2019年3月22日金曜日

私は皆さんのアジア人ステレオタイプではありません | キャンウェン・スー | TEDxBoise

運転が下手。数学が大の得意。モデル・マイノリティ。この愉快で洞察力のあるトークでは、18歳のキャンウェン・スーが、アジア系アメリカ人としての自身の経験を語ります。従来のステレオタイプを壊し、新しく作り上げ、上手な運転でお米を買いに行きます。 キャンウェン・スーの人生のスローガンは「キャンウェンは勝てる」。中国の南京で生まれ、彼女は2歳の時にアメリカに移住しました。その後はノースダコタ州、サウスダコタ州、アイダホ州というアメリカ全土でも白人比率がとても高い地域で暮らしました。ティンバーライン高校の最上級生であるキャンウェンは政治に情熱を持ち、Young Democrats High School Caucus(民主党を支持する高校生の集まり)の全国会員のリーダーとアイダホ州でのリーダーを務めています。彼女はプログラマーでもあり、女生徒向けにCode For Funというコンピューター・サイエンスのワークショップを始め、2014年にNCWIT Aspirations in Computingの大会で2位入賞を果たしました。 このビデオは、TEDカンファレンスの形式で地元コミュニティが独自に運営するTEDxイベントにおいて収録されたものです。詳しくは http://ted.com/tedx をご覧ください。 (翻訳 yumi_u、レビュー Masaki Yanagishita)

0 件のコメント:

コメントを投稿