2016年6月30日木曜日

流行りのダイエットの見分け方 — ミア・ナカモリ

食事法に関する一般的な常識は、政府による指針も含め、常に変化しています。それなのに、何を食べればいいのかという私たちの疑問に対し「これこそが答えだ」などと知った風な宣伝広告が登場します。では 広告主が消費者に信じ込ませたいだけのことと、本当に体にいいものとはどうやったら区別がつくのでしょう? 流行りのダイエットについての事実を、ミア・ナカモリが解説します。 講師:ミア・ナカモリ、アニメーション:アヴィ・オウファー
*このビデオの教材:http://ed.ted.com/lessons/do-fad-diets-work-mia-nacamulli
( 翻訳 Riaki Hirota 、レビュー Shuichi Sakai )

1 件のコメント:

  1. 漢方薬は長くのみ続けなければ効かないというお考えがありますが、そうではありません。「体質改善」に使う薬の多くはそうですが、中には直ぐに効果を示す薬もあります。
    漢方治療では、体質と病気の進み具合(「証」と言います)を考慮して薬を処方します。西洋薬と同様に病名だけで使えるものもありますが、多くは「証」に合わせて投与することになります。
    そのため、副作用は現れにくくなっています。また、妊娠中でも安心して使える薬もあります。
    西洋医学と東洋医学にはそれぞれ長所・短所がありますが、それを踏まえて上手に使い分けていくことができます。
    例えば、野生黒霊芝(レイシ)を聞いたことがあるでしょうか。それでは、この破壁霊芝胞子粉 http://www.kanpou.cn/goods-928.html というものを聞いたことがあるのですか。
    破壁霊芝胞子粉とは身体への吸収をよくするため、胞子の外殻を細かく砕く「破壁」という最新の技術で作られたもので主成分の霊芝胞子は霊芝のエッセンスと言われ、霊芝が成熟するころ菌傘に現れる褐色の粉末のことです。
    また、単独の黒霊芝(レイシ)あるいは破壁霊芝胞子粉は薬品として治療することは少ないです。通常は食べ物として療養保健に用いられることもあるので、漢方には「食療」ということです。処方薬(色々な漢方生薬が一緒に使用する)しか薬品として治療していないのです。

    返信削除