2019年6月14日金曜日

フラナリー・オコナーをなぜ読むべきなのでしょうか? ― イーサルト・ギレスピー

フラナリー・オコナーは、社会の除け者、邪魔者、はみ出し者の話を、自身が最も理解している世界を舞台にし舞台にし、次から次へと執筆しましたーアメリカ南部のことです。彼女はグロテスクな作品の大家ですが、彼女の作品は人格の多様性と微妙な側面を明らかにするために、単なる不気味さと恐ろしさを超越していました。オコナーのどこまでも意外な架空の世界が、数十年経った今でも、読者をいかにして惹きつけ続けているのか、イーサルト・ギレスピーが探ります。 講師:イーサルト・ギレスピー、監督:アントン・ボガティ *このビデオの教材:https://ed.ted.com/lessons/why-should-you-read-flannery-o-connor-iseult-gillespie

0 件のコメント:

コメントを投稿