2018年1月23日火曜日

なぜ インフルエンザの予防接種は毎年必要なの?ーメルビン・サニカス

一年中、世界中の病院の研究者たちがインフルエンザ患者からサンプルを取り、ある目的のためにウイルスの専門家に送っています。その目的とは、次のインフルエンザ流行期に向けてワクチンを設計することです。しかし、なぜ、毎年新しいワクチンが必要なのでしょうか。おたふく風邪や風疹のワクチンは幼児期に2回の注射で終生免疫になります。インフルエンザのどこが特別なのか。メルビン・サニカスが説明します。 講師:メルビン・サニカス、監修:アンドリュー・フォースター *このビデオの教材 : https://ed.ted.com/lessons/why-do-you-need-to-get-a-flu-shot-every-year-melvin-sanicas

なかなか甘くない「砂糖」の話 | カルガリー・アヴァンシーノ | TEDxMoorgate

イギリスでは10歳児の20パーセントが「肥満(obese)」、さらに15パーセントが「過体重(overweight)」に当たります。10年後には世界人口の20~50パーセントが肥満になるだろうと科学者は考えています。 私たちはより良い選択をすべきである、とカルガリー・アヴァンシーノが観る人の心にずっと響くような形で情報を共有し呼びかける情熱的なトークです。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

デヴィータ・デイヴィスン: 都市型農業がデトロイトを変える

デトロイトの街で、目を見張るようなものが育まれつつあります。健康的で、手に入りやすく、美味しくて新鮮な食品です。デトロイトの荒廃によって生まれた特性のおかげで、デトロイトがいかに都市型農業に理想的な場となったかを、農業従事者として大胆な取り組みを進めるデヴィータ・デイヴィスンが生き生きと説明します。デイヴィスンと一緒に散歩へと出かけましょう。変容を迎えつつある地区の数々を歩きながら、彼女が機会と希望の物語を語ってくれます。「これらの土地は単にトマトやニンジンを育てている土地ではありません。これらの土地で私たちは社会的な結びつきを培い、それと同時に健康的で新鮮な食品を生み出しているのです」と、デイヴィスンは言います。

2018年1月21日日曜日

エリック・ダイアー: ゾエトロープの忘れられた魅力

アーティストのエリック・ダイアーは、画面に映し出す画像をコンピューターで制作する仕事を何年も続けていました。そのうち、手でじかに触れられる作品に戻りたくなって、ゾエトロープの研究を始めました。19世紀、映画が誕生するずっと前に人気を博したゾエトロープは、動きのイリュージョンを生み出す装置です。この刺激的なトークでは、ゾエトロープを発展させた回転するオブジェが、美しく夢幻的な光景を生み出す様子が紹介されています(注意:このトークでは画像や光が明滅する作品が表示されます。光に敏感な方やストロボ光で発作が起きる恐れのある方は視聴を避けてください)。

クリスティン・ポイナー: グリーンランドの氷床の下に何が隠されているのか?

グリーンランドの氷床は巨大で謎だらけで、溶けつつあります。先端技術を駆使して科学者たちが初めてその謎を明らかにしている最中ですが、彼らが見つけたものは驚くべきものです。氷床の下には巨大な帯水層が隠れていて、夏に溶け出した水がタホ湖と同じくらい溜まっていたのです。この水は、ずっとそこにあり続けるのか?それともその水は出口を見つけ、海洋へと流れ込んで、地球の水面上昇の原因となるのか?氷河学者クリスティン・ポイナーと共に、この凍てつく、忘れ去られた大地を訪れて答えを探っていきましょう。

2018年1月20日土曜日

イヤッド・ラーワン: 自動運転車が下すべき倫理的判断について

あなたの自動運転車は、5人の歩行者を救うためなら乗っているあなたを死なせるべきでしょうか? 自動運転車の社会的ジレンマへの入門となるこの講演で、イヤッド・ラーワンは、このテクノロジーが我々の道義性にいかに挑戦することになるかを探り、我々が受け入れる(あるいは受け入れない)倫理的なトレードオフに対する人々の実際の考えを集めようというプロジェクトについて説明しています。

一瞬の勝負に魅せられて | 野崎舞夏星 | TEDxHamamatsu

野崎舞夏星は、幼い頃からレスリング・柔道・相撲の3種目を経験してきた。その中でも女子相撲に魅了された野崎は、毎年開催される全国大会で連覇を果たし、高校3年生で女子相撲ジュニア世界選手権にて、優勝を勝ち取った。なぜ彼女は女子相撲を選んだのか。その理由には、私たちが男性のスポーツであると考える相撲のイメージを大きく変える魅力があった。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

ジーナップ・トゥフェックチー: ネット広告の仕組みが拓く ディストピアへの道

私たちは画面をクリックするたびに、AI(人工知能)によるディストピアを少しずつ作り上げている、と技術・社会学者ジーナップ・トゥフェックチーは言います。この驚くべきトークでトゥフェックチーは、Facebook、Google、Amazonといった企業がユーザーにクリックさせるために利用しているのと同じアルゴリズムが、政治的・社会的な情報へのアクセスを管理するのにも使われていることを詳しく述べています。それでも、機械そのものが真の脅威というわけではありません。私たちが理解しなければならないのは、権力者がどのようにAIを使って人々をコントロールし得るかという事と、それに対抗して私たちに何ができるかということです。

一枚の紙が食卓を変えられるか? |カビタ・シュクラ|TEDxManhattan TEDxManhattan

カビタ・エム=シュクラは発明家でありフェニュグリーン(www.fenugreen.com)の設立者で CEO (最高経営責任者) でもあります。彼女は自然食品を新鮮で長持ちさせるための梱包方法を目指している先駆者です。フェニュグリーンは見過ごされがちな大きな問題である地球規模での食料品廃棄物(毎年、世界の農作物収穫の25%は廃棄されています)を100%ナチュラルで革新的な〈フレッシュペーパー〉を使ってこの問題をを解決しようとしています。「農家から人々まで」の輸送と在庫とエネルギーの費用を削減しながら食料の新鮮さを保つ事で、ファニュグリーンのフレッシュペーパーは食品経済に改革をもたらす可能性を秘めています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

アシュトン・アップルホワイト: エイジズム(高齢者差別)に終止符を!

老いを困難にするのは時間の経過ではなく、エイジズム(高齢者差別)です。エイジズムは未来の自分を差別で傷つけ、今と未来の自分をいがみ合わせる考え方です。アシュトン・アップルホワイトはこの愚かな恐怖心を暴き、社会的に容認されるべきでないこの偏見に共に打ち勝つべく行動を起こそうと呼びかけます。 「加齢は正さなければならない問題でも、治療すべき疾患でもありません。これは私たちを結びつける自然で力強い一生続くプロセスなのです。」

2018年1月19日金曜日

空飛ぶクルマ ― 限界を突破する2つの方法 | 中村 翼 | TEDxAnjo

「空飛ぶクルマ」と聞いて、多くの人がワクワクするのではないでしょうか?一方、本当にできると思う人は少ないかもしれません。私たちはワクワクするアイデアに対し、自分ではできないと思い込みがちです。そんな自分の限界を突破するためにはどうすれば良いのか?中村翼が空飛ぶ車を開発する中で学んだ、シンプルな方法とは? このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

エレベーターで宇宙へ | 山極芳樹 | TEDxHamamatsu

人が宇宙へ行くという夢は現代の科学で実現することができた。しかし、一般の人たちが低コストで訓練の必要もなく、安全で簡単に宇宙へ行けるという夢はまだ実現できていない。山極芳樹が情熱を傾ける宇宙エレベーターシステムは、近い将来そんな夢を実現してくれることになるだろう。まだ克服すべき課題は山積みだが、夢の実現に立ち会うことのできる若者たちへ伝えたいメッセージがある。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

ウルドゥス・バフシオジーナ: なりたい自分に変身させてくれる肖像写真

豪華で長く人の心に残る写真で、アーティストのウルドゥス・バフシオジーナは、思い描くままに日常生活を扱った夢を記録に残しています。彼女は、自分の作品の中の衣装から舞台までの全てを手作業で創作し、デジタル技術による補正なしで、誰もが自分とは別人になることができる現実逃避の土地の写真を見せてくれます。 (翻訳 Hiroko Kawano、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年1月18日木曜日

精神障害もしくはスピリチュアルな目覚め | フィル・ボルヘス | TEDxUMKC

映画監督であり写真家であるフィル・ボルヘスは土着文化や部族文化のドキュメンタリーを25年以上に渡り撮り続けています。彼の業績は、世界中の美術館やギャラリーに展示され、受賞した著作の数々は4か国語で出版されています。フィルの最近のプロジェクトである"Inner Worlds"は、意識と精神障害に敬意を払いつつ、文化間の相違について探求するものです。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

ナビラ・アリバイ: 異なる宗教の礼拝堂を黄色にする理由

宗教間の対立は深まるばかりで、私たちは互いに共通点はあるのかと疑いを深めています。どうしたら、大胆かつ目に見える形で共に支え合うことができるのでしょうか? プレイスメーカーのナビラ・アリバイは、協働するヤズマニー・アルボレダの考え方に触発されて、同僚とともに、「信仰の色」という社会的アートを始めました。これは互いの礼拝堂を黄色に塗ることで異なる宗教を信じる人々を結びつけ、団結を示そうというものです。「人類は家族として、共に支え合い、私たちを傷つけようとする者たちの声よりも、ずっと明るく力強いメッセージを送れるのだと証明することができました」と、アリバイは言います。 (翻訳 Moe Shoji、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年1月17日水曜日

7分の7ワクワクするために | 土井寛之 | TEDxHamamatsu

アマチュアスポーツを楽しむ人たちが「もっと上手くなりたい」と思う気持ちを大切にしたい。自らもウインドサーフィンを楽しむ土井寛之は、彼らの技術向上をサポートする手軽なITツールを提供している。ウインドサーフィンの新しい技に挑戦するときも、アプリ開発の事業を立ち上げたときも、彼がいつも大切にしてきたのは「ワクワクする気持ち」。今、その気持ちを多くの人に広げていきたいと考えている。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

おやつの時間がくれたもの | 畑山響子 | TEDxHamamatsu

10年前、突然1型糖尿病を発症し、生きていくために食事制限とインスリン注射の生活を余儀なくされた畑山響子。大好きなおやつの時間を奪われふさぎ込んでいた彼女が前向きに生きられるようになれたきっかけは、低糖質のおやつとの出合いと、夫の支えだった。「血糖値が気になる人でも安心して食べられる低糖質のおやつを広めたい」、その思いは多数の共感を得て、広く注目を集めている。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

がむしゃらにやり続けた先に見えたもの | 袴田 匠 | TEDxHamamatsu

小学5年生のある日、袴田匠はヨーヨーと出合い、導かれるようにのめりこんだ。大会で結果が残せない状況でも諦めず、自身の中で練習方法や演技に対して気づきを得たことで頭角を現し、今年の全日本大会で3位、アジア大会では準優勝に入賞するなど、世界のトップレベルで戦える実力を備えてきた。今後の活躍が大いに期待されている。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

僻地医療(未来)からシリコンバレー(現在)へ | 池野文昭 | TEDxHamamatsu

池野文昭は9年間の僻地医療を経て、2001年に渡米。スタンフォード大学で16年間、200社を超えるアメリカ国内医療機器ベンチャーの研究開発や、臨床試験等に関与してきた。まだ日本に根付いていない医療機器ベンチャー起業の支援体制を確立するために、日本の医療現場とアメリカの医療機器ベンチャーの最先端、双方の経験知を持つ池野に寄せられる期待は大きい。挑戦を続ける彼は何を語るのか。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年1月15日月曜日

コーヒーの新しい文化のために | José. 川島良彰 | TEDxHamamatsu

川島良彰がコーヒーの品質を語るとき、改めてコーヒーは農産物であるということを思い知らされる。18歳で単身エルサルバドルに留学し、世界トップレベルのコーヒー栽培を学んだのち、世界各地での農園開発、幻のコーヒー品種の発見、保全に努めてきた。40年以上にわたり、3000ものコーヒー農園を訪れた彼が、コーヒーの価値を上げ新しいコーヒー文化を創造する取り組みに注目したい。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

ディズニーが私達に教えてくれない事 | ベンヤ・クラウス | TEDxYouth@ISBangkok

ベンヤ・クラウスは刺激的なお話を通し、愛がどの様にメディアで語られているのかについて検証してみるよう観客に求めます。彼女はこの美化された「熱情の愛」という見方に挑戦し、もっと意義があり、いつまでも残る概念がある事を観客に熟考する様に促します。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

トルストイの『戦争と平和』を読むべき理由 ― ブレンダン・ペルスー

『戦争と平和』は大作であり、気の遠くなるような長さです。読みながら寝たら、本の重みで脳しんとうを起こしそうですから、寝る前に読む類の本ではありませんよね? でもそれだけではありません。『戦争と平和』は確かに長い本ですが、深遠で実在しそうな登場人物に溢れています。ブレンダン・ペルスーが、この名作を読む上で必要なすべてをお教えします。 講師:ブレンダン・ペルスー、アニメーション:パトリック・スミス *このビデオのレッスン:http://ed.ted.com/lessons/why-should-you-read-tolstoy-s-war-and-peace-brendan-pelsue (翻訳 HItomi Takakura、レビュー Moe Shoji)

もう「完璧」を追い求めるのはやめよう | イスクラ・ローレンス | TEDxUniversityofNevada

モデルのイスクラ・ローレンスが、私たちは皆、精神面、身体面、感情面で自分自身をケアする方法を教わる必要があると語り、自分自身にもっと投資しようと呼びかけます。「ミラー・チャレンジ」「感謝リスト」など、どんな年齢でも、いつでも誰でも使えるセルフケアのテクニックも登場します。身に付ければ、セルフケアを人に教えることもできるのです。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年1月14日日曜日

現代社会の若者|シャーマン・ジャクソン|TEDxIronwoodStatePrison

17歳の時に投獄されたシャーマン・ジャクソン。InsideOUT Writersとの出会いが、彼をどう癒し、開花させていったのかをお聴きください。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年1月13日土曜日

世界にないものは、あなたの中にある | 由佐美加子| TEDxHimi

「なぜ世界は変わらないの?」という由佐さんの問いは、世界への問いから人の内面への探求へと移っていきます。 世界を変えるには、「自分には何かが足りない」という思い込みを手放して、本当は自分の中に全てがあるということを思い出すことが大切だと、彼女は語ります。 「この世界にないものなんて、本当はないんです」 彼女のトークは、暗闇に閉ざされたように思える世界が実は光に満ちていたことを思い出させてくれます。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

スー・ジェイ=ジョンソン: 性教育において私たちが見過ごしているもの

セックスについて教えることは親としての仕事です。しかし生物学や生殖についての「トーク」よりも、人間が自分の身体で感じることのできる経験についてもっと教えられるはずです。「トークその2」でスー・ジェイ=ジョンソン氏が、子どもたちの感覚に耳を傾ける方法や、感覚を無理に麻痺させることなく彼らの欲求や感情に通じ合える方法を教えてくれます。

アナ・ヘリンガー: 泥壁の建物の温もりと知恵

「私たちは自然からたくさんの資源を無償で与えてもらっていますー必要なのはそれを見つける感受性と使いこなす創造性なのです」 建築家のアナ・ヘリンガーはそう語ります。ヘリンガーは中国、スイスからバングラデシュやさらに多くの土地で、泥や竹などの「ローテク」と言える材料を使っています。畏敬の念を起こさせるような学校、洗練されたオフィスや居心地のよい憩いの場所ー全てが自然から生まれた材料で建てられた場所に、このトークを聞きながら見学に行ってみてください。 (翻訳 Chiyoko Tada、レビュー Masaki Yanagishita)

レイ・ダリオ: 最高のアイデアが選ばれる会社を作るには

同僚があなたのことを本当はどう思っているのか、そして同僚が本当はどんな人なのかが分かったらどうでしょう? レイ・ダリオは、徹底的な透明性とアルゴリズムによる意思決定を採用し、誰もが自由に発言して本当に思うところを述べることができる—ボスの欠点を指摘することすらできる—アイデアの能力主義を作ることの有用性を説きます。これらの戦略を使うことで、なぜダリオが世界で最も成功したヘッジファンドの一つを創りえたのか、そしてデータをもとに集団的な意思決定をする力をどう活用できるかご覧ください。

ピーター・カルソープ: より良い都市を造るための7原則

既に世界の人口の半数以上が都市に住んでおり、2050年までにさらに25億人が都市部に移動するだろうと予測されています。 私たちが新たに構築する都市の在り方は気候変動、経済の活力、私たちの幸福と人との繋がりの感覚など多くの問題の原点なのです。 ピーター・カルソープは既に未来の都市を計画し、人々の相互作用に焦点を当てたコミュニティデザインを提唱しています。彼はスプロール現象を解決し、より賢く、より持続可能な都市を構築するための7つの普遍的な原則を共有します。

ジュン・ワン: デジタルDNAがより良い健康の選択を助ける

食べ物や薬があなたの健康に与える影響を、事前に正確に知る事が出来たらどうでしょう? ジノミクスの研究者ジュン・ワンは人々のためのデジタル・ドッペルゲンガー(自分の生き写し)の開発に取り組んでいます。それらは遺伝子コードから始まり、食物摂取や睡眠、スマートトイレが集める様々なデータを取り入れて出来上がります。こうした貴重な情報を用いて、ワンは、個人そして集団レベルの両方で、私たちが健康を考える方法を変えてしまう仕組みを作りたいと考えています。 (翻訳 Eriko Tsukamoto、レビュー Masaki Yanagishita)

2018年1月12日金曜日

未知なる夢への挑戦 ー新型宇宙推進ロケットの探求ー | 南 善成 | TEDxKids@Chiyoda

子どもの頃から火星への旅を夢見ていた南善成でしたが、人類は未だに火星に行くことができません。しかし、諦めずに挑戦し続けることで火星探査に繋がる発見ができると信じて活動しています。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

特別なことはあたりまえの中にある | 山田ゆか | TEDxHamamatsu

山田ゆかが生み出したのは、トイレットペーパーの芯を裁断してつなぎ合わせて作るインスタレーションアート。それは、ごく身近にあるものが思ってもみなかった価値を生み出すことの驚きを与えてくれる。華やかに見えるアートの世界だが、特別だと感じられることがいかに特別ではないことの継続から成り立っているのか、アートを通じてその秘訣を伝えたいと思っている。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

ショートロジー(4コマで語れ!)は合成の力|マッテオ・チバスキ|TEDxCrocetta

私たちは子供時代から、もっぱら絵を使って自己表現をすることに慣れ親しんでいます。でもマッテオ・チバスキは自分の考えにユーモアとシニシズムに満ちた声を与える、全く新しい言語を発明しました。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 Hiroko Kawano、レビュー Masaki Yanagishita)

アニンディヤ・クンドゥ: 学生が障壁を乗り越えるのに必要なこと

どうすれば社会的に恵まれない学生が学校で成功するでしょうか?社会学者であるアニンディヤ・クンドゥはこう言います。やり抜く力と粘り強さだけでは十分ではない、つまり学生は自分達の抱える障害を乗り越え、社会制度の中で針路を見定める能力を身につける必要もあるのだと。彼は個人的、社会的、制度上の難題を物ともせず、立ち向かった学生達の、希望に満ちた話をします。

デイビッド・ブレナー: 超耐性菌と闘う新兵器

1940年代に抗生物質の使用が拡大し始めて以来、私達はバクテリアが進化するよりも早く、新たな薬を生み出そうとしてきました。しかしその戦略はうまくはいきません。薬剤耐性を持ち超耐性菌として知られるバクテリアによって、昨年およそ70万人の人々が亡くなり、2050年までに年間の死者は1千万人に上るといわれています。それは毎年がんで亡くなる人の数を上回ります。物理学はここで役に立つでしょうか?放射線科学者であるデイビッド・ブレナーは、科学の最前線からのこのトークの中で、生命を救う可能性のある武器、つまり遠紫外線のUV-C波と呼ばれる紫外線ならば、私達の皮膚を透過することなく、安全に超耐性菌を死滅させることが出来るという話をします。TEDのキュレーター、クリス・アンダーソンとの質疑応答が続きます。

2018年1月11日木曜日

オーギー・ピカード: 製造業の仕事が減っている本当の理由

アメリカなどでは貴重な製造業の仕事が中国、メキシコ、ベトナムといった労働コストの低い国に奪われており、保護貿易政策を今進めなければならないと、もっともらしく語られるのをよく耳にします。しかし、それらの仕事が失われた理由は、あなたの想像とは違うかもしれないと、ロジスティクス専門家のオーギー・ピカードは言います。ピカードは、国際貿易の実情を紹介し、生産分業と開かれた国境が、高品質で低価格な商品の製造にどう役立つかを説明します。

セオ・E・J・ウィルソン: 黒人男性がオルタナ右翼に潜入

アメリカにおける人種と政治についてのこの見逃せないトークでセオ・E・J・ウィルソンが語るのは、白人至上主義者のネットユーザー、Lucius25に成りすました経験、そして自分とは意見の異なる人々と関わり合う上で得た、予想外の共感や驚くべき観点についてです。セオは我々に恐怖を断ち切り、好奇心を抱き、考え方の違う人達と勇気ある会話を持つことを勧めます。「会話が暴力を止め、国をスタートさせ、橋を架ける」というのが彼の言葉です。

2018年1月10日水曜日

文化から文化へ | 山下 朝史 | TEDxParis

山下 朝史は25年前に渡仏しました。盆栽の栽培はやがて農園に変わりました。彼は最高品質の日本野菜を最高級の日本料理店やフランス料理店へと届けます。細心の注意を払った完璧さと味で皿の上での文化交流を行います。 著書 『Ouvrage : Maraîcher trois étoiles(三つ星の野菜栽培師)』 (La Martinière、2012年) TEDxParis, 2013年3月28日, La Gaîté Lyrique にて撮影 http://tedxparis.com/ このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

人工知能から拡張知能へ | ニコラ・セッカキ | TEDxPanthéonSorbonne

ニコラは IBM のプロジェクト、ワトソンについて話します。ワトソンは自然言語で形成された質問に答える人工知能プログラムです。これが未来となるのでしょうか? ニコラ・セッカキは2015年7月1日に IBM フランスの社長に任命される前の2012年からヨーロッパのシステム&テクノロジーグループの副社長を務めました。 IBMでニコラ・セッカキは、企業、様々な職務や市場について知識を深めてきました。24年のキャリアの中で彼はフランス及び欧州でビジネス及びマネージメントにおいて多くの責務を担ってきました。 2010年から2012年、ニコラ・セッカキは SAP France & Maghreb のジェネラル・ディレクターとして務めました。 彼は1991年にビジネス・エンジニアとして IBM へ入社し、航空部門そして保険部門に所属しました。その後 IBM フランスのグローバル・テクノロジー・サービスのジェネラル・マネージャーに就任する前に、2002年から2006年までシステム&テクノロジーグループの副社長を務め様々なマネージメントの職務を経験しました。1990年に、ニコラ・セッカキは国立航空宇宙大学院大学を卒業しています。 このビデオはTED カンファレンスとは独立して運営されるTEDxイベントにおいて収録されたものです。 (翻訳 Atsuko Wakamatsu、レビュー Eriko Tsukamoto)

2018年1月8日月曜日

ケヴィン・ケリー: なぜ人工知能で次なる産業革命が起こるのか

デジタル業界の予言者ケヴィン・ケリーは「ひとつの雨粒が谷間へ流れていく道筋は予測できないが、その大まかな方向性は不可避なものである」と言い、テクノロジーも同様に驚きはもたらしても不可避なパターンに突き動かされているのだと説きます。そして、あらゆるものをスマート化するという流れは、今後20年で私たちの活動ほぼすべてに大きな影響を与えると語ります。ケリーは、人工知能(AI)を受け入れ その発展の舵を取るために押さえておくべき、AIにまつわる3つの傾向を紹介し、「20年後に最も人気になり誰もが持つようになるAIを使った商品は、まだ発明されていない。だから皆さんもまだ間に合う」と締めくくります。

2018年1月7日日曜日

ピザの物理学(ニューヨーク・スタイル)ーコルム・ケレハー

誰でもピザを食べるのは大好きですけど、スタイルごとにピザ生地の固さが異なります。薄くて平たくて大きい「ニューヨーク・スタイル」があなたの好み生地なら、ビザをひと切れ楽しむだけで、あちこちにソースやチーズを垂らしていることでしょう。コルム・ケレハーが、前掛けを使うよりもずっと上手な食べ方 ―ピザを縦折りにする方法の物理と数学の概略を説明します。 講師:コルム・ケレハー アニメーション: ジョエル・トラッセル *このビデオの教材: http://ed.ted.com/lessons/pizza-physics-new-york-style-colm-kelleher

セバスチャン・スラン&クリス・アンダーソン : AIとは何であり、何ではないか

教育者であり起業家であるセバスチャン・スランは、人類を繰り返し作業から解放して創造性を解き放つためにAIを使って欲しいと考えています。TEDのキュレーターであるクリス・アンダーソンとの刺激と情報に満ちた対話を通し、スランはディープラーニング技術の進歩と、AIの暴走を恐れるべきでない理由、退屈でつまらない作業を機械が行うことで社会がいかに良くなるかについて語ります。スランは言います。「興味深い発明でこれまでに為されたのは1%くらいのものでしょう。人間はものすごく創造的であり、AIは創造力を現実のものにする力になると私は信じています」

2018年1月6日土曜日

チカ・エザーニャ=エシオブ: アフリカを進歩させるために伝統的な知識をどう活用すべきなのか?

チカ・エザーニャ=エシオブはアフリカの人々が、伝統的で由緒正しいアフリカの知識に高い価値を認めることによって、それまで抑圧されてきた創造的かつ革新的なエネルギーを解き放つところを目にしたいと願っています。この力強いトークで、彼女は農業や政策決定において活用されていないアフリカ土着の知識の例を示し、アフリカの人たちが自分たちの現実に正当性を与え、尊厳をつけることで進歩すべきなのだと訴えます。

女性の選択「どうして日本人女性は全てを手に入れられないのか?」| 佐藤玖美 | TEDxMarunouchiWomen

諸外国の多くでは、女性が仕事と家庭の両立することが可能ですが、日本ではどちらかを選ぶよう迫られることがよくあります。佐藤玖美が提案するのは、日本人女性が外国人に就労ビザを取得できるよう保証し、雇用できるようにすることです。玖美は、日本政府が女性の職場復帰とキャリア継続に真剣に取り組むつもりならば、ベビーシッターや家政婦や介護支援に新たな選択肢を提供できるように法律を再検討することを提案しています。 1999年、佐藤玖美は女性の権限を後押しする初のウェブサイトwomenjapan.comを立ち上げました。Womenjapan.com K.K.は2001年にソフトバンク・インベストメントに売却されました。2012年、玖美はハーバード・ビジネス・スクール・クラブ・オブ・ジャパンで、Business Stateswoman of the Yearに指名されました。2011年、Asia-Pacific SABRE Awardsでは、Outstanding Individual Achievement を受賞しました。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

2018年1月5日金曜日

マチルダ・ホー: 中国に於ける安全な食品の将来

中国では、農薬や化学物質の検出されない生鮮食品を手に入れるのは至難の業です。2016年に中国政府はわずか9か月で50万種の食品の安全基準違反を明らかにしました。安全で持続可能な食品の供給源がない中国で、TEDフェローであるマチルダ・ホーは初めてのオンラインによる農家直産市場を設立し、食品中に含まれる農薬、抗生物質、ホルモンに対して検出を許さないという基準で出荷検査をしています。彼女はどのようにして自らのプラットフォームをゼロから作り、家庭で必要とされる地元の無農薬で育った食品をもたらしたのかを語ります。

サーフィンの複雑な歴史 ― スコット・レイダーマン

現在では、サーフィンは何十億ドルという市場規模の国際的産業で、世界中に何千万もの愛好者がいます。真剣なスポーツとして捉える人もいれば、日常からの解放として楽しむ人もいます。遊びや太陽を連想させるサーフィンですが、その歴史は多くの人が思っているよりも、もっと豊かで奥が深いのです。スコット・レイダーマンがサーフィンの隠れた歴史を紹介します。 講師:スコット・レイダーマン、監督:シルヴィア・プリエトフ *このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/the-complicated-history-of-surfing-scott-laderman (レビュー Tomoyuki Suzuki)

2018年1月4日木曜日

「ママ抱っこしてよ」闇の中でもがく子供たち | 登丸賢美 | TEDxTakasaki

22歳で起業した登丸賢美は、現在2つの会社とカフェのオーナーの経営者であり、彼の会社は、保護観察所の協力雇用主として、日頃から青少年の更生保護活動に力を入れています。彼は、日本全国の不良少年や寂しい想いをしている子供たちの心の拠り所、駆け込み寺になることを目標に活動を続けているのです。本トークでは、その活動をするに至った経緯を語り、警鐘を鳴らします。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

なぜヘロドトスは「歴史の父」と呼ばれるのか?―マーク・ロビンソン

2500年前、私たちが知っているような歴史の書物は存在しませんでした。神のご意志として物事を受け入れる以外に、それらの原因はほとんど説明されなかったのです。ヘロドトスはより深い理解を求めたので、新しい方法を取り入れました。その方法とは、出来事を両側から見て、それぞれの理由を理解することです。マーク・ロビンソンが、『歴史』がどのように生まれたのかを説明します。 講師:マーク・ロビンソン、監督:Remus and Kiki *このビデオの教材 : https://ed.ted.com/lessons/why-is-herodotus-called-the-father-of-history-mark-robinson (翻訳 Suzuka Fukami、レビュー Eriko Tsukamoto)

2018年1月3日水曜日

音楽と神秘性、そして『タイスの瞑想』の聞き方 | ベン・サン | TEDxFargo

バイオリニストのベンジャミン・サンは、フロリダ州立大学のバイオリン科の助教、ブレヴァード音楽センターの教員、そしてファーゴ・ムーアヘッド・シンフォニーのコンサートマスターでもあります。ベンが彼の頭の中へと、ちょっとしたツアーにお連れします。観客を神秘的な音楽の精神の中心へと近づけて、実際に演奏が行われる瞬間に音楽作品がどのように働くかを見せてくれます。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。

プロメテウスの神話―イゾルト・ギレスピー

人類の創造の前に、ギリシャの神々はティーターンと呼ばれる巨人の種族との大戦に勝利しました。ほとんどのティーターンは倒されたか、タルタロスという奈落に落とされました。しかし、先見の明という意味の名を持つティーターンのプロメテウスは、神々の側に立って一緒に戦うように弟のエピメテウスを説得しました。イゾルト・ギレスピーがプロメテウスの神話を伝えます。 講師:イゾルト・ギレスピー、監督:レア・クラヴジック *このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/the-myth-of-prometheus-iseult-gillespie Check out our Patreon page: https://www.patreon.com/teded Thank you so much to our patrons for your support! Without you this video would not be possible. Yalda A., Susan Herder, Andrew Bosco, Craig Sheldon, Javier Aldavaz, Bruno Pinho, Rishi Pasham, Nick Johnson, Alex Kongkeo, Levi Cook, Peter Koebel, Misaki Sato, Runarm, Maxi Kobi Einy, Ilya Bondarik, Darren Toh, Bozhidar Karaargirov, Boytsov Ilya, Marc Veale, Rodrigo Carballo, Humberto A OjedaGomez, Daniel Day, SookKwan Loong, Jhuval, Nik Maier.