2018年8月16日木曜日

量子生命—どうやって物理学は生物学に革命を起こせるか | ジム・アル=カリーリ | TEDxSalford

ジム・アル=カリーリはサリー大学を拠点とする物理学教授で、著作活動、テレビ・ラジオ出演と並び、「科学への市民参加プログラム」の主任教授を務めています。科学知識の普及に熱心で、一般向け科学書を数多く書き、20か国語以上に翻訳されています。テレビでは科学ドキュメンタリーの案内役を務め、英国アカデミー賞にノミネートされた『Chemistry: A Volatile History(化学:不安定な歴史)』に出演、ラジオでは毎週放送のBBC Radio 4『The Life Scientific(科学者の人生)』の語り手をしています。また、王立協会マイケル・ファラデー賞、英国物理学会ケルビン賞を受賞しています。 BBC Fourの3回シリーズ『Atom(原子)』や『The Secret Life of Chaos(カオスの秘密)』のホストを務め、『Science and Islam(科学とイスラム)』では8世紀から14世紀にかけてイスラム世界で起こった科学的知識の飛躍的発展を紹介しました。BBC Radio 4や『Horizon』にも定期的に出演しています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

アラスター・グレイ: 偽物のハンドバッグがテロや組織犯罪の資金源となる仕組み

コピー品の財布や偽物のデザイナー腕時計を買うと、どんな悪影響があるのでしょう? 偽造品捜査官のアラスター・グレイによると、このような偽造品の売り上げはテロや組織犯罪の資金源につながると言います。 総額が約3兆円にも上る偽造品販売の地下経済について、知識を深めましょう。犯罪組織の関与や生産過程に利用される児童労働、そして偽造品販売を食い止める対策方法までわかります。グレイが「ありふれた日常に潜む偽造品販売の闇に目を向けましょう」と語っています。

なぜ外国語を学ぶ必要があるか?|シュブ・ドゥルブ|TEDxERHS

英語が共通言語の世界において、英語圏に住む我々は多言語の素晴らしさを忘れがちです。シュブ・ドゥルブは外国語の知識の社会経済的と文化的な利益について深く掘り下げます。 シュブ・ドゥルブは、他のアメリカ移民の第二世代と同様、数カ国語を話す家庭で育ち、他の外国語に対して憧れを持ち続けていました。英語やドイツ語、グジャラート語にまで及ぶ複数の言語と共に育ったシュブは、人々が気軽にコミュニケーションをとれる社会の為に多言語社会を推進する事に力を入れています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Madoka Mizumoto、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年8月15日水曜日

アミット・カルラ: ファッション業界のゴミ問題への3つの解決法

購入されない衣服は一体どうなるのでしょう? 昨シーズンのコートやズボン、タートルネックはどこかで使われると思っているかもしれませんが、そのほとんど(アメリカだけでも毎年実に1300万トンにも上ります)が、実際にはゴミとして埋め立てられているのです。ファッション業界は廃棄物問題を抱えており、アミット・カルラはそれを解決したいと考えています。カルラは、ファッション業界が環境に対してより良心的になるとともに、ビジネスで有利にもなりうるクリエイティブな方法を紹介します。

イリーナ・カリヴァ : 数学が解明するがんの秘密

イリーナ・カリヴァは生物学と数学の間の翻訳をしています。がんの動態を記述する数学モデルを作ることで、腫瘍を標的にした新薬の開発を目指しています。カリヴァは言います。「数学的モデルの偉力と美は、それが私たちが知っていると思うことを厳密な形で定式化させる点にあります。どこに目を向けるべきか、どこが行き止まりかを指し示してくれるのです」。そしてそのためにするのは、正しい質問を問い、適切な方程式に書き直し、その結果に生物学的意味付けをするということなのです。 (翻訳 Yasushi Aoki、レビュー Masaki Yanagishita)

サラ・デウィット: スクリーンと向き合う子供達に対する3つの不安―何故それが真実ではないのか

私達は1日に50回もスマホをチェックするのに、子供達がそれで遊ぶ時には神経質になってしまいます。スクリーンが児童期を台無しにしているのでしょうか?子供のメディア専門家であるサラ・デウィットはそうではないと言います。このトークを聞けば、夕食の支度をする間子供にタブレットを渡す時の罪悪感が少し減るかもしれません。デウィットは、デバイスを使う子供達を私達大人がワクワクしながら眺める未来を思い描きます。また、新たなテクノロジーによって子供達が成長し、繋がり合い、学ぶことができる様子を私達に見せてくれます。

次の氷河期はいつだろう? ー ロレイン・リシェツキ

地球が誕生してから気候は激しく移り変わってきました。例えば、何億年もの間、地球には極氷冠が存在しませんでした。そのため、海面は今よりも70メートルも高かったのです。もう一方の極端な例を言うと、約7億年前にはほぼ地球全体が氷に覆われていました「スノーボール・アース(全球凍結)」と言われる出来事です。このように極端な気候変動が起こるのはなぜでしょうか。ロレイン・リシェツキが解説します。 講師:ロレイン・リシェツキ アニメーション:CUB Animation *このビデオの教材 : https://ed.ted.com/lessons/when-will-the-next-ice-age-happen-lorraine-lisiecki

2018年8月13日月曜日

感情を表す表情は普遍的なのだろうか? ― ソフィー・ザデ

人間の顔にある約40の筋肉は、様々な組み合わせで動かすことで実にたくさんの表情を作れます。でもこうした表情は、世界中のどこの文化でも同じに見え、同じ意味を表すのでしょうか? 微笑みが、しかめつらに見えることもあるのでしょうか? ソフィー・ザデが探ります。 講師:ソフィー・ザデ、アニメーション:Estúdio Bacuri *この動画のレッスン:https://ed.ted.com/lessons/are-there-universal-expressions-of-emotion-sophie-zadeh

アーティストのような目で世界を見るには | スコット・マロリー | TEDxAbbotsford

アーティストのスコット・マロリーが、リズムというものがどのように私たち自身についての理解を深められるのか語ります。リズムのある動きを通して、もっと深く、言葉では表すことのできない方法で、アーティストと同じように物事を捉えることができるのです。さらに、アートだけでなく、私たちが歩き、話し、呼吸し、考え、瞬き、動いたりと、身の回りのどんなに小さなことにもリズムがあります。マロリーはこのようなリズムと関わることで、周りの世界と新たな関係を築いているのです。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Mizuki Deguchi、レビュー Natsuhiko Mizutani)

ヒップホップ講座、そして突然の名声|ストロマエ|TEDxBrussels

ストロマエはベルギー人とルワンダ人の血を引くシンガーソングライターです。2009年、NJRの音楽マネージャーがストロマエのデビューシングルを放送すると、彼は「一夜にして」有名人になりました。アルバム売上は数週間のうちにベルギーで1位となり、2010年5月までには数カ国で1位を獲得しました。TEDxBrusselsでは、自身の曲の制作手順を紹介しています。

2018年8月12日日曜日

ヴィクラム・シャーマ: 量子物理学はどのようにして暗号を強化するのか?

量子コンピュータ技術が進歩すると、それに伴って、想像できないほどに計算能力が高まっていきます。すると、データを保護するためのシステム(そして民主的なプロセス)がさらに危険にさらされます。しかし、差し迫ったデータの大惨事への対応策を練る時間はまだあるのだと、暗号理論の専門家ヴィクラム・シャーマは語ります。量子を量子で迎え撃つ方法 ―つまり、最先端の攻撃から防御する、量子物理学の力を応用したセキュリティ装置やプログラムの設計について学びましょう。 (翻訳 Tomoyuki Suzuki、レビュー Hiroshi Uchiyama)

2018年8月11日土曜日

鳥はどうやって鳴き方を覚えるの? ― パーサ・ミトラ

チャイロツグミモドキには、千通りものさえずりがあります。モリツグミは2ピッチでさえずります。マネシツグミは自動車の盗難防止アラームまでまねられます。これらは4千種いる鳴鳥のほんの一部にすぎません。鳥はどうやって鳴き方を覚えるのでしょうか? どうやって自分の種のさえずりをまねるのでしょうか?これは生まれつきさえずり方を知っているのでしょうか?パーサ・P・ミトラが美しい鳥のさえずりの世界を説明します。 講師:パーサ・P・ミトラ、アニメーション:TED-Ed *このビデオの教材 : https://ed.ted.com/lessons/how-do-birds-learn-to-sing-partha-mitra

マーガレット・グールド・スチュワート: ハイパーリンクはいかにすべてを変えたのか

ハイパーリンクはインターネットの基本となる部品です。それがいかに生まれたのかという奇妙な歴史を、ユーザー体験の専門家マーガレット・グールド・スチュワートが語ります。

2018年8月9日木曜日

「夢」ダンスパフォーマンス|ローズデールハイツ芸術学校ダンスカンパニー|TEDxIBYork

ローズデールハイツ芸術学校は、都市の中心にある活気に満ちた通期制の学校で、芸術に重点を置いた高い教育基準と、21世紀に成功するための知識と技術を学生に教えています。卒業生の多くは思い思いの大学かコミュニティカレッジへ進み、多くは奨学金をもらっています。 ローズデールハイツ芸術学校がカナダのトップ10校の1つに選ばれたとき、ローズデールハイツ芸術学校(RHSA)ダンスカンパニーが結成されました。彼らのパフォーマンスは、グエルフ現代ダンスフェスティバルから Winter Garden Theatreでのアメジスト賞、カナダの朝のニュース番組から人気番組まで幅広く取り上げられています。 ダンフォース音楽ホールでの「Riverdale Shares Christmas」、メトロホールでの「The Season of Peace」、White Ribbon VOX、Planet Parent、CODEカンファレンス、ヨーク大学でのTransformations Conference、WCAでのGirl Jamなどでも踊っています。トロント地区での盛んに公演を行うのみならず、ツアーでニューヨーク市、ニューオーリンズ、シカゴも訪れています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年8月7日火曜日

グレッチェン・カールソン: 職場でのセクシュアルハラスメントに終焉を

グレッチェン・カールソンが自身の経験した職場でのセクシュアルハラスメントについて口を開くと、それがインスピレーションとなり、世界中の女性たちが力を取り戻して、自分たちの経験を語り始めました。この素晴らしく力強いトークで、彼女は自分の経験を語るとともに、安全な職場を作るために3つのことができると話します。「私たち女性は、もはや過小評価されたり、脅かされたり、妨げられたりしないでしょう」と、カールソンは言います。「私たち女性は立ち上がり、声を上げ、世の中に轟かせるのです。私たちは女性として、あるべき姿になるのです」

エミリー・ナゴスキ: 不随意の性的興奮についての真実

性教育者のエミリー・ナゴスキが、セックスに関する最も危険な通説の1つについて解説し、「興奮の不一致」の裏側にある科学的要因を教えてくれます。「興奮の不一致」とは、身体反応と快感や欲求との間に断絶がある場合のことを言います。こうした親密かつ個人的な事柄は、居心地が悪く話しにくいことかもしれません。しかし、この率直なトークを通じてナゴスキは、この非常に重要な情報を判事、弁護士、パートナー、子供たちなどに伝えるようにと強く促します。「勇気を持って対話を持つたびに、この世界をほんの少し住みやすい場所にすることができるのです」と、ナゴスキは言います。(このトークには成人向けの内容が含まれています)

2018年8月6日月曜日

ポピー・クラム: 人の感情を読むテクノロジー

テクノロジーが私達のことを私達自身よりもよく知るようになったらどうなるでしょう? 感情が外面にどう現れるかを研究しているポピー・クラムは、ポーカーフェイスはもう終わりだと言います。新技術によって私達の感情を示す兆候が容易に検出できるようになっているためです。彼女は講演とデモを通し、「共感のテクノロジー」を使って、体温や呼気の成分といった肉体的な兆候から感情を読み取れることを示します。良くも悪くも、「技術によって共感能力者となることの効力を認めるなら、感情的、認知的な分断をテクノロジーで橋渡しできる可能性が生まれる」のだと彼女は言います。

2018年8月5日日曜日

ロイド・ペンドルトン: ハウジングファーストというホームレスへの取り組み

精神衛生上の問題を抱え長い間ホームレス状態の人に、路上から直接住居へ移ってもらったらどうなると思いますか?ロイド・ペンドルトンが、「ハウジングファースト」と呼ばれるホームレスへの取り組みの中で懐疑的な立場から信じる者へと変わった自らの経験を話します。ペンドルトンは、ハウジングファーストにおいて住む場所を失った人々に対し早急に無条件で永久的住居を見つけるための短期援助を行い、その結果としてユタ州での慢性的ホームレス人口を10年間で91%削減することに成功しました。 (翻訳 Midori T、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年8月4日土曜日

アラクネとアテーナーの神話 ― イゾルト・ギレスピー

ブタになった船乗り、芽生えて木になった妖精、見る人を石に変えてしまう目―ギリシャ神話は変身で溢れています。偉大な神々はたいてい、自らの意志で姿を変えますが、人間は、しばしば望まない変身をさせられてしまいます。イゾルト・ギレスピーは、織り手であったアラクネに降りかかったこの恐ろしい変身について語ります。 講師:イゾルト・ギレスピー、アニメーション:メッテ・イレーヌ・ホルムリス *このビデオの教材 : https://ed.ted.com/lessons/the-myth-of-arachne-and-athena-iseult-gillespie

ダニエル・ギブソン: DNAを人工的に作りインターネットで送る方法

生物学者のダニエル・ギブソンはDNAを編集し、さらにはプログラマーがコンピューターのプログラムを書くようにDNAのプログラミングをしますが、ここでの「プログラム」は、生命を作り出し、デジタル化された情報からタンパク質やワクチンといった生物学的物質を作る力を科学者に与えるものです。彼が現在進めている次なるプロジェクトは「生物学的瞬間移動」で、これは新薬をインターネットに乗せて世界中に瞬間的に届けられるようにしようというものです。この技術によっていかに突発する疫病への対応が変わり、個人に合った処方薬を家庭でダウンロードできるようになるかを学びましょう。

2018年8月3日金曜日

靴ひものさらに優れた結び方|ハンナ・ミカエリス|TEDxCoeurdalene

このトークではティーンエイジャーのハンナ・ミカエリス(そして有能なアシスタントで父親のマーク・ミカエリス)が靴ひもをずっと速く結ぶ方法を説明します。ハンナがこの速く靴ひもを結ぶ簡単なテクニックの説明と実演をする間、一緒に練習できるように靴を用意しておきましょう。 ハンナ・ミカエリスは、頭脳明晰で、好奇心と意欲が旺盛な若い女性です。彼女は学習を楽しみ、体操その他のスポーツが大好きです。家族と一緒に、米国内及び世界中の国々を訪れた経験があります。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

ブラジルのTED Translators|マリオ・ジオト|TEDxUSP

マリオ・ジオトが、TEDTranslatorsの取り組みを紹介し、参加協力を呼びかけます。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Hiroko Kawano、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年7月31日火曜日

休日が欲しいと思わない人生を送るには | デイヴ・コーンスウェイト | TEDxBrussels

成功した大人と言われるための条件を全て満たしたデイヴ・コーンスウェイトは、のちにその安定を手放し冒険の道を選んだいきさつを話します。成り行きからコミュニティを立ち上げ、そこで気づいたのは、人間にできる最も勇敢な行動は、自分が他者とは違うということを受け入れることだと言います。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Kaori Nozaki、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年7月30日月曜日

ネガティブモンスターが挑戦を続ける理由 | 木戸 彩 | TEDxKobe

脊髄損傷を負い「二度と歩くことはできない」と告げられた夫と、ふたりで「Re:Walk Project」を立ち上げた木戸彩。夫と同様、歩ける可能性がわずかな人にも「歩く希望」を与えるため、海外でのリハビリやWebでの情報発信、クラウドファンディングなど、次々とチャレンジを行っている。いつも新たな挑戦と隣り合わせている、彼女の背中を押すものは何だろうか。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (文字起こし Hideki Yakushiji、レビュー Kyoko Kamura)

2018年7月29日日曜日

卵落としの謎が解けるかな?―ヨッシー・エルラン

講師:ヨッシー・エルラン 監修: 非公開 *このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/can-you-solve-the-egg-drop-riddle-yossi-elran Check out our Patreon page: https://www.patreon.com/teded Thank you so much to our patrons for your support! Without you this video would not be possible! Yuh Saito, Sarabeth Knobel, Quentin Le Menez, Mattia Veltri, Fabian Amels, Sandra Tersluisen, Marcel Trompeter-Petrovic, PnDAA, Jose Fernandez-Calvo, Steph, Zhexi Shan, Gustavo Mendoza, Bárbara Nazaré, Josh Engel, Natalia Rico, Andrea Feliz, Olivier Brunel, Bernardo Paulo, Victor E Karhel, Sydney Evans, Latora Slydell, Noel Situ, Elliot Poulin, Emily Lam, Alex Neal.

英雄と悪人—ヒップホップは社会悪か治療薬か|レクレー| TEDxNashville

女性蔑視や暴力などの事柄をエンターテイメントに用いると、極悪非道な考え方が英雄扱いされ、それが固定観念化してしまいます。ヒップホップは私たちの時代において加害者的存在の一つですが、同時に、この状況を好転させることのできるアートの形でもあります。 レクレーは、音楽界で今年最大級に注目を集める人物で、急成長を続ける彼のシンデレラストーリーは至る所で取り上げられています。その活躍は、ローリングストーン、XXLマガジン、Vibeマガジン、ニューヨーク・タイムズ、ザ・アトランティック、ハフィントンポストの表紙から、ビルボード、バラエティ、Vulture等の産業貿易にまで及びます。ジミー・ファロンのテレビ番組『ザ・トゥナイト・ショー』での彼のパフォーマンスがアルバムリリース時期と完璧に合致し、自身のアルバム『Anomaly』からのヒット曲のパフォーマンスではファンを熱狂させました。BET Experienceでのパフォーマンス経験もあり、Dove Awardsでは共同司会を、そして、その地方で最もチケットが高額なことで知られるWinter Jamでは共同ヘッドライナーを努めました。また、今年のBETヒップホップ・アワードでは最優秀インパクト・トラック賞にノミネートされました。MTVのニュース・エグゼクティブ・プロデューサーであり全米放送のラジオ番組『The Wake Up Show』の司会でもあるスウェイ・キャロウェイは最近、レクレーを「ヒップホップ界の進化」と称しました。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

好奇心の木を育てよう | 若宮正子 | TEDxTokyoSalon

好奇心の種を心の中で育て、大きな木を実らせよう。何歳であっても興味さへあれば新しい未来は開かれる。マーチャンこと若宮正子は、定年後にネットで会話を楽しもうと、60歳よりパソコンを独習。1999年にシニア世代のサイト「メロウ倶楽部」の創設に参画した。戦中戦後を生きた人々の貴重な生の証言をデータベース化する「メロウ伝承館」を担当し、このプロジェクトが国連情報社会世界サミット大賞日本大会で最優秀賞を受賞。高齢者向けPC活用術として10年前に考案した「ExcelでArtを」はマイクロソフトから絶賛され、同社の公式コミュニティーの記事として寄稿されている。デジタルで創造する喜びを世界に伝えながら、本人も存分に楽しんでいる。シニアでもワクワクする気持ちさえ枯れなければ心は潤い、なんにだってチャレンジできる。さあ、あなたの心が躍る新しいことに挑戦してみませんか? このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (文字起こし Koichiro Yoda、レビュー Shoko Takaki)

ガウタム・バーン: 1億人分の家を作る大胆な計画

ムンバイ、デリー、チェンナイ、カルカッタなど、インドの全ての主要都市には、ある重大な共通点があります。仕事を求めて来た人を喜んで受け入れるという点です。しかし、その寛容性の裏側には何があるでしょうか?残念なことに、推定1億人分の家が不足しており、現在そのような人々のほとんどはインフォーマルな居住地に暮らしています。ガウタム・バーン氏は、人々の住居の専門家で研究者であり、この問題の新しい解決策を思い描いています。彼が、全ての人が安全で頑丈な家に住むというインド都市部の新しいビジョンを話します。

2018年7月27日金曜日

トゥリア・エル・ガラウイ: アフリカで盛り上がりを見せるアートシーン

アートフェア・キュレーターのトゥリア・エル・ガラウイが、アフリカ人やアフリカにルーツを持つアーティストによる、生き生きとした新作アートについて熱く語ります。エル・ガラウイが紹介してくれる現代アートは、美しくて感動的で刺激を与えてくれるもので、アフリカ人のアイデンティティやアフリカの歴史に関する力強い物語を伝えてくれます。その中には、セネガル人フォトグラファーのオマール・ビクトル・ディオプ、モロッコ人アーティストのハサン・ハジャジ、ジンバブエ人画家のクズナイ=バイオレット・ハワミの作品があります。「私たち自身の主体性や力強さといった感覚を蘇らせるのがアートであり、本当の意味で自分たちの物語を語ることができるのがアートなのです」 (翻訳 Misato Noto、レビュー Yuji Omori)

トゥリア・エル・ガラウイ: アフリカで盛り上がりを見せるアートシーン

アートフェア・キュレーターのトゥリア・エル・ガラウイが、アフリカ人やアフリカにルーツを持つアーティストによる、生き生きとした新作アートについて熱く語ります。エル・ガラウイが紹介してくれる現代アートは、美しくて感動的で刺激を与えてくれるもので、アフリカ人のアイデンティティやアフリカの歴史に関する力強い物語を伝えてくれます。その中には、セネガル人フォトグラファーのオマール・ビクトル・ディオプ、モロッコ人アーティストのハサン・ハジャジ、ジンバブエ人画家のクズナイ=バイオレット・ハワミの作品があります。「私たち自身の主体性や力強さといった感覚を蘇らせるのがアートであり、本当の意味で自分たちの物語を語ることができるのがアートなのです」 (翻訳 Misato Noto、レビュー Yuji Omori)

2018年7月26日木曜日

筋肉はどうやって働くのか? ー エマ・ブライス

あなたが足を一歩踏み出すたび、200もの筋肉が調和して足を持ち上げ、前方に運び、着地させます。これは筋肉組織の何千とある働きの一例にすぎません。650以上の筋肉のネットワークは全身に分布し、このおかげで私たちはまばたきをしたり、笑ったり、走ったり、跳んだり、まっすぐ立つことができます。筋肉はどんな仕組みになっているのでしょうか? エマ・ブライスが人体の仕組みを解き明かします。 講師:エマ・ブライス、製作指揮:ヴィヴィアン・リーザー *このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/how-your-muscular-system-works-emma-bryce Thank you so much to our patrons for your support! Without you this video would not be possible. Tony Trapuzzano, Devin Harris, Brandy Jones, John Ess, Jessica James, Barun Padhy, Dale Dualan, Simone Kidner, Shawn Quichocho, Gi Nam Lee, Joy Love Om, Narat Suchartsunthorn, Miloš Stevanović, Ghassan Alhazzaa, Duo Xu, Yankai Liu, Pavel Zalevskiy, André Spencer, Justus Berberich, Claudia Mayfield. Check out our Patreon page: https://www.patreon.com/teded

2018年7月25日水曜日

失敗の達人 | ケイレブ・ミーキンズ | TEDxManchester

ケイレブ・ミーキンズは「My 40 Days」の創設者であり、 Milkround による2013年度「年間最優秀新卒者」の受賞者である。ラフバラー大学にて土木工学修士号を取得するも、大学の名誉あるソーシャルエンタープライズ賞を獲得した後、起業家の道に進むことを決意する。 このビデオは、TED カンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営する TEDx イベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Kumika Moore、レビュー Riaki Hirota)

失敗の達人 | ケイレブ・ミーキンズ | TEDxManchester

ケイレブ・ミーキンズは「My 40 Days」の創設者であり、 Milkround による2013年度「年間最優秀新卒者」の受賞者である。ラフバラー大学にて土木工学修士号を取得するも、大学の名誉あるソーシャルエンタープライズ賞を獲得した後、起業家の道に進むことを決意する。 このビデオは、TED カンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営する TEDx イベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Kumika Moore、レビュー Riaki Hirota)

2018年7月24日火曜日

メンデレーエフ周期表の秀逸さ ― ルー・セリコ

ドミトリ・メンデレーエフ以前にも、元素の一覧表が作られ、注意深く並べられていました。それまでは似通った性質によって整理されていたのです。ではメンデレーエフの周期表の評判が長続きしている理由はどこにあるのでしようか?発見の1年前にメンデレーエフがその存在を予言したエカアルミニウムを例にとって、ルー・セリコが解説します。 講師:ルー・セリコ アニメーション:TED-Ed *このビデオのレッスン: http://ed.ted.com/lessons/the-genius-of-mendeleev-s-periodic-table-lou-serico (翻訳 Hiroshi Uchiyama、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年7月23日月曜日

音楽を越えて調和した人生へ | ジョルジオ・ファブリ | TEDxCluj

音楽は何のためか?この問いに対する最も一般的な答えは、遊び、娯楽、憩い、気晴らし等でしょう。このトークではジョルジオ・ファブリがこれとは別のある見方を紹介します。古代の哲学者たちはこの観点をすでによく理解しており、また、現代の神経科学者たちは、音楽が調和的かつ同時に脳の全体を活性化するとこの観点を裏付けています。私たちの生活の中に「音楽のフラクタル」が持つ性質に隠された秘密を取り入れることができることを、バッハ、モーツァルト、ブラームス、チャーリー・パーカーの例をあげて説明しています。 ジョルジオ・ファブリはプロとしての実績の中で、音楽、マネジメント、トレーニングを独自に融合します。自身は、音楽家(オーケストラ指揮者、演奏者、作曲家)、起業トレーナー、ビジネス及びライフコーチ、大学の非常勤講師を務めています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Midori T、レビュー Masaki Yanagishita)

多様性と仲間に招くこと — 友情と愛情のレッスン | マリアム・エレサー | TEDxAmanaAcademy

マリアムは個人的な話を通じて、優しさを見せれば、多様性とインクルージョン(仲間に招き入れること)が本当に意味するものを理解できると言います。彼女は「どんな格好をしているかによって人の見方が変わるなんて、あってはいけません。むしろ、私たちは行動と人柄によって判断されるべきです」と話します。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

ダブステップの科学|ジェームス・ハンバーストーン|TEDxOxford

TEDxOxford in 2016のテーマは「X を見つける」でした。ジェームス・ハンバーストーン氏は自身のトーク「ダブステップの科学」で、今の世代や将来の世代が「Xを見つける」には、どの国においても教育を改革し、抽象的思考ができる労働者の集団を形成していく必要があると提案しています。作曲家、科学技術者、音楽学者、音楽教育者であるハンバーストーン氏は、音楽は全てのアートの中で最も抽象的であると述べ、また、技術的に深みがあり、文化的に適切な音楽教育は、教育の焦点を、結果が影響力を持つ標準テストから、人を惹きつけ想像を掻き立てる生徒中心の学習へと移し、教育改革を先導することができだろうと主張します。同氏が人間が持つ音の知覚の素晴らしさを説明し、TEDの観衆が参加する12音を使ったダブステップソングを作ります。 ジェームス・ハンバーストーン氏は作曲家、科学技術者、教師として、音楽教育が21世紀の課題を乗り越え全ての教育をリードすることができると信じています。結局のところ、音楽より体験的、創造的で子供中心の科目はないと同氏は言います。「クラシックの」作曲家として教育を受けたジェームス氏は1997年にオーストラリアのシドニーに移住し、音楽ソフトや教育(子供から大人まで)の分野で働き、音楽学者としても仕事をしてきました。現在はシドニー音楽院で音楽教育の講師を務める傍ら、作曲家としても精力的に活動を続けています。最近の音楽的な作品に、オーストラリア国立海洋博物館にある廃艦になった駆逐艦と潜水艦の上に、常設されている電子アコースティックなインスタレーションがあります。2016年には、ヒップホップのアルバムに合作で取り組んでおり、連作歌曲を1曲作っています。また、シドニー大学初の(無料)大規模公開オンライン講座「The Place of Music in 21st Century Education」をwww.coursera.orgにて公開したばかりです。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Midori T、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年7月21日土曜日

クラウス・シュタドルマン: 世界最小の3Dプリンター

世界で一番小さな3Dプリンターがあったら、何ができるでしょうか?クラウス・シュタドルマンが、彼の小さくて廉価なプリンターをデモします。そのプリンターを使えば、いつかオーダーメイドの補聴器を作ったり、ヒトの髪の毛よりも小さな彫刻を作ったりすることができるかも知れません。

2018年7月19日木曜日

ヘレン・ジレット: 『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』

チェリストかつシンガーのヘレン・ジレットは、クラシックの素養をニューオーリンズに端を発するジャズや自由な即興技術と組み合わせて、様々な要素の混ざり合ったオリジナルの音楽を奏でます。力強くもメロディ豊かなパフォーマンスで、彼女は自作の曲『You Found Me(あなたが私を見つけてくれた)』を演奏します。

2018年7月18日水曜日

カルロス・バウティスタ: 地雷の残酷な論理と地雷の回避を支援するアプリ

50年間にわたるコロンビアの内戦により地方に地雷がばら撒かれ、偶然通りかかった罪のない人々が体の一部を失ったり命を落としたりしています。地域住民をそんな被害から守るため、TEDレジデントのカルロス・バウティスタは、地雷を追跡し、通行人が危険な場所に近づかないようにするアプリの開発に取り組んでいます。命を救う可能性を持ったこのツールが、紛争が終結しても地雷に苦しめられている国や地域にどうやって平和をもたらすかを学びましょう。

好奇心と映画 ― 「鷹匠」少女の物語|オットー・ベル|TEDxWakeForestU

ほとんどの人が知らない世界の文化やその生活についてのドキュメンタリー映画がどの様に作られるのか、考えたことはありますか?オットー・ベルは何故カザフの文化に魅せられ、カザフの人々の生活についてドキュメンタリーを撮ろうとしたのかを説明します。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

信州の薬草とチベット医学|小川康| TEDxSaku

小川康は、1970年富山県出身、東北大学薬学部卒。 卒論のテーマは「キラルな複素環化合物の合成研究」。 卒業後、北海道留寿都農業高校で理科の講師、佐渡島羽茂自然学園で小中学生の指導員、黒姫和漢薬研究所で薬草茶の研究開発、長野県で新規就農し薬草(当帰)栽培に取り組みつつ農閑期はドラッグストアで働く。 1999年、インドに渡ってチベット語を学び、2001年、メンツィカン(チベット医学・暦法大学)に合格。 2009年、チベット医の資格を取得し帰国。「チベット医学・薬草研修センター」を設立。 2013年4月より早稲田大学・文学学術院・国際教育学修士課程に進学。 研究テーマは「薬育の実践研究」。 2014年より信州の上田・小諸・佐久地域の山々を舞台とした「森のくすり塾」を開塾。 従来の薬剤師でもなく医師でもなく、古来、日本において活躍した採薬師を名乗り、薬草文化の復興に取り組んでいる。 著書 『僕は日本でたったひとりのチベット医になった』(径書房)2011年 ブログ チベット医学・薬草研修センター http://tibetherb.blogspot.com このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年7月17日火曜日

ニナ・ドルヴィク・ブロックマン、エレン・シュトッケン・ダール: 処女性にまつわる嘘

処女膜は、女性の身体の中でも最も誤解されている部位です。ニナ・ドルヴィク・ブロックマンとエレン・シュトッケン・ダールが、より良い性教育を通じて若者たちを力づける活動について語り、女性の処女性と処女膜に関して、一般的に信じられている(しかも有害な)根拠のない通説が誤りであることを解説します。 (翻訳 Moe Shoji、レビュー Mari Arimitsu)

2018年7月16日月曜日

アマゾネスは実在したのか — エイドリアン・メイヤー

ギリシア神話の荒々しく恐ろしい女戦士アマゾネスは、長い間想像上の存在と思われていました。しかし興味深いことに、古代のエジプトや、ペルシア、中東、中央アジア、インド、中国の古い物語にも、アマゾネスのような女戦士が登場します。そしてアマゾネスについては神話だけでなく、古代の歴史書にも記述があります。アマゾネスとして知られる女戦士は何者だったのでしょう? エイドリアン・メイヤーが探ります。 講師: エイドリアン・メイヤー アニメーション: シルヴィア・プリエトフ このビデオの教材: https://ed.ted.com/lessons/did-the-amazons-really-exist-adrienne-mayor (翻訳 Yasushi Aoki、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年7月15日日曜日

中国獅子舞と文化の継承 | 神戸華僑總會 舞獅隊 | TEDxKobe

神戸で最も古い歴史をもつ中国獅子舞のチーム、神戸華僑總會 舞獅隊。5代目隊長の盧健良(ろけんりょう)を中心に、年齢や性別が異なる多様なメンバーが、太鼓やシンバル、ドラを打ち鳴らし、ダイナミックな舞を披露する。華僑として、かつては祝いごとに欠かせなかった伝統文化を継承しながら、神戸の地に根付いた新しい世代のアイデンティティーを模索している。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (文字起こし Koichiro Yoda、レビュー Hiroko Kawano)

チャールズ・ヘイゼルウッド + ブリティッシュ・パラオーケストラ: ブリティッシュ・パラオーケストラのデビュー

世界には障がいがあっても並外れた才能をもつ演奏家が何百万人もおり、チャールズ・ヘイゼルウッドは彼らに演奏の場を作ろうと心に決めています。ブリティッシュ・パラオーケストラのデビュー演奏をご覧ください。

イケ・ウデ: 肖像写真で見る、前衛的なアフリカの美

その華やかなキャリアと作品群を通じて、イケ・ウデは西洋のメディアに溢れているアフリカ人達のネガティヴなイメージを拒絶する創造的な方法を発見しました。ウデが、これまでの作品を振り返りながら、多くの文化に由来する衣装や小道具、ポーズを一堂に組み合わせ、アフリカの多様で複雑な美しさを表現した肖像写真を紹介します。

2018年7月11日水曜日

TIME PAINTING “Spiralling Inspiration” | 仙石 彬人 feat. にしもとひろこ | TEDxKobe

「時間に絵を描く」をテーマに、ライブパフォーマンス"TIME PAINTING"を行う仙石彬人。3台のOHPを用いて投影される抽象的なヴィジュアルは、カラーインクやオイル、水などの液体を使ってまるで演奏するかのように即興で作られています。このトークでは、にしもとひろこがイメージをなぞるように紡いだ音を詠み歌う、声のサウンドアートとの共作を披露します。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

クリストファー・アテガカ: 養子になった私の人生

「才能は誰もが持っていても、発揮する機会があるとは限らない」と、TED Fellowのクリストファー・アテガカは言います。このチャーミングで人に希望を与える話の中で、彼は幼い頃に児童養護施設にいた話や、養子になったことで新しい文化を知る機会を得て、教育を受けることができ、才能を発揮することができた経験を紹介しています。彼は「世界の偏見や人種差別は無くせないかもしれません。しかし、ポジティブで誰をも受け入れ、繋がりある世界を創る子供を育てることは確実にできます。その世界は共感と愛と、そして思いやりで溢れています」と話します。

2018年7月9日月曜日

直径100mの小さなまちづくり | 木本 孝広 | TEDxKobe

空家やシャッターの閉まった商店が目立つ地域の一角に、突如入居待ちが後を絶たない賃貸物件が現れた。この建物をはじめとして、直径100mのアクティブな"まち"を作ったのは木本孝広。かつて「絶対に人が集まらない」とまで言われたこの地域に、賑わいを取り戻し、自律的な活性化を実現した。彼の考えは、「住む」という日常に新たな刺激を与えてくれる。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年7月7日土曜日

変化の波を起こす「スイッチ」の正体 | 佐々木 裕子 | TEDxTokyo

職業は「変革屋」 変化の激しい時代に最も必要な「変革」を、企業と人にもたらす仕事。 人は無限大のポテンシャルを持っていて、誰でも変わることができる。変化の波をもたらす究極の震源地とは一体何なのか、その「スイッチ」の正体を語っています。 彼女は様々な企業に対して、未来型組織へと革新することを実現してきました。 年間500名以上の企業人材に対して「変化」を起こし、現場や経営との「化学反応」を仕掛けることで、事業構造の変革、そしてダイバーシティの推進をプロデュースしてきています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年7月5日木曜日

障害ですって? 大いに結構、ありがとう!

試練に向き合った時、あなたならどうしますか? 5人の子どもの母であるクリスティーヌ・マイユールは、優秀な人についてもハンディキャップがある人についても、両方の立場を理解しています。このトークでは、その経験を活かして、人生のすべての試練を有利に且つ建設的に変え、学習と刺激の源にする秘訣を明かします。 クリスティーヌは数学(アグレガシオン)とフォイヤーシュタインの教員資格を保有し、神経科学も含む多数の分野で専門教育を受けています。困難を抱えて生まれた第4子のおかげで、普通とは違う道を歩んで来ました。その境遇とスキルを生かし、非営利団体で親たちを支援して、感情や認知機能を発達させるオリジナルの活用ツールを開発しました。Up brain ingという組織で、親や専門家に教育学によるトレーニングを行い、メタ教育学者による、子供や若者、成人のための能力向上の1週間集中トレーニングを主催しています。 このビデオはTEDカンファレンスとは独立して運営されるTEDxイベントにおいて収録されたものです。

2018年6月27日水曜日

暗闇の硬貨のクイズに挑戦 ― リサ・ワイナー

旅人の話を手がかりに地図を頼りに進むと、古代ステュクスの硬貨が隠された伝説のダンジョンの場所をつきとめることができました。良い話があり、それは、その城を所有する風変わりな魔法使いがその硬貨を持ち帰ることに気前よく同意してくれたことです。悪い話もあり、それは、この魔法使いがダンジョンからそう簡単に出してはくれないことです。あなたはクイズを解かなければならないのです…クイズに正解し、生還できるでしょうか?リサ・ワイナーが解き方を教えてくれます。 講師:リサ・ワイナー、アニメーション:Artrake Studio もっと問題を解きたい方はこちら:https://brilliant.org/TedEd/ 最後のおまけのクイズの答えはこちら:https://brilliant.org/tededcoinflip (翻訳 Suzuka Fukami、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年6月26日火曜日

私は中華テイクアウト店で文章の書き方を学んだ|ジェイン・ウオン|TEDxBellevueCollege

詩人のジェイン・ウオンはアイオワ作家ワークショップで美術学修士を得ましたが、実際に文章の書き方を学んだのは彼女の育った中華料理店だった、と説明します。彼女は自分の育った場所で見たものや音、感覚、におい、それから共に育った人々について述べながら幼いころの経験を描写し、その料理店へあなたをお連れします。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年6月24日日曜日

ジュリア・エンダース: 驚く程 魅惑的な腸のサイエンス

私達はどうやって大便をするか、考えた事がありますか?腸の事つまり消化やその他諸々が起こるシステムについて学びましょう。医師であり作家として、ジュリア・エンダースは精神医学との関連性も含め、消化器官の背後にある複雑で魅惑的な科学へと私達を誘います。ためらい遠ざけていた物をじっくりと観察する事によって私達は自らの身体に対する怖れから解放され、身体について、より正しく認識するようになるのです。 (翻訳 Shoko Takaki、レビュー Masaki Yanagishita)

どうして世界はうんこだらけにならないのか? ― エレノア・スレイド&ポール・マニング

動物界では毎日、ヴィクトリア滝を流れる水におよそ匹敵する量の糞が排泄されています。ではどうして地球は糞で覆われないのでしょうか?それは過剰な糞を黙々と食べ尽くしてくれる、ありがたい糞(フン)虫のおかげです。この優秀な昆虫は、どうやって果てしなく続く糞の山をあっという間に片づけてくれるのでしょうか?エレノア・スレイドとポール・マニングが説明します。 講師:エレノア・スレイド&ポール・マニング、アニメーション:アントン・ボガティ *このビデオの教材: https://ed.ted.com/lessons/why-isn-t-the-world-covered-in-poop-eleanor-slade-and-paul-manning (翻訳 Yuji Omori、レビュー Tomoyuki Suzuki)

どうして世界はうんこだらけにならないのか? ― エレノア・スレイド&ポール・マニング

動物界では毎日、ヴィクトリア滝を流れる水におよそ匹敵する量の糞が排泄されています。ではどうして地球は糞で覆われないのでしょうか?それは過剰な糞を黙々と食べ尽くしてくれる、ありがたい糞(フン)虫のおかげです。この優秀な昆虫は、どうやって果てしなく続く糞の山をあっという間に片づけてくれるのでしょうか?エレノア・スレイドとポール・マニングが説明します。 講師:エレノア・スレイド&ポール・マニング、アニメーション:アントン・ボガティ *このビデオの教材: https://ed.ted.com/lessons/why-isn-t-the-world-covered-in-poop-eleanor-slade-and-paul-manning (翻訳 Yuji Omori、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年6月23日土曜日

3Dプリンタでデザートを作る|リズ/カイル・フォン・ハッセルン|TEDxManhattanBeach

建築家、デザイナー、起業家のリズとカイル・フォン・ハッセルンは、3Dプリンタで作った食べられるデザートで聴衆を驚嘆させます。 3Dプリンタは強力な製造ツールですが、その力を最大限に発揮すると単なる複製機の枠を超えて、今までになかったことを想像する力を私たちに与えてくれます。 (翻訳 Natsumi Morishita、レビュー Masaki Yanagishita)

なんでかゆくなるんだろう?― エマ・ブライス

普通の人は、毎日多くのかゆみを経験します。私たちは皆、迷惑なかゆみを体験してきました。でも、そもそもなぜかゆくなるのか考えたことがありますか?実際に進化的な目的があるのでしょうか?それともただ単に迷惑なだけなのでしょうか?謎を明らかにするべく、エマ・ブライスが皮膚を詳しく調べます。 講師:エマ・ブライス アニメーション:サシュコ・ダニレンコ *このビデオの教材:http://ed.ted.com/lessons/why-do-we-itch-emma-bryce

愛するという単純な解決法|ピーター・ウルリッヒ|TEDxSavannah

人生の中で教師に愛を示しましょう。教師と築く関係の価値と重要性を認識しましょう。 ピーター・ウルリッヒは教育行政で14年間働き、現在はジョージア州サバンナにあって、magnet program(魅力的で特別なカリキュラム)を持つ The STEM Academy at Bartlettで働いています。ピーターや彼の教員陣にとって、STEMとは単に、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を学ぶということではなく、どのように世界にアクセスし、問題解決に一緒に取り組むかということを意味します。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年6月22日金曜日

クリック・ユア・フォーチュン#3:ジェニファー・インドビナ

どうしてコメント欄がないのでしょうか? このシリーズのデモに対する感想を是非お聞きしたいのですが 、このデモの対話的な性格上、リンクで行き来する短いビデオのそれぞれに対するコメントを1つ1つチェックするのは大変です。議論が一所にまとまるよう、フィードバックは3本の紹介ビデオにお寄せください。よろしくお願いします! クリック・ユア・フォーチュンは対話的なゲームブック形式のシリーズで、学生の疑問に知識豊富な世界の専門家が答えるという趣向です。次の紹介ビデオで概要を説明しています。 http://ed.ted.com/lessons/click-your-fortune-episode-1 このシリーズでは、以下に挙げるプロ達が世界中の学生から寄せられた沢山の質問に答えてくれます。答えを聞きたい疑問はありますか? インタビューを見たい憧れの人はいますか? 詳しく知りたい職種はありますか? 以下のフォーラムで今後のクリック・ユア・フォーチュンのためのアイデアについて提案と投票をしてください。 https://community.ed.ted.com/teded/topics/suggest_questions_careers_and_people_for_the_n フランシス・デ・ロス・レイエス3世:博士、環境エンジニアリング、北キャロライナ州立大学 ディーナ・ゴールニック:エグゼクティブコーチ ジェニファー・インドビナ:TED会員、テンラート・テクノロジーズCEO ダニエル・スワレズ:TEDスピーカー、作家、アナリスト

2018年6月20日水曜日

ガーデニングで世界を救う|ソフィー・トムソン|TEDxAdelaide

ガーデニングは、個人にも家族にとっても、また社会や世界の人々にとっても素晴らしいものです。ソフィーは、植物、土壌、野生生物、自然の姿や美しさとの繋がりが生活に与える影響こそが私達が抱えている多くの問題を軽減したり解決さえしてくれると主張しています。心の平和から世界の平和へ、このお話は、あなたを野外に導き、土にまみれ、世界を変えようという気にさせます。 ソフィーはガーデニングに夢中です。彼女は尊敬される作家であり、オーストラリアのガーデニング共同体の象徴でもあります。またABCテレビ『ガーデニング・オースラリア』の司会を務め、『オーストラリア・ガーデニング・マガジン』に寄稿もしています。園芸家であり自然療法家であるソフィーの植物に対する強い情熱はあらゆる年代の人々を力付けます。ソフィーは誰もが続けられる庭造りを熱心に提唱しています。そして人々がオーガニックの食物を育て、庭で取れた野菜を料理する事を楽しみ、子供達がデジタル画面を見る時間を緑と戯れる時間に変えるような庭を作るように薦めています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年6月14日木曜日

カロリーナ・コルッポー: 住みよい都市設計に役立つビデオゲーム

世界人口の半分以上が都市に暮らす現在、まぎれもない1つの事実があります。それは我々人類が都市の生き物だということです。ゲームの側面と、都市設計の青写真作成ツールの側面を兼ね備えた『シティーズ: スカイライン』は、ユーザーが自分の創造性と自己表現を活かして都市の未来を再考するよう誘います。ゲームデザイナーのカロリーナ・コルッポーは、過去にユーザーたちが作ったすごい都市をいくつか紹介します。その中には、未来的な幻想都市もあれば、非常にリアルな都市風景もあります。あなたが夢に見る都市はどのようなものですか?

2018年6月12日火曜日

チューバの超絶技巧|エイステイン・ボーズウィック|TEDxTrondheim

低音域にチューニングして、音量を最大にして、この素晴らしい演奏をお聞きください! チューバは、一番華やかな楽器には見えないかも知れませんが、エイステイン・ボーズウィックの手にかかれば、華やかさを超えたものがあふれ出します。この度肝を抜くような演奏を聴けば、興奮で言葉を失い、今一体、自分の耳に何が起こったかと首をかしげることでしょう。でも、その前に … エイステイン・ボーズウィックは現在世界トップのチューバ奏者であり、YouTubeの再生回数が4百万を超える好評を博し、独奏者としてキャリアを切り開いたただ一人のチューバ奏者です。彼はノルウェーでもっとも活躍し名声を誇っている音楽家です。1991年に名誉ある『Concours International d’Exécution Musicale(ジュネーヴ国際音楽コンクール)』において2部門で受賞し、国際的なデビューを果たして以来、エイステインは世界中の有名な会場で演奏し、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、シンガポール交響楽団、メルボルンのオーケストラ・ヴィクトリアといった世界有数の管弦楽団と共演してきました。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年6月11日月曜日

なぜ魚は魚型をしているのか? — ローレン・サラン

熱帯の海では、トビウオが水面から飛び出し、200メートルも滑空して、海にまた飛び込みます。インド太平洋では、狩りをするバショウカジキのスピードは時速110キロにも達します。このような芸当は、魚の形状によって可能になっています。ほとんどの種は細長くなめらかな体で、ヒレと尻尾があります。このような特徴がなぜこうも一般的で、それが魚について何を語るのか、ローレン・サランが解説します。 講師: ローレン・サラン アニメーション: Aeon Production このビデオの教材: https://ed.ted.com/lessons/the-incredible-evolution-of-fish-bodies-lauren-sallan

シモーン・イェッツ: 役立たずなものを作る理由

素晴らしく突飛な創作品が披露されるこの心温まる楽しい講演で、シモーン・イェッツは役立たずな装置を作ることについて語ります。彼女の発明品は、野菜切り機にせよ、散髪マシーンや口紅装置にせよ、上手くいくことは(あったとしても)めったにありませんが、そこにこそ意味があります。彼女は言います。「役立たずなものを作ることが素晴らしいのは、最善の答えが何か必ずしも分かっていないと認める点にあります。世界がどうなっているのか分かっているという頭の中の声を切るんです。歯磨きヘルメットは答えではないかもしれませんが、少なくとも疑問を呈してはいるのです」 (翻訳 Yasushi Aoki、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年6月10日日曜日

脳って、体の外で育てられるの?―マデリン・ランカスター

分厚い頭蓋骨に守られ、何層もの保護組織に包まれた人間の脳を活動中に観察するのは非常に困難です。幸運にも、科学者たちは詳しい観察のために脳オルガノイド(臓器類似物、国際的には「オーガナイド」のように発音)―人間の脳のような働きをするが生体の一部ではない、鉛筆の後ろにある消しゴムサイズの細胞集団―を使うことができます。さて、どのようにやるのでしょう?倫理的問題はないのでしょうか?マデリン・ランカスターが実験室での脳の作り方を共有してくれます。 講師:マデリン・ランカスター アニメーション:アダム・ウェルズ *このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/can-we-grow-human-brains-outside-our-bodies-madeline-lancaster

2018年6月7日木曜日

10代の自殺との戦いは教室で始まる | ブリットニー・ダラス | TEDxMileHigh

アメリカでは若者の自殺の流行に注目が集まっていることを私たちはニュースで耳にしています。ある生徒の自殺と別の生徒の自殺未遂ののち、高校教師のブリットニー・ダラスは、ただ生徒の発する兆候に注意を払うだけでは十分ではないと認識しました。 しかし、どのようにしてこのような複雑で強大すぎて打ち勝てそうにない問題に取り組み始めればいいのでしょうか? 答えは驚くほど簡単です。 ブリットニー・ダラスはコロラドスプリングスにあるRampart高校の国語教師です。Rampart高校の生徒の1人が自殺未遂をしたのち、彼女は130人の生徒ひとりひとりに、個々に合った内容の手紙を書きました。この行動は世界的な注目を集め、AspenPointe Hero of Mental Health Award、および教育イノベーション部門で Mayor’s Young Leader Awardを受賞しました。彼女は自殺予防、そしてメンタルヘルスについての啓発について提唱し続けています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください (翻訳 Ryosuke Mishima、レビュー Naoko Fujii)

2018年6月6日水曜日

待っていてはいけない|サクソン・キンシー|TEDxHamiltonCollege

サクソン・キンシーが、ヒップホップの力を通して自らの困難に立ち向かった経験について話します。 サクソン・キンシーはL. A.出身の注目ラッパーで、アメリカやヨーロッパでパフォーマンスをしてきました。キンシーは2014年、ホームレスだった時に曲を書き始めて以来数百曲を書き、そのうち30曲をレコーディングし、『The Perils』というEPをリリースしています。このミュージックビデオはリリースから3週間で再生回数60万回を超えました。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Midori T、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年6月2日土曜日

マルグレーテ・ベステアー: 大企業による市場独占の新たな時代

マルグレーテ・ベステアーは欧州市場の競争力を保ちたいと考えています—それが彼女が欧州連合(EU)としてグーグル社に28億ドルの制裁金を科し、アップル社に153億ドルの追徴課税を課し、ガズプロムやフィアットなどの企業の反競争的行為について捜査した理由です。 世界規模のビジネスの現状について、何故市場に明白なルールが必要なのか、そしていかに最も革新的な企業ですら独占的になってしまった時には問題となるのかを説明します。 「本当の公正な競争は社会の最善の在り方を達成する為の信頼を築く重要な役割をします」「それは我々の競争法の遵守から始まるのです」

アトゥール・ガワンデ: 上達する為に、医療チームにもコーチをつけよう

我々はどのように自分の技術を向上させるのでしょう?それが複雑な状況下であっても。アトゥール・ガワンデは外科医の緻密さでこの疑問を研究しました。彼が共有してくれるのは鍵となる発見—すなわち、良いコーチについてもらうことは、より正確な現実の描写を手に入れることができ、肯定的な思考習慣が身に付き、自分の行動を分析してもらった上で再構築する助けになるということなのです。「本当に重要なのはあなたが今どれだけ優れているかではなく、どこまで能力を高められるかです」とガワンデは述べています。

アッシリア帝国の興亡 — マリア・H・フェルドマン

太陽の沈まない大英帝国より以前、チンギス・カンが大草原を風靡する以前、ローマ帝国の影響が地中海世界全体に及ぶ以前に、古代アッシリアがありました。歴史家からは最初の真の帝国と目されているアッシリアは、その革新の数々により以後の超大国すべてが従う基礎を作りました。マリア・H・フェルドマンがアッシリア帝国の興亡について語ります。 講師: マリア・H・フェルドマン アニメーション: ナグマ・ファーザナ このビデオの教材: https://ed.ted.com/lessons/the-rise-and-fall-of-the-assyrian-empire-marian-h-feldman (翻訳 Yasushi Aoki、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年5月30日水曜日

ハディ・エルデベック: アーティストは経済にどう貢献し、私たちは彼らをどう支えられるか?

アートは私たちの人生に意味を与え、文化に生命を吹き込みます。では、なぜ私たちは、アーティストになったら生計を立てるのに苦労するだろうと考えてしまうのでしょう?ハディ・エルデベックは、アーティストが副業ではなく作品制作に集中できるように、助成金や資金援助を紹介するオンライン・プラットフォームを作り、アーティストの価値が認められる社会を作ろうとしています。

志をみつけるのではなく、育てよう | 梶屋 拓朗 | TEDxTohokuUniversity

梶屋拓朗は、東日本大震災直後のボランティアをきっかけに東北に入る。その後、東北の復興に貢献するために、東北のビジネスパーソンが仲間と共にビジネススキルや志を高め合える場としてグロービス経営大学院仙台校の立ち上げに関わり、現在仙台校のリーダーを務める。慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、日本GEを経て現職。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年5月29日火曜日

閃光、雷、雨にまつわるカンボジアの神話 ― プロンソドゥン・アウク

『モニ・メカラとリアム・イエソ』は、カンボジアで最も神聖な伝統舞踊です。先祖を敬うお祝いで毎年披露され、クメール人による閃光、雷、雨の起源を表すものです。プロンソドゥン・アウクが、今でもこの世界について啓蒙してくれるこの力強い物語を語ります。 講師:プロンソドゥン・アウク アニメーション: シルヴィア・プリエトフ このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/the-cambodian-myth-of-lightning-thunder-and-rain-prumsodum-ok (翻訳 Mari Arimitsu、レビュー Moe Shoji)

2018年5月28日月曜日

ローレン・サラン: 進化で勝ち残り、大絶滅を生き延びる方法

おめでとうございます。ここに生きて集うみなさんは、歴史的な勝ち組の一人であり、40億年に及ぶサクセスストーリーの頂点にいます。過去に存在し絶滅した他の99%の種は、火災、洪水、小惑星の衝突、氷河、熱、あるいは冷酷な自然淘汰によって死に絶えました。では生き延びた種は、なぜそんなに幸運だったのか?これからも勝ち続けるのか?この短い、ユーモラスなトークでは、純古生物学者でTEDフェローのローレン・サランが、ヒトの祖先がどのように大絶滅を生き延び、今の我々があるのかを明かします。

ジョーン・ブレイズ&ジョン・ゲーブル: 先入観のフィルターバブルから自由になろう

ジョーン・ブレイズとジョン・ゲーブルは、自分とは違う政治観で投票をする人たちと友達になってほしいと言います。政治観が正反対でありながら長年の友人でもある二人は、すぐには同意できないような相手と、腹を割って話し合うことの価値をよく知っています。政治観が反対である人々の間にある理解の溝を埋めるにはどうしたらいいか、そしてお互いに耳を傾け、互いを思いやる機会を生み出すにはどうしたらいいか、一緒に考えてみましょう(ことによると、生涯かけた友情も生まれるかもしれません)。

2018年5月25日金曜日

社会運動に内向型人間が必要なのはなぜか | サラ・コーベット | TEDxYouth@Bath

自分には表舞台に立って世のために何かをする力などないと思っているのであれば、この動画を観てみましょう。 内向型の人こそ、社会を変える鍵を握っているのかもしれません。サラ・コーベットが、内向型の人が持つ特性がいかに、より効果的な社会運動を創出するかについて、そしてその最良の事例について語ります。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

ヒトの精子 vs. マッコウクジラ ― アーティシュ・バティア

顕微鏡でないと見えないくらい小さなヒトの精子にとって、移動はとても大変です。他の人でいっぱいのプールを泳ごうとしている人を思い浮かべてみましょう。レイノルズ数という、泳ぎ手の大きさで変動する流体の動きの予測値を算出することで、精子とマッコウクジラの移動を比べることができます。アーティシュ・バティアが、サイズは小さいけど偉大な、精子の旅について解説します。 講師:アーティシュ・バティア アニメーション:ブラッド・パーネル *このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/human-sperm-vs-the-sperm-whale-aatish-bhatia

グローバルな精神、ローカルな心|莉々紀子|TEDxTohokuUniversity

莉々紀子は語学支援グループであるリリーズ・トランサポートの代表で、仙台を拠点に日本語と英語の通訳として活動しています。彼女は一切の海外留学の経験なしで、自国での勉学のみで通訳となりました。「人と言葉をつなぐ」をモットーに彼女は日本に於ける英語教育にも大いに貢献しています。通訳や翻訳の仕事を中心に、英語の講義やラジオ出演といった様々な活動にも携わっています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年5月20日日曜日

ヘザー・ラニエ: 物事の「良し悪し」は思い込みに過ぎない

ヘザー・ラニエの娘フィオナは、ウォルフ・ヒルシュホーン症候群という遺伝子異常による先天性疾患を患っているため、発達に遅れがあります。でも彼女は、悲劇のヒロインだとか、天使のように可憐だとか、似たような状況の子供たちに向けられるステレオタイプには当てはまりません。まれな症状の女の子を育てるという美しくも複雑で、喜びに溢れていながらも困難な道のりを語るこのトークで、ラニエは人生にとって何が「良い」もので、何が「悪い」ものかという私たちの思い込みに疑問を呈します。普通ではないと思われる状況を克服することに囚われるのではなく、あるがままの人生をそのまま受け入れるべきだ、と彼女は呼びかけます。

2018年5月19日土曜日

重力波とは何か?― アンバー・ステューバー

2015年9月、科学者たちは人類がこれまで見たことも無いものを目撃しました。2つのブラックホールの衝突です。どちらも太陽の30倍もの質量を持ち、何百万年もの間、互いの周りを回っていました。 衝突直前の1秒にも満たない時間に衝撃波が発生して、光速で宇宙空間に伝わり、これがLIGO(レーザー干渉計重力波天文台)で検出されたのです。宇宙空間に伝わる このさざ波の正体は一体何でしょうか? アンバー・ステューバーが解説します。 講師:アンバー・ステューバー、アニメーション:オーイン・ダフィー *このビデオの教材 : https://ed.ted.com/lessons/what-are-gravitational-waves-amber-l-stuver Check out all of TED-Ed's book recommendations: http://ed.ted.com/books Check out Neil deGrasse Tyson's "Astrophysics for People in a Hurry": https://shop.ed.ted.com/collections/ted-ed-book-recommendations/products/astrophysics-for-people-in-a-hurry Thank you so much to our patrons for your support! Without you this video would not be possible. Be Owusu, Susan Herder, Yalda A., Savannah Scheelings, Prasanth Mathialagan, Javier Rojas Dominguez, Yanira Santamaria, Dawn Jordan, Monica Grace Ward, Daniel Mardale, Constantin Salagor, Activated Classroom Teaching, Kevin Wong, Umar Farooq, Goh Xiang Ting Diana, Mohammad Khory, Dmitry Neverov, Tushar Sharma, Mukamik, Tsz Lung, Cristóbal Medina Moenne. Check out our Patreon page here: https://www.patreon.com/teded (翻訳 Tomoyuki Suzuki、レビュー Yoichi Fukuoka)

2018年5月18日金曜日

サラ・コーベット: 社会運動に内向型人間が必要なのはなぜか

内向型の人間にとって、通りを行進したり、抗議デモをしたり、一軒一軒訪ね歩いたり、といった従来の形の社会運動は、ハードルが高くストレスを感じてしまうものだ―自ら内向型を公言する元・プロ運動家のサラ・コーベットは語ります。コーベットが紹介する「クラフティヴィズム(手芸+社会運動)」は、もっとおとなしい形の社会運動です。従来よりも穏やかに社会に働きかけながら、人々に歩みを緩めてもらい、気になっている問題について深く考えてもらう手段として手芸を使うのです。 「刺繍入りのハンカチに世界を変える力はない」と、言い切れますか? (翻訳 Riaki Hirota、レビュー mika fukasawa)

クリステン・ライター: 私は子供は欲しくない—「そのうち気が変わる」なんて言うのはやめて

5人に1人の女性が「生物学的な子」を持たないというアメリカで、クリステン・ライターもその1人です。かかりつけ医を含め、多くの人々に「そのうち気が変わるよ」と言われてきたにもかかわらず、自分は子どもは欲しくない、と幼い頃から自覚していました。自身が不妊手術を求めた体験談を語り、母性とは女性であることの延長であり、必要条件ではないのだと訴える、力強いトークです。

2018年5月17日木曜日

レイラ・タカヤマ: ロボットの気持ちを考えるー人間とロボットの共存社会を目指して

私たち人間は既にロボットに囲まれて生活しています。食洗機や自動温度調節器などの機械は私たちの生活に完全に調和していて、もはやそれらをロボットと呼ぶ必要さえ感じません。この先、ロボットがさらに普及する未来はどうなるでしょう? 社会科学者のレイラ・タカヤマは人間とロボットのユニークな共存社会を設計しつつ、ロボットの将来を研究することは実は私たち人間をより深く理解することに繋がると提言します。 (翻訳 Yoshika Taso、レビュー Natsuhiko Mizutani)

消化器系ってどうはたらくの? ― エマ・ブライス

地球の全域にわたって、人間は一日平均1キロから2.7キログラムの食べ物を口にしています。すべての食べ物は消化管を通ります。9メートルにも及び、10の臓器からなるこの器官系は、体の中で最も複雑なシステムの一つです。エマ・ブライスが、さまざまな消化器系の各部分がどのようにして食べ物を生命の維持に不可欠な栄養素やエネルギーに変えているのかを説明してくれます。 講師:エマ・ブライス、アニメーション:Augenblick Studios *このビデオの教材 : https://ed.ted.com/lessons/how-your-digestive-system-works-emma-bryce

ダオ・グエン: コンテンツを流行らせる要素とは?

注目を集めるコンテンツを作るには、どんな秘密があるのでしょうか?Buzzfeedの発行人ダオ・グエンのトークを聴いて、興味をそそるクイズやまとめ記事、ビデオが作られる過程をのぞいてみましょう。またそのチームが、コンテンツを用いてどのように人々がつながったり、文化を生み出したりするのか理解するためのシステムをどのように開発したかについても詳しく学びましょう。 (翻訳 Misato Noto、レビュー Eriko Tsukamoto)

2018年5月16日水曜日

世界初の地下鉄がいかに作られたか ― クリスチャン・ウォルマー

1863年初頭、地下鉄という世界初の試みに、開通前からロンドンの街は大騒ぎになりました。ほとんどの人は、現在の貨幣価値で100億円以上もかかる計画が上手くいくはずもないと考えていたのです。では、どうやって実現されたのでしょう? クリスチャン・ウォルマーが、いまだかつて誰も街の地下に鉄道を引いたことのない時代に、どうやってロンドンの地下鉄が作られたかを説明します。 講師:クリスチャン・ウォルマー、アニメーション:TED-Ed *このビデオのレッスン:https://ed.ted.com/lessons/how-the-world-s-first-subway-system-was-built-christian-wolmar Thank you so much to our patrons for your support! Without you this video would not be possible! Kyanta Yap, Shawar Khan, Elizabeth Cruz, Rohan Gupta, Sarah Lundegaard, Michael Braun-Boghos, Yujing Jiang, Aubrie Groesbeck, Kathryn J Hammond, sammie goh, Delene McCoy, Mayank Kaul, Ruth Fang, Scott Gass, Mary Sawyer, Jason A Saslow, Joanne Luce, Rishi Pasham, Bruno Pinho, and Javier Aldavaz. Learn more about our student voice program, TED-Ed Clubs: http://bit.ly/2J5g4eS

2018年5月14日月曜日

フリオ・ヒル: 未来の技術で、どこでもシティライフの恩恵を

未来は都市生活へと向かいつつある、という予測を信じてはいけません。実際には都市化の流れは終焉を迎えようとしており、AR(拡張現実)や自動配達、オフグリッド電源やその他の技術の急速な進歩によって、間もなく人々は田舎に住み、働くことを選択するようになるだろうと、物流の専門家フリオ・ヒルは言います。先進的なトークを聞きながら、大都市の外に目を向け、田舎暮らしの長所について考えてみましょう。 (翻訳 Shiho Kioka、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年5月13日日曜日

なぜ動物は群れを作るのか? ― マリア・R・ドゥソニャ

個々の生物が集まり一体となって行動するようになること、それが「群れ」です。群れは数羽の鳥から数十億匹もの昆虫に至るまでその大きさは多様です。群れにはリーダーが存在せず、群れのメンバーは近くにいる仲間と互いに連携したり、間接的な合図により行動します。個体はシンプルな規則に従っています。それは、私たち人間と同様に周りの仲間と同じ方向に進み、互いに近くにいながらも、衝突は避けるというものです。マリア・R ・ドゥソニャがその理由を語ります。 講師:マリア・R・ドゥソニャ、アニメーション:マット・レイノルズ *このビデオの教材 : https://ed.ted.com/lessons/why-do-animals-form-swarms-maria-r-d-orsogna

2018年5月12日土曜日

史上最も成功した海賊 ― ダイアン・マレー

悪名高きカリブ海の海賊である黒ひげやヘンリー・モーガンらは、最盛期には10隻の船に何百もの船員を率いていました。しかし、そんな彼らの話も史上最も成功した海賊には敵いません。1,800隻の船を率い、いくつもの国を敵に回し、なおかつ長生きした恐るべき海賊、鄭(てい)夫人の生涯をダイアン・マレーが解説します。 講師:ダイアン・マレー、アニメーション:ステフ・リー *このレッスンの教材: https://ed.ted.com/lessons/the-most-successful-pirate-of-all-time-dian-murray (翻訳 Seina Kamisasa、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年5月10日木曜日

クリステン・マーハバー: なぜサンゴ礁にはまだ希望があるのか

太平洋のサンゴ礁は警戒すべき速さで死滅しています。水温の上昇による白化が主な原因です。しかし、TEDフェローのクリステン・マーハバーは、今から行動しても遅くないと言います。彼女はカリブ海を取りあげます。その海ではサンゴが、時間をかけ、適切な水温にあり、保全されたことで、損傷から回復できる力を示したのです。マーハバーは、私たちがなぜ今残っている貴重なサンゴの保全を続けなければならないのかを、思い起こさせてくれます。「サンゴはいつも長期戦をしてきました。今は私たちもです。」と、彼女は言います。 (翻訳 Shiori Watanabe、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年5月8日火曜日

デイビッド・ホワイト: 過去、現在、未来を巡る詩人 ― スペイン・サンティアゴ巡礼

独特な魅力と深い洞察力を備えたデイビッド・ホワイト氏。彼は姪が辿ったスペイン・サンティアゴ巡礼に感化され、詩を2編作りました。それを詠みながら、過去・現在・未来を巡ります。

ジャヴェード・アクタル: 言葉のもつ力

「言ってる意味 分かるよね?」という表現がなぜ問題なのでしょう? 伝説的な詩人、作詞家で脚本家のジャヴェード・アクタル氏が、私達が言葉を使う力を失いつつあるのはなぜかと問いかけ、また、世代から世代へと文化を伝えてくれる、言葉という魔法のような道具を用いて、互いに意思疎通を図り理解し合おうと呼びかけます。

ダイアン・ウォルク=ロジャーズ: パークランドの高校教師からみんなへの宿題

ダイアン・ウォルク=ロジャーズは、2018年のバレンタインの日に恐ろしい銃乱射事件が起きたフロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で歴史を教えています。あのような理不尽な暴力は、どうすれば終わらせることができるのでしょう? この強く心に訴える講演で、ウォルク=ロジャーズは、アメリカが銃についての安全と責任という面で前進するための3つの方法をを提示し、みんなにも自分の答えを考えるように勧めます。そして何よりも、彼女の学校の活動家であり、事件の生存者であり、その活動によって何百万という人々を行動へと動かしている生徒達に見習うようにと。ウォルク=ロジャーズは言います。「本当はあの子達が自分でしなきゃいけないことではないんです。あの子達が私たちみんなに加わるよう呼びかけています」

子ども達と地域福祉に取り組む町内会|藤野千秋|TEDxAnjo

退職後は妻とのんびり車で日本一周。そんな夢を描いていた藤野千秋を変えたきっかけは、町内で起きた一人暮らし高齢者の「孤独死」でした。二度と孤独死を出さない町内にすると決意し、活動を始めた彼を今では町内会の子ども達も応援してくれています。お年寄りと子ども達、その親など幅広い世代が交流し合う地域をどうやって作っていったのか?地域の福祉問題に取り組む思いを語ります。 経歴:藤野 千秋(ふじの ちあき) 安城市城南町内会前会長 昭和16年愛知県新城市生まれ。30代後半から安城市城南町の住人となり、外資系石油会社を定年退職後、12年間城南町町内会の会長を務めた。 住民流福祉総合研究所の木原孝久氏から「支え合いマップ」づくりの指導を受け、安城市社会福祉協議会職員の吉村了子氏と町内の福祉課題解決に向けて活動をはじめる。認知症高齢者がいる家庭、ひとり暮らしの高齢者、発達障がい児とその家族、視覚障害世帯などの福祉課題解決に向けて、町内の世話焼きさん達と共に住民感覚での地域づくりを目指し、活動を続けている。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

動詞としての想像力|ネタ・プルヴァーマーハ|TEDxUF

想像力のお陰で私達は本当の自分と自分が実は何になりたいかを知る事が出来ます。ネタの話は彼女がどうやってある特殊な庭師になったかという実話に基づいています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくはhttp://ted.com/tedxをご覧下さい。

ダニエル・シュニッツァー: 発明より、マーケティングが大変

太陽電池式LED電球は僻地に住むハイチ人の生活は変えることができますが、放って置いても売れるという訳ではないことにダニエル・シュニッツァーは気付きました。TEDxPittsburghで、彼はどんなに「スマートな」健康商品やエネルギー商品でも、市場がうまく機能しない限り、発展途上世界では役に立たないことを教えてくれます。

もっと旅をしよう、そして物を買うのを減らそう|ルイス・ヴァルガス|TEDxPortland

私たちは消費社会に生きています。男性や女性の「隠れ家」のためのアイテムを買う前にもう一度考えてみましょう。冒険や探検は自分の限界を知り、それを広げるための1番の方法です。これは、ものでいっぱいの家を持つより出入国スタンプでいっぱいのパスポートを持つべきだという、単純で啓発的な考え方です。もっと旅をしましょう。物を買うのを減らしましょう。 ルイスはメキシコシティで生まれ、カリフォルニア州で育ち、オレゴン州で安住の場所を見つけました。彼の目標は、旅行が善を促進する力となり得ると知った上で、人々を鼓舞し、人生観を変える旅行の経験をするように促すことです。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

ソフィー・アンドリュース: ただ耳を傾ける―大抵はそれが一番の手助け

電話による救援要請に24時間対応している英国のヘルプライン「サマリタンズ」に助けられ、ソフィー・アンドリュースは虐待の被害者ではなく、生存者となりました。今では「ザ・シルバー・ライン」という、孤独で孤立した高齢者の支援を行うヘルプラインの創立者として、その恩返しをしています。自身の経験に基づいた力強いこのトークを通じて、アンドリュースは、(助言をするのでなく)ただ単に耳を傾けることが、多くの場合、救いを求める人に手を差し伸べる一番の方法であると教えてくれます。

2018年5月3日木曜日

『侍女の物語』を読むべき理由 ― ナオミ・R・マーサー

マーガレット・アトウッドの思索的な小説の傑作である『侍女の物語』は、危険に対する油断がもたらす結果と権力が不当な支配を振るうさまを描いています。この作品が1985年に出版されて以来、アトウッドの描く背筋の凍るようなディストピア支配の描写は読者の想像力を捉えて放しません。なぜこの物語は、これほどまでに力強いものであり続けているのでしょうか? ナオミ・R・マーサーが追求します。 講師:ナオミ・R・マーサー、アニメーション:フォン・マイ・グエン *このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/why-should-you-read-the-handmaid-s-tale-naomi-r-mercer (レビュー Moe Shoji)

2018年5月2日水曜日

グウィン・ショットウェル: 30分で地球を半周するSpaceXの旅行プラン

SpaceXでは何をやっているのでしょう? エンジニアのグウィン・ショットウェル は、イーロン・マスクの先駆的航空宇宙会社の7番目の社員で、現在社長をしています。TEDのキュレーターであるクリス・アンダーソンとの対談で、彼女はSpaceXが取り組む有人ロケットの開発競争や、次の大プロジェクトBFR(それが何かは彼女の話を聞いてください)について語ります。人類を火星へと送るべく巨大ロケットが新たに設計されていますが、それには地球人向けの宇宙旅行という別の可能性もあります。 (翻訳 Yasushi Aoki、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年5月1日火曜日

マイク・キニー: プロレスラーが話す、自信を持つための手引き

あなたは自分で思っている以上の人だと元プロレスラーのマイク・キニーは言います—自分を特別にするものを見つけて、それをうまく利用しさえすればいいのです。キニーは長年に渡りレスラーとしての人格である「カウボーイ・ゲイター・マグロウ」を作りあげ、磨きをかけながら、自分を特別にするために特徴を強調しました。この面白く聡明なトークで、彼はリングで得た知識を日常生活に応用し、誰もが自信を持って生き、可能性を最大限発揮する方法を共有してくれます。 (翻訳 Suzuka Fukami、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年4月26日木曜日

NASAで働かなくても人工衛星は作れる|カーティキ・ミタル|TEDx Youth@SAS

宇宙時代の今、科学技術は更に発展し、これまでは選ばれた人にしか出来なかった事がどんどん出来るようになっています。シンガポールアメリカンスクールの2年生であるカーティキ・ミタルはこの現象の典型で、彼は自分の人工衛星を手作りしています。このトークでミタルは彼の人工衛星製造の過程を紹介するに留まらず、宇宙開発を行う上で 超小型人口衛星が如何に重要かを訴え、私たちの地球に大きく立ちはだかる広大な暗闇の障壁を取り払う役割について議論します。 カーティキ・ミタルはシンガポールアメリカンスクールのロボット工学クラブを通してSTEM (科学・技術・工学・数学)に対する情熱を開花させ、イノベーションの可能性は無限であると確信しました。『インターステラー』を見たことを契機に、彼は人工衛星製造のミッションに乗り出しました。 カーティキは幾度かの国際的なロボット競技会に出場する機会に恵まれ、キャプテンとしてチームをけん引しながら経験の乏しいチームのメンター役も引き受けました。彼の率いるチームは台湾香港地域競技会で銅賞を獲得しました。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

一番使われている色 | ブッバ・モンゴメリ | TEDxPaysonJuniorHigh

私たちが日頃どれだけ多くの場所で赤、黄、青、緑を使っているか考えたことはありますか?もはやこれらの色は他の色よりもずっと重要なように思えてきます。 ブッバはユタ州の7年生です。小さい頃、多くの場所で黄、青、赤、緑が一緒に使われていることに気づきました。以来、それについて考え続け、この機会を使ってこのトピックをより深く見つめてみることにしました。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Masako Fukutani、レビュー Masaki Yanagishita)

ワシントン・ワチラ: 鳥を想って

壮麗なカンムリホロホロチョウ、不貞なアフリカレンカクや、30分でシマウマの死肉を平らげてしまうハゲワシ — ワシントン・ワチラは、私たちと地球で共存する素晴らしい鳥類のことを、もっとみんなに理解してほしいと思っています。あなたがまだ地球の「羽作り屋」のファンでなくても — 或いは鳥類が生き延びる為の保護に関心を持っていなくても — この楽しいトークを聞けばすぐにそうなることは間違いありません。

レラ・ボロディツキー : 言語はいかに我々の考えを形作るのか

世界では約7千の言語が使われており、それぞれに異なる音、語彙、構造を持っています。でも、言語は私たちの考え方に影響するのでしょうか? 認知科学者のレラ・ボロディツキーが、左右の代わりに方角を使うオーストラリアに住むアボリジニの言葉や、青を複数の語で言い分けるロシア語といった様々な事例を紹介し、この問いへの答えがイエスであることを示します。ボロディツキーは言います。「言語の多様性が素晴らしいのは、人の心がいかに巧みで柔軟かを明らかにするからです。人間の精神は認知的な宇宙を1つではなく、7千も生み出してきたのです」 (翻訳 Yasushi Aoki、レビュー Moe Shoji)

2018年4月23日月曜日

感動を創造する言葉の伝え方 | 佐藤政樹 | TEDxMeijiUniversity

最も心に響くのは、上手にすらすらと話す人の言葉でしょうか。いいえ、そうではありません。感動を生み出す話し方とは、心を込めることでも抑揚をつけることでもなく、実感して語ること。劇団四季で主役を務めた佐藤政樹さんが、頭、胸、腹それぞれの部位での語り方の違いを熱演します!さあ、今日から実感して伝えましょう「こんにちはー!」 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年4月22日日曜日

パオラ・アントネッリ: フーディ 三千年の歴史

フーディは、単にフードの付いた着心地の良いスウェットという以上のものです。デザイン分野のキュレーターであるパオラ・アントネッリが、その歴史を案内します。 (翻訳 Yasushi Aoki、レビュー Misaki Sato)

ワレ・オイェジデ: アフリカの力強さと魂を称えるファッション

TEDフェローであり、デザイナーのワレ・オイェジデは「アフリカ人であることとは、文化にインスピレーションを受け、絶えず未来への希望を持ち続けることだ」と語っています。Ikiré Jones(イキレ・ジョーンズ)という自身のブランド(マーベル制作の映画『ブラックパンサー』で作品を見ることができます)で、彼は古典的なデザインを用いて、社会で度々周縁に追いやられてきた人々の持つ美しさや優雅さを表現し、物語性のある美しい服を作りだしています。 (レビュー Moe Shoji)

2018年4月20日金曜日

ヴィットリオ・ロレート: 新しいアイデアが必要?では既知の領域の境界から始めましょう

「素晴らしいアイデアはどこから来るのか?」この問いを胸にヴィットリオ・ロレートが、新しいものの誕生を数学的に説明しようとする探求の旅へと誘います。現実と可能なことが交わる「隣接可能領域」と、それを統べる数学を研究することで、私たちが新しいアイデアをどう作り出すのか説明できることを学びましょう。

2018年4月16日月曜日

コモンズの悲劇って何?― ニコラス・アメンドラーレ

魚の乱獲、スーパー耐性菌、そして地球温暖化はすべて同じことに起因しているのでしょうか。1968年、ギャレット・ハーディンという人が人口過剰についての論文の執筆に取り掛かりました。その論文で、彼は歴史上起きた大きな問題のいくつかを説明する人間の行動パターンを見つけました。ニコラス・アメンドラーレが「コモンズの悲劇」を語ります。 講師:ニコラス・アメンドラーレ、監督:TED-Ed *このビデオの教材 :https://ed.ted.com/lessons/what-is-the-tragedy-of-the-commons-nicholas-amendolare

2018年4月15日日曜日

ペギー・オレンスタイン: 若い女性たちが思う性的な悦びとは

女の子たちが性行為に対して積極的になっているにもかかわらず、楽しめないのはなぜでしょうか? 作家のペギー・オレンスタインは3年間かけて15歳から20歳の女の子の性生活についてインタビューしてきました。オレンスタインは、女の子たちの性交渉から悦びがほとんど欠如していることを指摘し、女の子たちに早い時期からセックスや身体のこと、性的な悦びやパートナーとの親密さについて日常的に話すことで、「オーガズムの格差」を縮めるよう呼びかけます。 (翻訳 Mari Arimitsu、レビュー Moe Shoji)

2018年4月13日金曜日

イロナ・シュテンゲル: 科学と研究における人間の感情の役割

科学や研究において人間の感情には役割があるのでしょうか? 材料研究者のイロナ・シュテンゲルは、感情と論理は相対立するのではなく、互いを補強し合うものだと提唱します。彼女は感情(例えば「有意義な何かに献身している」という、自分を力づける感情など)を上手に利用することが、どのようにチームワークと自己成長を促し、それが触媒となって科学における飛躍や革新をもたらしたのかに関する事例について語ります。 (翻訳 Yuji Omori、レビュー Naoko Fujii)

イロナ・シュテンゲル: 科学と研究における人間の感情の役割

科学や研究において人間の感情には役割があるのでしょうか? 材料研究者のイロナ・シュテンゲルは、感情と論理は相対立するのではなく、互いを補強し合うものだと提唱します。彼女は感情(例えば「有意義な何かに献身している」という、自分を力づける感情など)を上手に利用することが、どのようにチームワークと自己成長を促し、それが触媒となって科学における飛躍や革新をもたらしたのかに関する事例について語ります。 (翻訳 Yuji Omori、レビュー Naoko Fujii)

キャロライン・ウィーバー: 鉛筆が完璧な理由

鉛筆が六角形で黄色が定番になったのはどうして? 鉛筆店を営むキャロライン・ウィーバーが、鉛筆の心躍るような歴史へと誘います。

2018年4月12日木曜日

クリップが家と交換できるとしたら? | カイル・マクドナルド | TEDxVienna

カイル・マクドナルドが、たった1年間の物々交換で赤いクリップを家に替えたという話を詳細に語ります。意外な出来事が満載、現実にはありえないよう驚きのストーリーです。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年4月11日水曜日

マイク・ギル: 魚の社会生活はサンゴ礁保全の鍵となるのか?

TEDフェローのマイク・ギルは魚を相手にスパイ活動をしており、仲間と一緒に最新のマルチカメラシステムとコンピュータビジョンを駆使し、サンゴ礁に住む魚たちの行動、社会活動、そして生態系への影響を探っています。異種の魚同士が社会的ネットワークを通してどのようにコミュニケーションをとるのか、そしてこのネットワークを乱すと、私たちみんなの食や世界経済を支えるサンゴ礁の繊細な生態系に何が起きるのか、見ていきましょう。

2018年4月10日火曜日

未来はすべての人生に | カレン・ガフニー | TEDxPortland

2015年5月30日に行われたTEDxPortlandで、カレン・ガフニーはダウン症の過去と現在、そしてこれからについて魅力あふれるトークを展開し、地元のみならず世界から称賛を浴びました。彼女が伝えたいことは「すべての人生に未来がある」こと。そして”R-word”つまり”retard”(知恵遅れ)といった差別用語を私たちの日常会話から完全に消し去ることです。 カレンが代表を務めるNPO法人は、発達上の障害を抱える人が家族、学校、仕事場、地域で完全な共生(インクルージョン)を実現できる社会を目指しています。彼女はオレゴン州ポートランドのセントメアリー・アカデミーを卒業し、ポートランド・コミュニティカレッジにて自然科学の分野で短大卒の資格を獲得しました。その後ダウン症の人たちの可能性について周知に努めた業績により、2013年5月5日 ポートランド大学より名誉博士号を授与されました。 彼女はまた 勇敢に遠泳に挑むスイマーでもあり、イギリス海峡を横断し、トライアスロン大会「アルカトラズ島からの脱出」に16回参加、また摂氏15度のタホ湖征服を成し遂げました。ダウン症の人たちの可能性への注目と資金を集めるため、カレンは泳ぎ続けます。 NPO法人のホームページはこちらです。 http://www.karengaffneyfoundation.com/ このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年4月9日月曜日

ソヤピ・ムンバ: アフリカのニーズに合う医療技術とは

サハラ以南のアフリカの医療制度は、停電、テクノロジー普及率の低さ、低速なインターネット環境、人手不足の病院などに苦しめられています。マラウイでのこうした問題を解決するために、TEDフェローのソヤピ・ムンバと彼のチームは、電子カルテ用のソフトウェア開発から、その基盤となるインフラに到るまで、新しいシステムを一から作りました。この短くも希望に満ちたトークでムンバが伝えるのは、資源に乏しい環境で医療改革を進めるために、彼の「何でも屋精神」がどう役立ったかについてです。

2018年4月7日土曜日

アメリカンフットボールの物理学:スカラーとベクトル ― ミッシェル・ブキャナン

アメリカンフットボールのフィールドで繰り広げられる見事なプレイは、物理学の重要な概念を理解するのに最適な状況を提供しています。 ミッシェル・ブキャナンは、ベクトル、スカラー、そして科学的にも裏打ちされたタッチダウンの栄光を実況解説します。 講師:ミッシェル・ブキャナン アニメーション:TED-Ed *このビデオのレッスン:http://ed.ted.com/lessons/football-physics-scalars-and-vectors-michelle-buchanan

ラディカ・ナグパール: 魚の群れから学習する知能機械

空想科学小説が描く未来では、人工知能は私たちと同じ筋道で思考をするようになっています。でも、自然界にある他の知性をモデルに人工知能を作り上げたらどうでしょう? ロボット技術者のラディカ・ナグパールは、昆虫や魚の群れが示す集団的知性を研究し、それらの行動規則を理解しようとしています。この先見性のあるトークで、ナグパールは人工的に集団の力を作り出す自らの研究を紹介するとともに、ロボットが群れをなして堤防を作ったり、作物の受粉をしたり、サンゴ礁の監視や衛星の集団形成をしたりする未来を語ります。

2018年4月5日木曜日

歴史上最も危険な色 — J・V・マラント

ラジウムが発見されたとき、その輝くような緑色は、化粧品や宝石に使おうと思わせるものでした。しかしラジウムの持つ見た目の美しさを凌駕する有害さがやがて明らかになりました。かつては無害で有用と思われていたけれど後に危険であることが分かった顔料は、あいにくラジウムだけではありません。J・V・マラントが歴史上最も危険な色について詳しく語ります。 講師: J・V・マラント アニメーション: フアン・M・ウルビナ このビデオの教材: http://ed.ted.com/lessons/history-s-deadliest-colors-j-v-maranto

最も厳重な刑務所における詩 | フィル・ケイ | TEDxFoggyBottom

優れたストーリーテリングの技術を持つフィル・ケイが、心を掴む2篇の詩とともに、最も厳重な刑務所の受刑者たちと詩を作った体験について語ります。 フィル・ケイは旅するスポークワードの詩人で、仲間とProject VOICEを運営しています。自分の詩の朗読をしたりワークショップをしたりして世界中をまわっています。NPRの番組やリンカーンセンターに出演し、全米大学ポエトリースラムで、詩のパフォーマンスの技術に目覚ましい革新をもたらした者に与えられる Pushing the Art Forward賞を2度受賞しました。この賞を2度受賞しているのは彼だけです。フィルはブラウン大学を卒業し、在学中に Space in Prisons for the Arts and Creative Expression (SPACE)のコーディネーターを務め、最も厳重な刑務所内のワークショップで詩を教えていました。2011年に著書 A light bulb symphony を出版しており、また彼の作品はよくCHAOS Magazineに掲載されています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

声を上げて立ち直ろう|タラ ・ コナー |TEDxUniversityofNevada

2006年度のミスUSAであるタラ・コナーは、生涯にわたる薬物依存症との格闘と、立ち直ってからの10年間に学んだ事を伝えます。依存症患者は矯正されるべき悪人ではありません、治療されるべき病人です。大変ながらもところどころにユーモアを交えたこの話の中で、彼女は依存症の危機に対する異なる対応を求めています。タラ・コナーはテレビタレントであり回復を提唱する活動にも携わっています。彼女は仕事を通してアメリカ中の視聴者達に彼女の経験した事や強さと希望について語ります。 コナーは2006年のミスUSAに選ばれました。彼女はその年の12月にカロン治療施設に入り30日間のアルコールと薬物依存症に対する治療を終了しました。以来10年に及ぶ素晴らしいしらふ生活を続けています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年4月4日水曜日

スコット・ウィリアムズ: 無償の介護人が医療で担う隠れた役割

自分自身がかつて介護を受ける患者であり、今は介護をする側となったスコット・ウィリアムズが、無償の介護人が担う計り知れない役割について明らかにします。「無償の介護人」とは、愛情から、世話を必要とする患者のために、一層の努力を惜しまない友人や親族のことです。個人的な身の回りのケアから啓発活動、こころのサポートまで、無償で世話をする介護人は、世界中の医療や社会制度において、目に見えない支柱を形成している、とウィリアムズは言います。そういった人々がいなければ、システムは瓦解してしまうことでしょう。「無償の介護人が患者や社会にとって大きな価値があるものであるという認識を、どうしたら広められるでしょうか?」と、彼は問いかけます。

2018年4月2日月曜日

リヴォン・ビス: 驚くべき昆虫の拡大ポートレート

カメラマンのリヴォン・ビスは新しい、特別な被写体を探し求めていました。ある午後、息子が外から持ってきたオサムシを顕微鏡で見たとき、不思議な昆虫世界への扉が開かれました。これまで培ってきた撮影技術を5ミリほどの被写体に活かし、顕微鏡で見える微細構造を写す手法を作り上げました。ここで彼は撮影された―それぞれが8千から1万枚の写真から合成された―昆虫のポートレートと、最も意外な場所から生まれたアイデアについてお話します。 (翻訳 Kari C、レビュー Masaki Yanagishita)

クリス・シェルドリック: 3ワードアドレスで地球上のあらゆる場所に正確な住所表示を

「what3words」でクリス・シェルドリックとそのチームは、地球全体を3m四方の正方形に分割し、それぞれの正方形に「famous.splice.writers」、「blocks.evenly.breed」といった3つの単語を使った固有の識別子をつけ、現在住所がない何十億人もの人に正確な住所を付与する活動を行なってきました。大きなアイデアに関するこの短いトークで、シェルドリックは、インフラ建設から、被災地への支援物資輸送、ピザを冷めないうちに宅配することなど、すべての人に正確なアドレスを付与することの経済的、政治的な意味を解説しています。

2018年4月1日日曜日

メナット・エル・ガリド: 菌類は侵す植物をいかに見付けるのか

植物にとって最も破壊的な病原体である菌類のため、毎年5億人を食べさせられるくらいの農作物が失われています。菌類学者でTEDフェローのメナット・エル・ガリドが、菌類が植物を攻撃するのに使う分子的なシグナルの理解が大きく進んだ経緯についてお話しします。 (翻訳 Yasushi Aoki、レビュー Claire Ghyselen)

アメリカサッカー女子代表チームの「賃金の平等」を巡る戦い | エル・ブファ | TEDxPascoCountySchools

エル・ブファはアメリカサッカー女子代表チームの収入格差について話します。 エルはチャールズ S.ラッシュ・ミドル・スクールの7年生です。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Mariko Oyabu、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年3月31日土曜日

私がアルコール依存症を克服した方法 | クローディア・クリスチャン | TEDxLondonBusinessSchool

私生活とキャリアで依存症という試練を経験した大女優、クローディアがアルコール依存症克服までの道のりを語り、アルコール使用障害の治療法について新しい考え方を提示します。クローディア・クリスチャンは18歳でNBCの夜間ドラマ『Berrenger's』に出演、20歳の時には一部の層に人気のあったNew Line Cinemaの『ヒドゥン』で映画デビューを果たしています。 このビデオはTEDカンファレンスとは独立して運営されるTEDxイベントにおいて収録されたものです。 (翻訳 Takamasa Omata / 小俣貴雅、レビュー Riaki Hirota)

2018年3月30日金曜日

ミンディ・シャイアー: 適応自在な衣服で障がいを持つ人々に力を

身につけるだけで、生まれ変わった気分になれて、みるみる自信がわいて、自分らしく感じられるような、お気に入りのTシャツやジーンズはありますか? だとしたら、それは着る物があなたの気分や健康、自尊心にまで影響しうるからなのだ、とファッション・デザイナーのミンディ・シャイアーは言います。変性疾患を患っているために、ひとりで服を着たり、ボタンやファスナーのついた服を着ることが困難な息子にインスピレーションを得て、シャイアーは様々な障がいを持つ人も含めて、あらゆる人が着ることのできる衣服を作ることにしました。世界初のメインストリームブランドによる、様々なニーズに適応自在な衣服を生み出すことで、彼女がいかにファッションの歴史を作ったかをお聞きください。

ザビエル・デ・ケステリエ: 宇宙建築家の冒険

銀河系のほかの場所でどう暮らすのか? 地球上では、建造物を作るための天然資源は豊富ですが、そういった物資を月や火星に送るのは厄介で費用も膨大になります。地球外に家を建てるのに、ロボットと宇宙塵を使って3Dプリントするという先鋭的な計画を持つ建築家、ザビエル・デ・ケステリエに耳を傾けましょう。 そう遠くない(かもしれない)未来を語るこの魅力的なトークで、新分野である宇宙建築について学んで下さい。

2018年3月29日木曜日

アンナ・ロスリング・ロンランド: 世帯収入ごとの世界の暮らしを覗いてみよう

スウェーデンの人が歯を磨く様子や、ルワンダの人が寝るベッドの様子はどんな感じだと思いますか? みんなにそういったことを紹介しようと思い立ったアンナ・ロスリング・ロンランドは、写真家を50の国の264もの家庭に送り込み(その数はさらに増加中!)、調理台やベッド、トイレ、おもちゃなど、家にある様々な物を、世界中のそれぞれの収入帯の家庭について記録しました。ラトビアやブルキナファソやペルーに住む家族の生活の様子を見てみましょう。データを可視化することによって世界がいかに理解しやすくなるかを、ロスリング・ロンランドが示します。

多様性を褒め称えること | ライア・シディーキ | TEDxLakeTravisHigh

ライア・シディーキは敬虔なイスラム教徒の少女であり、誰もが信念を理由に個性を恐るべきではないと主張します。宗教的な認識と政治的な認識を明確に区別すれば、平和を愛するイスラム教徒への態度が、世界的に変化すると提案します。 イスラム教徒のアメリカ人であることを誇りに思うライアは、テキサスに生まれ、バングラデシュの血を受け継いでいます。ライアは歌、文化的多様性の問題への働きかけや木炭画に情熱を注ぎます。彼女は世界中の家族からインスピレーションを得ています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Mariko Oyabu、レビュー Mari Arimitsu)

2018年3月27日火曜日

ナチュラルヘアを讃えよう | シャイアン・コクレン | TEDxYouth@BeaconStreet

南北戦争後のヘアアイロンを使っていた時代から、何千人もの女性が従来の美しさの基準を捨てて、ナチュラルヘアを取り戻そうとしている現在まで、シャイアン・コクレンが、アメリカの黒人の歴史において髪の毛がどのような役割を果たしているかについて語ってくれます。「これはヘアスタイルだけの問題ではありません。人からどのように見られるかというプレッシャーに負けない勇気を持つということなのです」と、コクレンは訴えます。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年3月26日月曜日

あなたは「心もある身体」ですか、それとも「身体もある心」ですか?-マリヤム・アリマルダニ

私たちの身体(物理的・生物学的な要素)と心(思考や意識の面)は複雑に絡まり合った関係にあります。「あなた」やあなたの「自己」を定義するのはどちらが主でしょうか?あなたは「心もある身体」ですか、それとも「身体もある心」ですか?マリヤム・アリマルダニがそれを探究します。 講師:マリヤム・アリマルダニ アニメーション:イヴァナ・ボシュニャク&トーマス・ジョンソン *このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/are-you-a-body-with-a-mind-or-a-mind-with-a-body-maryam-alimardani Download a free audiobook and support TED-Ed's nonprofit mission: http://www.audible.com/teded Thank you so much to our patrons for your support! Without you this video would not be possible. Shooteram, Catherine Sverko, Nik Maier, Robert Sukosd, Mark Morris, Tamás Drávai, Adi V, Peter Liu, Hiroshi Uchiyama, Michal Salman, Julie Cummings-Debrot, Zayed Al Maktoum, Ka-Hei Law, Maya Toll, Javier Martinez Lorenzo, Aleksandar Srbinovski, Jose Mamattah, Mauro Pellegrini, Ricardo Rendon Cepeda, Renhe Ji, Andrés Melo Gámez.

素晴らしくも奇妙な蝶の変態の話 — フランシスカ・バウアー

蝶になるために芋虫の体はほとんど液状になり、そこから体を作り直します。蝶は完全変態をして幼虫から成虫になる80万種の昆虫の中のごく一部にすぎません。でも一体どんな仕組みでそうなるのでしょう? 柔らかい幼虫が鎧を纏った空力的ですばしっこい成虫になって現れるしくみを、フランシスカ・バウアーが解説します。 講師: フランシスカ・バウアー アニメーション: アヴィ・オーファー このビデオの教材:  https://ed.ted.com/lessons/the-weird-and-wonderful-metamorphosis-of-the-butterfly-franziska-bauer

免疫システムってどうはたらくの? — エマ・ブライス

免疫システムは細胞、組織、臓器の膨大なネットワークで、協調してあらゆる脅威から健康を守ってくれます。これがなければ、無数の細菌、ウイルス、毒素にさらされることになり、切り傷や風邪のようなどんなに些細なものでも命取りになりかねません。しかしこの免疫システムはどのようにはたらいているのでしょう?謎を解き明かすため、エマ・ブライスが体の中へと案内してくれます。 講師:エマ・ブライス アニメーション:Cabong Studios *このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/how-does-the-immune-system-work-emma-bryce

2018年3月24日土曜日

DEAFの聴く力で豊かになるコミュニケーション | 尾中 友哉 | TEDxKobe

言葉や音声を使わない「無言語体験」から気づきを生むコミュニケーション研修を提供している、株式会社Silent Voice代表の尾中友哉。聴覚障がい者である両親のもと、障がいを感じることのない家庭で育った彼は、「聞こえないからこそ発揮できる強み」を知っている。「無言語コミュニケーション」のエキスパートである聴覚障がい者と、社会との間にあるものは何だろうか。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年3月22日木曜日

マイケル・ビエルート: ロンドン地下鉄路線図は何がすごいのか?

デザインの伝説的人物マイケル・ビエルートは、偶然の成功によって生まれた、世界で最も有名な地図の一つであるロンドン地下鉄路線図について話します。 (翻訳 Mariko Oyabu、レビュー Yasushi Aoki)

2018年3月21日水曜日

コイン投げの謎 — ポーシェン・ロー

何か決めるためにコイン投げをするとき、表と裏の確率は同じです。でも、コインを続けて投げて、表が2回続いたら一方の勝ち、表の次に裏が出たら他方の勝ちというルールだとしたらどうでしょう? それぞれが勝つ確率は同じでしょうか? ポーシェン・ローが、この疑問の直感に反する答えを数学を使って解説します。 講師: ポーシェン・ロー アニメーション: Augenblick Studios このビデオの教材: https://ed.ted.com/lessons/the-coin-flip-conundrum-po-shen-loh (翻訳 Yasushi Aoki、レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年3月18日日曜日

進化に関する神話と誤解 ― アレックス・ジェンドラー

進化は実際には、どのように進んできたのでしょう。これまで広く伝えられてきた進化のたとえ話のようにではありません。正しくは、進化するのは個体ではなく生物の種であり、遺伝子自体が子孫に受け継がれるよう欲求するわけではありません―遺伝子が何かを望むことはできないのです。アレックス・ジェンドラーが進化の過程をより正確に説明します。 講師:アレックス・ジェンドラー アニメーション:ジャイアント・アニメーション・スタジオ *このビデオの教材: http://ed.ted.com/lessons/myths-and-misconceptions-about-evolution-alex-gendler

2018年3月17日土曜日

ベス・マローン: 私の生死観を変えた父の認知症

暖かく、美しく、ベス・マローンが、前頭側頭型の認知症で悪戦苦闘した父親のことを、パーソナルストーリーとして語り、その経験で自分の死に対する(そして生に対する)考え方がどう変わったかということを語っています。お互い成行きのままに心の平穏を見出すこと、そして父を思う娘の愛情について語った、心を動かされるトークです。

2018年3月15日木曜日

逆向きの発想で物理の常識に挑む | 肥山 詠美子 | TEDxKobe

九州大学教授である肥山詠美子は、独自に開発した「多体問題」の解法を使い、「ハイパー核」と呼ばれる原子核の解明に挑んでいる。原子核というミクロからはじまった構造の解明は、現在、宇宙・天体というマクロな課題にまで広範囲に及んでいる。物理学の最先端情報はもちろん、まだ誰も答を知らない新しい課題に取り組むとき、知っておくべきアプローチも届けてくれる。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年3月14日水曜日

トーニャ・メノン: 素晴らしいチャンスを掴む鍵はまだ会ったことのない人にあり

私たちは自分と似たような人の狭い集団にとらわれがちです。どのような習慣のためにそのような片隅にとらわれることになり、どうすればそれを打ち破れるのでしょうか? 組織心理学者のトーニャ・メノンが、自分の人間関係をどうすれば意識的に広げられるのか、それがどう新たなアイデアやチャンスに結び付くのかを考察します。

ウェルギリウスの『アエネイス』を読むべき理由 ー マーク・ロビンソン

紀元前19年、ローマ詩人ウェルギリウスは、イタリアへの帰国の途中に熱射病を患い、亡くなりました。臨終の時、彼は10年以上かけて書き上げた叙事詩『アエネイス』の原稿が頭から離れませんでした。彼は最終稿に納得がいかず、友人たちに原稿を燃やしてくれと頼みました。が、彼らはそれを拒み、ウェルギリウスの死後すぐに、アウグストゥス帝はその詩の出版を命じました。その訳とは? マーク・ロビンソンが解き明かします。 講師:マーク・ロビンソン、 監修:TED-Ed *このビデオの教材: https://ed.ted.com/lessons/why-should-you-read-virgil-s-aeneid-mark-robinson Check out our Patreon page: https://www.patreon.com/teded Thank you so much to our patrons for your support! Without you this video would not be possible. Ricardo Rendon Cepeda, Mauro Pellegrini, Jose Mamattah, Aleksandar Srbinovski, Javier Martinez Lorenzo, Maya Toll, Ka-Hei Law, Zayed Al Maktoum, Julie Cummings-Debrot, Michal Salman, Hiroshi Uchiyama, Peter Liu, Adi V, Tamás Drávai, Mark Morris, Robert Sukosd, Nik Maier, Catherine Sverko, Shooteram, Andrew Bosco. (翻訳 Hiroko Kawano、レビュー Tomoyuki Suzuki)

アジム・カミサ、プレス・フェリックス: 許し ― 悲劇の後に来るもの

1995年、悲劇の夜―プレス・フェリックスの14歳の孫は、アジム・カミサの息子を殺害しました。薬物、アルコール、偽りの一体感によるギャングの儀式に端を発したものです。この殺人事件を介した出会いにより、カミサとフェリックスは、許すため、許されるために、深い瞑想の道を辿りました。勇気と和解により二人の男は出会い、永遠の絆を築きました。彼らは共に、自らの物語を、より慈悲深く、悲劇の犠牲者が成長し立ち直る社会のために語ってきました。想像を絶する物語に感動する準備をしましょう。「平和実現は可能」とカミサは言います。「どうやって知り得たのか?なぜなら私は今平和の只中にいるからです。」 (翻訳 Takamasa Omata / 小俣貴雅、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年3月12日月曜日

アニル・セス: 脳が「意識された現実」という幻覚を作り出す仕組み

今まさに、あなたの脳内では何十億もの神経細胞が一緒に働いて意識経験を生成しています。ここで脳が生成しているのは、単に意識の経験というだけでなく、自分の身の周りの世界や、その中にいる自分自身という経験です。これはどのような仕組みで起きるのでしょうか?神経科学者のアニル・セスによると、私たちは皆、ずっと幻覚を見続けているのであり、一同が合意する幻覚が「現実」と呼ばれるのです。セスの楽しくも翻弄させられる話の輪に加わりましょう。自分の存在というものの本質に疑問を抱くことになるかもしれませんよ。

2018年3月11日日曜日

巨人の国へと旅するトールの神話 — スコット・メラー

オーディンの子であり雷の神にして人類の守護者のトールは、かつてない困難と激しく戦っていました。食べ物の袋が開かないのです。力強き神がどうしてそんなことに? スコット・メラーがウートガルズへ旅するトールの神話を語ります。 講師: スコット・A・メラー アニメーション: ルーン・F・B・ハンセン このビデオの教材: https://ed.ted.com/lessons/the-myth-of-thor-s-journey-to-the-land-of-giants-scott-a-mellor

2018年3月10日土曜日

ケイラ・ブリエット : 私がアートを制作するのは、伝統を受け継ぐタイムカプセルを作るため

ケイラ・ブリエットは、アイデンティティと自己発見と、いつしか自分の文化が忘れ去られることへの恐怖心を、模索するアートの制作者です。ケイラは、自分がどのようにして、自分の創造的な声を見つけ出し、声や物語を映像と音楽のタイムカプセルに組み込むことで、オランダ系インドネシア人と中国人とアメリカ先住民としての自分の物語を取り戻したかについて語ります。

2018年3月9日金曜日

ケラー・リナウド: ドローンで血液を届け命を救う方法

ケラー・リナウドはどんなに難しくとも地球上のすべての人が基礎医療を利用できるようにしたいと考えています。彼のスタートアップZiplineによって、リナウドは世界で初めて全国規模のドローン配達システムを開発し、一群の電動飛行機を用いて東アフリカの僻地の医療機関に血液や血漿を配送しています。リナウドのチームが世界中にヘルスケアを届けようとどのように奮闘しているのか、また次の世代のエンジニアにどう影響を与えているのかご覧ください。

2018年3月7日水曜日

大統領令はどのように行使されるか?-クリスティーナ・グリーア

1863年1月1日、アブラハム・リンカーンは300万人以上の地位を法的に「奴隷」から「自由の身」に変えました。しかし、彼の奴隷解放宣言は法律でなく、大統領令だったのです。合衆国憲法の立案者は、大統領令の発令権を行政機関にもたらしました。しかしこれはどういう権限で、どのように行使され、権限の範囲はどこまで及ぶのかをクリスティーナ・グリーアが説明します。 講師:クリスティーナ・グリーア、アニメーション: ブレット・アンダーヒル *このビデオの教材 : https://ed.ted.com/lessons/how-do-executive-orders-work-christina-greer Check out our Patreon page: https://www.patreon.com/teded Thank you so much to our patrons for your support! Without you this video would not be possible. Be Owusu, Susan Herder, Yalda A., Savannah Scheelings, Prasanth Mathialagan, Javier Rojas Dominguez, Yanira Santamaria, Dawn Jordan, Monica Grace Ward, Daniel Mardale, Constantin Salagor, Activated Classroom Teaching, Kevin Wong, Umar Farooq, Goh Xiang Ting Diana, Mohammad Khory, Dmitry Neverov, Tushar Sharma, Mukamik , Tsz Lung, Cristóbal Medina Moenne. (翻訳 Yukino Megan、レビュー Mari Arimitsu)

1つの法案がどのように国家を分裂させたのか―ベン・ラバレー・ジュニア

現在、米国政府では過熱した議論が行われていると思うかもしれませんが、1854年のカンザス・ネブラスカ法は議員たちをとても怒らせ、彼らは武器を手に取るまでに至り ― そして共和党が結成されたのです。この法の問題は、奴隷制と、それを認める州の権利にあり、国家を分裂させ南北戦争を招くことになります。この狂気の中、どのようにエイブラハム・リンカーンの政党が誕生したのかをベン・ラバレー・ジュニアが説明します。 講師:ベン・ラバレー・ジュニア、アニメーション:Qa'ed Mai *このビデオの教材:http://ed.ted.com/lessons/the-legislation-that-birthed-the-republican-party-ben-labaree-jr

2018年3月6日火曜日

ジェイソン・シェン: 仕事を探しているなら、経歴ではなく力を示そう

過去の経歴や大学での専攻に直接関連した仕事をする人は減っています。TEDレジデントのジェイソン・シェンの場合、生物学を学びましたが、今やテクノロジー企業でプロダクトマネージャーをしています。人の能力についてのこの短く冴えた講演で、彼は資格や肩書きではなく力を見ることで優れた人材を採用できるとする新しい考え方を示しています。

パブロフ型の反応は犬だけに起こるものではない ― ベンジャミン・N・ウィッツ

イワン・パブロフ博士のパイオニア的な研究によって、イヌがベルの音のような中性刺激に対しても、ごちそうに対して唾液が出るのと同じ反応を示すようになることが明らかになりました。この研究は、犬の唾液分泌にとどまらず広く応用できるものです。ベンジャミン・N・ウィッツは、デートから子育てまで、人間がパブロフ型の反応を条件付けられた状況をいくつか説明します。 講師:ベンジャミン・N・ウィッツ アニメーション:AirFox Media *このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/pavlovian-reactions-aren-t-just-for-dogs-benjamin-n-witts (翻訳 Takamasa Omata / 小俣貴雅、レビュー Naoko Fujii)

チャック・ナイス: 技術がもたらす予期せぬ結果を笑う

技術は我々の役に立つものであるべきです。しかし、そうならなかったら?コメディアンのチャック・ナイスは、技術の進歩と人間の相互作用によって起こる意図せぬ結果を愉快な事例を通して探っていきます。 (翻訳 Tomoyuki Suzuki、レビュー Yasushi Aoki)

2018年3月5日月曜日

雑音を音楽に変換する|ジャクソン・ジン|TEDxUND

音楽を「音楽らしく」しているものを脱構築できるとしたら? ノートルダム大学の学生ジャクソン・ジンが音とイメージの両方を使い、「予測可能性」と「変動性」の絶妙なバランスを探究し、そのバランスによって人間の耳、そして脳が、ハーモニーを魅力的であると解釈したり、あるいは、耳障りな雑音と解釈するのだと説明します。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年3月4日日曜日

人間の人間たる所似は、クリエイティビティにこそある | 矢倉 大夢 | TEDxKids@Chiyoda

技術の発展目覚ましい現代において、人間の仕事はコンピューターに代替されていくと言われています。高校生プログラマーの矢倉大夢が自身の取り組みの中で感じた、これからの時代を生き抜くための人間の可能性について語ります。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (文字起こし Hiroyoshi Tsujiura、レビュー Hiroko Kawano)

石井菜穂子: 地球を守るための経済的考察

私たちは皆1つの地球を共有しています。同じ空気を吸い、同じ水を飲み、同じ海や森や生物多様性に依存しています。経済の専門家である石井菜穂子は、グローバルコモンズとして知られるそういった人類の生存に不可欠な共有資源を保全するミッションに取り組んでいます。地球の健康についてのこの啓発的な講演で、石井はグローバルコモンズを守るために変える必要のある4つの経済的システムについて概観し、地球と結ぶべき新しい種類の社会契約の必要性を訴えています。

オシーンと常若の国の伝説 ― イゾルト・ギレスピー

典型的な英雄の冒険譚では、主人公は冒険に出かけ、大きな変化を経験し、元々来た場所に凱旋します。しかし、「アハトリー (echtraí、異世界冒険譚)」というジャンルのアイルランド神話では、異世界への旅路はもう後戻りのできないところで終わりを迎えます。イゾルト・ギレスピーが、オシーンと常若の国の伝説について教えてくれます。 講師:イゾルト・ギレスピー、アニメーション:Paper Panther *この動画のレッスン:https://ed.ted.com/lessons/the-myth-of-oisin-and-the-land-of-eternal-youth-iseult-gillespie

2018年3月2日金曜日

歴史 対 チェ・ゲバラ ― アレックス・ジェンドラー

彼の顔は世界中で知られています。革命の象徴となった若い医学生です。しかしチェ・ゲバラとは、貧民の英雄だったのでしょうか?それとも抑圧という遺産を残した無慈悲な指導者だったのでしょうか?アレックス・ジェンドラーがこの物議をかもす人物を、歴史 対 チェ・ゲバラという裁判にかけます。 講師:アレックス・ジェンドラー、監督:ブレット・アンダーヒル *このビデオの教材 :https://ed.ted.com/lessons/history-vs-che-guevara-alex-gendler

2018年3月1日木曜日

ナディーン・ハッシャシュ=ハラーム: 拡張現実が変える手術の未来

手術を受けるのであれば、どこにいるかにかかわらず、最高の外科チームに当たってほしいと思うでしょう。外科医であり起業家であるナディーン・ハッシャシュ=ハラームは、低コストの拡張現実ツールを使って離れた場所から外科医が手術への協力やトレーニングをできるようにするシステムを開発しています。彼女がニューオーリンズのTEDのステージからノートパソコンを使ってミネソタの外科医が執刀する膝の手術に立ち会うのをご覧ください。「私たちが当たり前に思っている日常的なデバイスによって、私たちは本当に奇跡を起こすことができるのです」と彼女は言います。(講演中に生々しい手術の映像があります)

2018年2月28日水曜日

「中立性」がはらむ危険とは | アナ・バルザー | TEDxOcala

意見の分かれる状況で中立を保つことが道徳に適っていると思っていませんか? 間違いです。実は、その正反対が真なのです。著者であり、心を動かす講演で知られるアナ・バルザーは、中立とは危険な罠であり、幻想であると説明します。 対立を解決へと導く術とは、偏った立場を取らないことではなく、どちらかを支持することです。そうすることが、その人にとって人生最良の出来事になること、まさに今までずっと探し求めていたものを見つける手がかりになるのだと語るバルザーの考えに、驚きを覚えることでしょう。片方に与することは単に正しいというだけでなく、あなた自身の心の自由への鍵も握っているのです。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Riaki Hirota、レビュー Chiyoko Tada)

2018年2月27日火曜日

フューチャー・ランゲージ | 井庭 崇 | TEDxKids@Chiyoda

幸せな未来を実現する方法―それは「幸せのかたちに名前をつける」こと。どのような未来が幸せなのか、何が理想で、何を大切にしているのか。そういったことを自分や周囲の人に問うことで、曖昧でモヤっとした「幸せ」を言葉にして形作ることの大切さを語っています。 井庭 崇 パターン・ランゲージ研究者。慶応義塾大学総合政策学部准教授として、研究・教育に従事している。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (文字起こし Kumika Moore、レビュー Riaki Hirota)