ましくない結末という現代の意味に至った道のりをさかのぼります。 (講師:ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール、アニメーション:ジェシカ・オレック、翻訳 Moe Shoji、校正 Masaki Yanagishita)

言葉の不思議:“Keister” ― ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール

元は編んで作った入れ物という意味でしたが、“Keister”という言葉は様々なところにその由来があります。泥棒の盗み道具一式? 正解。金庫?それもまた、正解なのです。では、どうしておしりと関連づけられるようになったのでしょうか?ジェシカ・オレックとレイチェル・ティールが、“Keister”という言葉の真相を明らかにします。
(講師:ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール、アニメーション:ジェシカ・オレック、翻訳 Moe Shoji、校正 Masaki Yanagishita)
レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/mysteries-of-vernacular-keister-jessica-oreck-and-rachael-teel

言葉の不思議: “Sarcophagus” ― ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール

初期のローマ帝国にさかのぼると、この「石棺」という言葉はもともと「棺」そのものというよりも、棺の材料である「石灰岩」のことを指していました。 肉を食む石という意味から、石でできた棺という意味に至るまで、ジェシカ・オレックとレイチェル・ティールが“sarcophagus”の意味を掘り起こします。 (レッスン: ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール、アニメーション: ジェシカ・オレック、翻訳 Moe Shoji、校正 Masaki Yanagishita) レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/mysteries-of-vernacular-sarcophagus-jessica-oreck-and-rachael-teel

クリス・ドーマス: サイバー戦争の背後にある 0 と 1

クリス・ドーマスはサイバーセキュリティの研究者であり、「サイバー」という新たな戦線で活躍しています。本トークで彼は、目的や内容が未知のバイナリコードのまとまりを把握するために、研究者はどのようにパターン認識やリバースエンジニアリング(そして若干の徹夜)を活用できるかを紹介します。 (TEDxColumbus 2013、翻訳 Keiichi Kudo、校正 Tomoko Sawaki)

サイモン・アンホルト: どの国が世界にとって最も「善良な」国なのか?

それはグローバリゼーションの副作用でした―例えば銀行の過融資は、かつては限られた地域での問題でしたが、今は世界規模で波及するものです。しかし未だに、あたかも地球上の唯一の国であるかのように、各国は独自で国家を運営します。ポリシーアドバイザーのサイモン・アンホルトは各政府の考えを外部へ表出させるようなユニークな基準、「善良国家指数」を創り出しました。ワクワクする本トークで、彼は「どの国が世界にとって最も「善良な」国なのか?」という問いに答えます。その答えは、(特にアメリカや中国に住んでいる人にとっては)驚くべきものでしょう。
(TEDSalon Berlin 2014、翻訳 Masami Hisai、校正 Takamitsu Hirono)

ストレスはニキビの原因? / クラウディア・アギッレ

ストレスとニキビ、因果関係はどうなってるの?ニキビができるのは、ストレスに対する身体の反応が原因だけど、これではもっとストレスが溜まってしまいますね。 クラウディア・アギッレはストレスをコントロールするべき別の理由も紹介しています。(先生 クラウディア・アギッレ、アニメーション アラン・フォアマン、翻訳 Takahiro Shimpo、校正 Masaki Yanagishita)
※このビデオの教材がed.ted.comにあります:
http://ed.ted.com/lessons/does-stress-cause-pimples-claudia-aguirre

脳疾患としての精神疾患 | トーマス・インセル | TEDxCaltech

トーマス・インセルは、私たちは精神疾患に対する見識を変えるべきで、精神科的症状が現れる前に、脳疾患の早期発見、早期介入で多くの人の命を救えるはずだと語ります。 (翻訳 Reiko O Bovee、校正 Masako Kigami)

ダン・バラシュ: ニューヨークシティの喧騒の下にある公園

ダン・バラシュとジェームス・ラムゼイにはニューヨークシティの下に、緑溢れる公園を造るというクレイジーな計画があります。二人は1948年以降放置された市街電車のターミナル駅を利用し、「ローライン」というフットボール競技場の大きさの地下公園を建設しています。地上の太陽光を捉え地下へ導き込む技術を駆使して作られるこの公園なら冬も市民は凍えることが無いでしょう。 TED@NYC 2014、翻訳 Eriko Tsukamoto、校正 Takafusa Kitazume)

ニック・ハノーアー: 超富豪の仲間たち、ご注意を ― 民衆に襲われる日がやってくる

ニック・ハノーアーは金持ちであり、頑固な資本家でもあります。そして彼には超富豪の仲間たちに言いたいことがあります。「目を覚ませ!」格差の拡大により私たちの社会は革命前のフランスを髣髴とさせる状態に追いやられてしまいそうです。なぜ最低賃金の大幅な引き上げが中産階級の成長や経済的繁栄をもたらし、革命を阻止することができるのか。彼の主張を聞いてみましょう。
(TEDSalon NY2014、翻訳 Emi Kamiya、校正 Yuka Rieser)

言葉の不思議:“Dynamite”― ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール

爆発という意味を持つ、「ダイナマイト」という言葉の過去は語源に基づいているとともに歴史的でもあります。ジェシカ・オレックとレイチェル・ティールが、どのようにしてアルフレッド・ノーベルがダイナマイトを発明したかを解説します。
(レッスン:ジェシカ・オレックとレイチェル・ティール、アニメーション:ジェシカ・オレック、翻訳 Moe Shoji、校正 Masaki Yanagishita)
レッスンの全編はこちら:http://ed.ted.com/lessons/mysteries-of-vernacular-dynamite-jessica-oreck-and-rachael-teel

子どもとクッキング | リン・ウォルターズ | TEDxAcequiaMadre

元レストラン経営者のリン・ウォルターズは、料理とガーデニングへの情熱を執筆や研究、子どもたちとの活動に注いでいます。
(翻訳 Chika Bauer、校正 Takamitsu Hirono)

ティム・バーナーズ=リー: ウェブのための大憲章

ティム・バーナーズ=リーは25年前にWWWを開発しました。ですから、彼の警告には耳を傾ける価値があります。闘いが近づいています。侵されるネットの中立性、フィルターバブル、企業による集中的なコントロール、これらすべてがウェブの広く開かれた空間を脅かしています。開かれたウェブでの自由なアクセスという権利を勝ち取れるかどうかはユーザー次第です。そして問題は、私たちが理想とするウェブがどんなものかということなのです。
(TED2014、翻訳 Megumi Miki、校正 Kazunori Akashi)

スポーツ心理学:チャンピオンの頭の中 | マーティン・ハガー | TEDxPerth

マーティン・ハガーはスポーツのチャンピオンたちが心の準備を整えるために用いるテクニックを概観します。そしてこれらのテクニックに関する科学的研究や、それらをアスリートやコーチが最高のパフォーマンスのためにどう使うのかについて詳しく説明しています。
(翻訳 Naoko Fujii、校正 Masaki Yanagishita)

シェリーン・エルフェキ: HIV ― 悪法の伝染といかに闘うか

HIV感染の大流行は、悪法の大流行とともにある ― 悪法というのは、HIV陽性であることを事実上犯罪者扱いするような法律のことです。ドーハで行われたTEDxSummitで、TEDフェローのシェリーン・エルフェキが、こうした法律は侮辱に基づいているだけでなく、この病気の蔓延を助長しているのだと力強く論じます。
(TEDxSummit 2012、翻訳 Moe Shoji、校正 Masaki Yanagishita)

ガン細胞の行動は健全な細胞とどう違うのか? / ジョージ・ザイダン

ガン細胞はどのように増殖するのでしょうか?化学療法はどのようにガンに対処し、どうして望まぬ副作用を生じるのでしょうか?答えは細胞の分裂に隠されています。ジョージ・ザイダンが、ガン細胞の急速な細胞分裂が強みであり、また弱みにもなるメカニズムについて説明します。 (先生 ジョージ・ザイダン、アニメーション TED-Ed、翻訳 Takahiro Shimpo、校正 Masaki Yanagishita) ※この教材のページ http://ed.ted.com/lessons/how-do-cancer-cells-behave-differently-from-healthy-ones-george-zaidan

デイビッド・ゴンザレス「共生: 驚くべき生物種間の協力のお話」

異なる種と種はしばしばお互いに頼りあっているものです。デイビッド・ゴンザレスがホシガラスとホワイトビークの驚くべき関係性を例に挙げて、お互いに助け合う種と種の関係、共生について説明してくれます。
(翻訳 Takahiro Shimpo、校正 Masaki Yanagishita)

ジャッキー・サビッツ: 海を保護して世界に食料を

海洋生物学者が世界の食糧問題について何を語れるでしょうか。世界の海の課題を解決することで10億の飢えた人々に食料を提供できるとジャッキー・サビッツは述べています。この目からウロコのトークでは、世界の漁業が置かれた窮状を述べ、いかに巧みにその回復を援助しながら同時に人類のための食料を増やすことができるのかということを、サビッツが語ります。
(TEDxMidAtlantic 2013、翻訳 Natsuhiko Mizutani、校正 Mari Arimitsu)

にんじんクラリネット | リンゼイ・ポラック | TEDxSydney

リンゼイ・ポラックはオーストラリアの音楽家、楽器製作者、作曲家、音楽監督、地域の音楽のまとめ役などをしています。ほんの5分間のトークで、電動ドリル、にんじん、サクソフォンのマウスピースを使ってにんじんからクラリネットを作り、演奏まで全てこなします。(翻訳 Masako Kigami、校正 Reiko O Bovee)

エイミー パーディ: 限界への挑戦

エイミー パーディは19歳の頃 、ひざから下の両足を失いました。しかし 、現在はプロのスノーボーダーとして活躍しています。 人生の困難を糧にし、そこからインスピレーションを受けることの重要性を、力強く、語りかけます。 (TEDxOrangeCoast 2011、翻訳 Yuka Miyoshi、校正 Yuji Morizono)

サリー・コーン: クリックするものを選ぼう

多くのオンラインニュースのサイトはニュースを伝えるという使命を超えて、公然と人を怒りに駆り立て(そしてページの閲覧を促し)ているように思えませんか?ニュース解説者のサリー・コーンは、こう提案しています。「あなたが怒りを覚えるように仕向けているだけのニュースとは関わりを持たないように。そうではなく、心から信頼できるニュースサイトにこそ、あなたの貴重なクリックを使いましょう」と。 (TED@NYC 2014、翻訳 shoko takaki、校正 Moe Shoji)

シェーカル・カプール: 我々は自らが語る物語である

創造性のひらめきはどこから湧いてくるのか?TEDインディアで、ハリウッドとボリウッドの映画監督シェーカル・カプール(『エリザベス』、『ミスター・インディア』)が彼の創造性の源を語ります。それは純然たる、完全なパニックです。彼は、人が内に秘める"物語の語り手"を解き放つための効果的な方法を示してくれます。(TEDIndia 2009、翻訳 Wataru Narita、校正 Natsuhiko Mizutani)

2014年9月30日火曜日

言葉の不思議:“Miniature”ジェシカ・オレック

“Miniature”という言葉の語源はラテン語ですが、その意味は赤色の染料が章の分かれ目を示すのに使われていた本に由来します。ジェシカ・オレックが、この言葉がどうやって「同類のものよりも小さい」というこんにち使われる意味に辿りついたかを解説してくれます。 (レッスンとアニメーション:ジェシカ・オレック、翻訳 Moe Shoji、校正 Masaki Yanagishita)
レッスンの全編はこちら: http://ed.ted.com/lessons/mysteries-of-vernacular-miniature-jessica-oreck

イサベル・アジェンデ: 情熱的に生きる方法 ― 年齢は無関係

作家のイサベル・アジェンデは71歳です。ええ、多少のシワはありますよ。でも彼女の考え方は素晴らしいのです。あらゆる年齢層の視聴者に向けられたこの率直なトークで、彼女は年を取ることへの不安と、情熱的な生き方を続ける意気込みを語ります。 (TED2014、翻訳 Emi Kamiya、校正 Natsu Fukui)

ウィリアム・ブラック: 銀行強盗のやり方(内部から、ってこと)

銀行監督官であったウィリアム・ブラックは、銀行の預貯金システムが、いかに不正に利用されているかを目の当たりにしてきました-そこでは無審査ローンや、その他の巧みな方策が2008年の米国金融危機を引き起こし、世界の経済を危機に陥れました。この魅力的なトークで、学者になったブラック氏が銀行強盗のベストな方法を解き明かします―それは内部から強盗することです。
(TEDxUMKC 2013、翻訳 Tomoyuki Suzuki、校正 Masako Kigami)

脳内時計を探して | ドメニカ・ビュエティ |TEDx ローザンヌ

ドメニカ・ビュエティは、人間の心がどのように時間を使いこなしているかを研究しています。時間感知の脳内ネットワークを見出すため、認知神経科学における実験結果を紹介します。
(翻訳 Chika Bauer、校正 Masaki Yanagishita)

2014年9月23日火曜日

スティーブン・パランビ: 水銀の足跡を追って

海の健康と私達自身の健康には、強固で驚くべき繋がりがある、と海洋生物学者スティーブン・パランビは言います。海の食物連鎖の底辺に溜まる毒が、どのように人間の体へと入っていくのか。彼は、日本の魚市場で発見された衝撃的な汚染の実例と共に説明します。彼の研究は、海と、そして人類を健康に導く道を指し示します。
(Mission Blue Voyage 2010、翻訳 Yukari Katagiri、校正 Masaki Yanagishita)

シモン・スタインバーグ:大自然によるペストコントロール、虫!

最高の農作物を求める声に答えるべく、シモン・スタインバーグはTEDxTelAvivで害虫と益虫についての違いについて、そして農薬を使わず益虫を使って害虫を退治することについて、話をします。 (TEDxTelAviv 2010、翻訳 yusi SHANG、校正 Masaki Yanagishita)

2014年9月19日金曜日

メーガン・ワシントン: なぜ人前で話す恐怖の中で生き続けるのか

メーガン・ワシントンはオーストラリアを代表する歌手の一人であり、ソングライターです。そして子供の頃から吃音を抱えています。この大胆に自分をさらけ出したトークの中で、彼女はどうやってこの言語障がいとつきあっているかを打ち明けます。「st」の文字が組み合わせられた単語をさけることに始まり、発話直前に言い変えて脳をだますことまで。そして、そうです、彼女は伝えるべき事を話す代わりに歌うのです。
(TEDxSydney 2014、翻訳 shoko takaki、校正 Ai Tokimatsu)