2019年3月25日月曜日

ユヴァル・ノア・ハラリ: なぜファシズムは魅力的なのか — そして個人データがこれに力を貸す仕組みとは

作家であり、歴史学者でもあるユヴァル・ノア・ハラリ氏が、テクノロジーと権力に関する奥深いトークの中で、ファシズムとナショナリズムの重要な違い ― そしてデータの集中が民主主義の未来にどう影響するのかを説明します。テル・アヴィヴからホログラムとなってリアルタイムで登場したハラリ氏が、自由民主主義が現在直面している最大の危機は、情報技術の革命によって独裁政権がこれまでになく効率的に権力を掌握し管理できることだと警告します。「敵は、恐れや憎しみ、虚栄心をハッキングし、この感情を利用して民主主義を二極化させ、破壊する」とハラリ氏は主張します。「私たちの責任において自分自身の弱みを知り、それを武器として使わせないようにしなければならない。」(トークの後にTEDのキュレーター、クリス・アンダーソンとの短い会話があります) (翻訳 Machiko Garcia、レビュー Tomoyuki Suzuki)

0 件のコメント:

コメントを投稿